So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

キハ110にSmileDecoderR6nを入れてディーゼル音を出す [ds-DCCデコーダ]

 さて、昨日はおもちゃショーの行きました。
・タカラトミーのミレニアムファルコンがトランスフォーマーになるというのが一番衝撃だったかなあと思います。誰が買うんだ?と思いましたが、スターウォーズはレゴの映画とかもあるし、いろいろとほかの枠組みとくっつけるの好きなのかもですね。そういえばこの頃の新幹線はロボットに変形するみたいだし流行りか?
・プラレールの所は目新しいものはありませんでした。たしか。

 で、本日は、キハ110にSmileDecoderR6nを入れてました。
 今回は、スマイルライターR3を使用しています。今までのArduinoNanoを改造したものに対して、こちらは、初回の転送に失敗しないという利点があります。
 部品はこれだけ。
re_DSC02364.jpg

 完成写真を見ながらはんだ付けして出来上がりです。(スリム側は誤挿入防止のため、養生テープ貼っておきました。)
re_DSC02365.jpg

 そして、私は組み立てに一か所ミスりました。
 スリム用と普通用のコネクタの位置が逆です。考えなしにはんだ付けした後、気づきました。

 そして、これが、書き込み時のイメージ写真です。(しつこいですが、私はスリムと通常コネクタの半田位置を間違えています)
re_DSC02366.jpg

 タイフォンバージョンのR6nを書き込みました。
 キハ110のNMRA8ピン仕様の改造とR6nの搭載は、以下の記事を参考に作っています。
KATO キハ110を完全なDCC readyにする
KATO 3-521 16番 キハ110 走行動画とDCCサウンド
KATO HO キハ110とMP3サウンドデコーダシリーズのヘッドライト結線について

 乗せた状態でこんな感じです。
re_DSC02367.jpg

 私もケーブルが太かったのかやり方が悪いのか、いろいろと干渉して、削ったり、接触不良で動かなかったり、の試行錯誤を何度か行った後に、動きました。
 今回の改造の問題点は、列車を編成にすると、中間車側のヘッドライト、テールライトも点いてしまうこと。

 動画はこちら。


 タイフォンは、音がもっと短くてもよいかもと思いました。

コメント(3) 

R6nスケッチ タイフォンVerのNMRA8ピン対応 [ds-DCCデコーダ]

 さて、キハ110発売で
・Nucky様から簡単にDCC対応できそうという話があり、
・Yaasan様から、こうやるとNMRA8ピンに準拠できますという改造記事が載り、
・ラスカル様からNMRA8ピン準拠のスケッチが出てきました。
 ラスカル様から、タイフォンのスケッチも変更してくださいとの話があり、私のほうでは動作チェックはしていませんが、R6n用タイフォンスケッチのNMRA8ピン準拠Verスケッチを作りました(ヘッドライト、テールライト出力部の改造をしています)。なお動作確認はしておりませんので、使用は自己責任でお願いいたします。
 スケッチはこちら(mp3v5_dl109_8k_3_3)

 本日キハ110 2台セットが届きました。いい感じです。
 ただ、週末は子どもの誕生日のためにケーキを作ったり、子どもとウサギの映画を見に行ったり、蛍を見に行ったりであまり時間が取れませんでしたので、改造は来週以降にやろうと思います。

 
コメント(1) 

R6nディーゼルスケッチ、タイフォンVer 変更の方法とか [ds-DCCデコーダ]

 Joshinにキハ110を頼んだのですが明日届くそうです。ヨドバシに比べて入荷が遅いような気がします。
 さて、ディーゼルスケッチの警笛をホイッスルではなくタイフォンにして欲しいという要望と、フリー素材を使えますという話がMECY様からありましたので、作ってみました。
 今後、R6nで音を入れ替えたいという希望があると思いますので、方法をすこし詳しく書いておきます。SLスケッチもほぼ同様ですので、参考に作ってみてください。
 まず、音ファイルを用意します。今回はMECYさんのブログ記事のMp3から0011.mp3を使うことにします。これは月本國さまのフリー素材とのことで、ありがたく使わせていただきます。警笛の音は0011,0012の二種類があって、0012のほうが音は近そうなのですが、金属的な高い音が入っていて分離できませんでしたので、0011を加工していきます。
(1)AudacityでMp3ファイルを読み込みます。ステレオの44kHzです。
ステレオ.png

(2)モノラルに変換します。トラック→ステレオからモノラルへ で出来ます。
モノラル.png

(3)音の前後を削って、1.1秒にします。理由は入れ替える予定のホイッスル音が1.1秒だったからというだけで、別にもっと短くても構いませんし、コンパイルが通るなら、もっと長くしても(使用EEPROM量が増える)かまいません。
1.1秒に.png

(4)このままでは音がブツ切れしますので、特に最後をフェードアウトにして、自然な感じにします。
フェードアウト処理.png

(5)サンプリング周波数を8000Hzに変更します。(画面の左下あたり)EEPROM容量の節約と、44kHzではマイコンの速度が足りず処理が出来ないためです。
サンプリング周波数を8000.png

(6)セーブします。ファイル→オーディオの書き出し を選びます。ファイル名は"horn0011.wav"としました。"0011"のままだと、Arudinoのスケッチ内で定数と取られてしまい、変数にならずに都合が悪いためです。
 セーブする前にオプションを選んで、WAV(Microsoft),IMA ADPCMを選びます。
IMAADPCMで保存.png

(7)セーブをOKすると、下記画面が出ますが、これもOKを押します。
IMAADPCMで保存_確認.png

(8)次にYaasan様作のDSwav2cをちょっとIMA ADCPM用に改造したDSWav2cを立ち上げて、(今回のスケッチの音フォルダにExeが入っています)Openボタンを押して、horn0011.wavを開きます。どこを改造しているかというと、8000Hz以外でも変換するようにしたことと、WAVファイルのヘッダ部分(どういうWAVファイルかとかファイルサイズの情報がある部分)も書き出しているところです。
Wav2Cでヘッダファイルにコンバート.png

(9)Saveボタンを押すと、同じフォルダに"horn0011.h"ができます。これがArduinoのスケッチで読めるデータ形式です。Arudinoのスケッチが置いてあるフォルダにコピーしておきます。

(10)ArudinoのR6nスケッチ"MP3V5_DL109_8k_3_2.ino"をArudinoIDEで開きます。VVVF_sound.cppを開きます。上のタブから選べますが、見えない場合はタブの右側の下▼ボタンをおすと、選べるかと思います。
17行目あたりのところで、
----
//#include "DD51_whistle_WAV.h"//ホイッスル
#include "horn0011.h"//ホイッスル
----
として、今までの"DD51_whistle_WAV.h"をコメントアウトし、新たに"horn0011.h"を読み込むようにします。
カーソルが何行目にいるかは、IDE左下のステータスバーの所に表示されています。

(11)実際に参照するところを変更します。543行目あたり、
----
case 5:
//return pgm_read_byte(&DD51_whistle_WAV_data[inOffset]);
return pgm_read_byte(&horn0011_data[inOffset]);
break;
----
という感じで、DD51_whistle_WAV_dataから読んでいたデータをhorn0011_dataから呼ぶように変更します。実際のデータの名前がどうなっているかは、"horn0011.h"をみると分かります。
ファイル内の6行目 horn0011_dataが実際に呼び出そうとしているデータの名称になります。

これでコンパイルして、めでたくスケッチサイズが100%未満になっていれば、OKです。

 今回のスケッチはこちら(mp3v5_dl109_8k_3_2.zip)
 動画は以下。エンジン音に比べてちょっとホーンの音が小さいか。


 エンジン音が大きいとか小さいとかのバランスもWAVファイルをいじることで、誰でも出来ると思います。よろしくお願いいたします。





コメント(2) 

ガンダムMk-2 ティターンズ [その他]

 さて、この話題、鉄道模型は関係ありません。
 そういえばYaasan様も一時期ガンプラやるって言ってましたけど、その後どうなりましたかね?
 ときどき、ガンプラは作ってみたくなる症候群になるのですが、今回初めてRGを買ってみました。今まではお金的な問題からHGばかりでした。
 で、HG作るときも人型のはどれもガンダムと構造が一緒で組み立てが面白くないので、変な形のもの(ズゴックとかズゴックとか)を楽しんで作っていました。RGは初めてなので、人型でいいやということで物色していましたが、なんか白いガンダムばっかりで・・・、ということで黒いガンダムを買いました。
 なんかすごいパーツ数です。
re_DSC02351.jpg

 で、組み立てるだけで3時間半かかりました。で、シールが200点ぐらいあります・・・。
re_DSC02352.jpg

 で、今度はシールを貼り続けて、3時間半、やっと完成しました。
re_DSC02354.jpg

 はっきり言って、1/144の小さいパーツは老眼には辛いです。ずっと眼鏡をはずして作業していました。でも7時間作業を2000円ぐらいで楽しめるというのは、かなりコストパフォーマンスの高い遊びだと思います。

コメント(2) 

R6nフルスペック [ds-DCCデコーダ]

 SmileDecoder R6nにはモーター駆動、ヘッドライト、テールライト、室内灯、音(マイコン駆動)の5つの機能が搭載されています。いままで、私の工作では全機能を使っていませんでしたが、HOゲージだとおおきいのであまり工夫せずに付けられるということでやってみました。
 ヘッドライト、テールライトはもともとの560Ω(561)で5V印加では暗いので、220Ω(221)を並列につけて明るくしました。合成抵抗は158Ωですね。最初は561を取って、221を点けようと思ったのですが、半田付けされた部品を取るのは割と難しいのと、いろいろとがんじがらめにしてしまったせいで、ボディーからライト基板を取るのが難しくなってしまっているので、熱をあまり掛けずにできる工作を考えてこうしました。(つまり面倒くさかった)。
re_DSC02340.jpg

 次に、室内灯用のテープライトをAmazonで調達です。適当に切って、R6nに接続です。テープライトの中にLED用の制限抵抗が入っているので制限抵抗も付けません。なんかヘッドライトより明るいですが見なかったことにして前に進みます。
re_DSC02341.jpg
 
 テープの裏側には両面テープが付いていますが、粘着力が弱いので、ゴム系接着剤で補強してい置きました。

 そして、いままで客席の椅子と天井に挟まれて窮屈になっていたスピーカーを、客席を加工して付けていきます。
re_DSC02342.jpg

 そのとなりに、R6n用の場所も用意して、
re_DSC02344.jpg

 まあ、こんな感じに乗るかなあという写真です。
re_DSC02343.jpg

 aitendoのスピーカーは二種類買っていて、キハ65のほうはこんな感じに加工して、
re_DSC02345.jpg
 
スピーカーはこんな感じに載せて、ゴム系接着剤で固定しました。
re_DSC02346.jpg

 ボディーと下回りを組み立てる前の最終写真です。
re_DSC02347.jpg
 
 組み立てながら、デコーダを見えなくするなら、天井側にデコーダを配置すればいいんじゃないかと思ったのですが、相すると、テープLEDの貼り付けも考えないとだしということで、今回はやめました。
 で、完成です。
re_DSC02348.jpg

 室内灯が点いていると満足度が高いです。テープLEDは5mで290円ですし、次は新幹線に付けようと思います。
 まあ、残念な点は、横から見ると内部のスピーカーとデコーダーとトマランコンデンサが良く見えることです。
re_DSC02349.jpg

re_DSC02350.jpg

 自己満足用の動画です。音量を上げすぎたせいか、アイドリング音発生時は室内灯が原付バイクのヘッドライトのように明るさが変化してしまいます。(※動画中、エンジン音が聞こえながら警笛が聞こえますが、これはキハ58とキハ28で警笛のファンクション番号を変えているため、キハ58でエンジン音がなりつつ、キハ28は一時エンジン音が消え、警笛が鳴っているというためです。単体のR6nでは、警笛が鳴っている時はエンジン音は消えます。)



コメント(3) 

S88 Magを作る(その3)

 その3です。
 前回、8chのうち2chを使って往復自動運転してみましたが、8chの動作確認していなかったので、やりました。結論としては、できました。
 確認のため、8ch分のセンサ基板を組み立てます。
 作り方は光センサと一緒ですが、穴の大きさを小さくしており、0.6mmで線路にセンサー用の穴を開けていきます。
 裏から、
re_DSC02333.jpg

 表からはこう見える。
re_DSC02334.jpg

 で、HO用、N用4個ずつで8個作成。
re_DSC02335.jpg

 8ch用の動作確認。
re_DSC02336.jpg

 6ch用の動作確認
re_DSC02337.jpg

 特に問題なかったので、頒布ページを整えていこうとおもいます。お待ち下さい。

コメント(0) 

グランシップトレインフェスタに行った [その他]

 土曜日は子供(中学)の運動会を見に行きました。
 そして日曜日は、先週行ってみて静岡がそんなに遠くないことが分かったので(片道3時間ぐらいかかるけど)、今週はグランシップトレインフェスタに行ってみました。子供は習い事のため一人で行きました。
 で、下調べもせずに静岡駅で下車して、ツインメッセ静岡は11番乗り場のバスだっけ?とか思いながらバス乗り場の前まで行って、それらしき人が全くいないということに初めて気づきました。で、催し物を調べたら、グランシップ トレインフェスタって東静岡駅の駅前なんですね?会場勘違いして、駅間違えているし。
 まあ、もう一度JRに乗るのもシャクなので、静鉄に乗ることにしました。静岡駅から新静岡駅まで歩きましたが、知らない土地なので迷いました。
 で、とりあえず電車を撮っておきました。
re_DSC_5015.jpg

 前面展望は世田谷線ぽくて、駅間も短く乗ってて楽しいです。で、東静岡駅の近くの柚木という駅で降りました。後で地図をよく見ると長沼という駅のほうが近そうですね。
で、東海道線を越えようと地下道を通るところで、
re_DSC_5016.jpg

 「165粁481米」って、「粁」ってキロメートルという意味だということを調べて知りました。東京から165kmらしいです。
 で、まだまだ歩いて、グランシップに着きました。
re_DSC_5017.jpg

 中に入って、「エンドレス」様でDCCで扉を開けるギミックを展示されていました。
re_DSC_5021.jpg

 ファンクションにリレーを割り当て、天井にΦ6mmのコアレスモーターを配置して、駆動モーターへの電気を、電車のモーターとドア開閉に切り替えて使っているとのことでした。実際に、ファンクションを押して、スロットルを回すことで、ドアを開閉していました。スムーズにドアが開き、天井配置により電車の室内もちゃんと見えており、すごいと思いました。

 そのとなりのブース(見取り図を撮り忘れたので名前が分からない)で、見事な木橋がありました。
re_DSC_5024.jpg

re_DSC_5025.jpg

 お聞きしたら、橋脚は冶具を使って速乾木工用ボンドで固めながら1本20分程度で作れるということでした。作り方を聞いたので、今度、作ってみたいなあと思いました。

 新手のリニアモーターカーもありました。 トミーテックが出していたものはデザインがプラレールチックでしたがこれは細長くて本物っぽいです。
re_DSC_5029.jpg

re_DSC_5031.jpg

 軌道と車両には永久磁石しか入っていなくて、起動の下面にときどきある電磁石?で加速させているとのことでした。ノエルコーポレーションというところです。ホームページのツイッターに動画がありますね。

 そして、上の階に行って、お目当ての「有松駅モジュール」を見てきました。手すりとかタイルとか精巧でした。
re_DSC_5034.jpg

re_DSC_5051.jpg

re_DSC_5052.jpg

 ヘッドマークファイブナインズ様の「ふらんす物語」。精巧で、とても大きかったです。
re_DSC_5041.jpg

re_DSC_5043.jpg

 で、あとは、グランシップの展望フロアからの眺め。
re_DSC_5045.jpg

 富士山は見えませんでしたが、線路が多く、ジオラマチックでした。
そとではミニSLが3重連で親子連れを乗せていました。
re_DSC_5065.jpg

 C56、C58、C11だったかな?

 印象としては、子どもが運転体験できるHO、Gゲージなどが多く、JAMよりも活気があるように見えました。


コメント(0) 

S88 Magを作る(その2) [S88]

 Elecrowに頼んでいたS88 Detector Mag基板が届きましたので、動くか実験してみました。
 基板は光センサと共用です。IC1がMagセンサの穴です。横着してシルクを以前のものと一緒にしてしまったため、一見してバージョンが分からなく困ったことになっています。ICの足が1.27mmピッチのため、基板のスルーホールをΦ0.7mmとしたため線路の加工がとてもしづらいし、半田付けもはんだブリッジに注意が必要です。
re_DSC02331.jpg

 で、HO線路に付けるとこうです。
re_DSC02327.jpg

 拡大するとこう。
re_DSC02330.jpg

 ダイソーから強力なネオジム磁石を買ってきて、
re_DSC02332.jpg

 適当なトミックスの貨車に乗せて、テープで止めておきます
re_DSC02328.jpg

 で、キハ58に引かせることにしました。
re_DSC02329.jpg

 動画はこちら。まあ、キハ58が往復する、鉄道模型市のものそのままですが。


スケッチはこちら。8ch向け6ch向け
(まだ、6ch向けは動作確認していません。)

コメント(0) 

スピードメーター製作 その2 [S88]

 なぜ「その2」があるかというと、Yaasanさんから、OLEDの数字が大きくなるソースをもらったからです。早速いただいたOLED.cppとOLED.hを組み込んで、文字を大きくしました。そして、Nゲージで暴走特急ごっこです。ちょっと面白いかも。
 今回は、このようにOLEDの数字表示が前回の倍の大きさになっています。字幕入れなくてもスピードが読める!
re_DSC02324.jpg

 で、平日にHOを広げるわけにはいかないので(広げている部屋は寝室なので子供が寝ている)、Nにしました。
re_DSC02323.jpg

 で、まずはVSEでスピードを上げてみます。


 頑張って271km/hでした。

そして、次に本命の琴電。鉄コレ動力は意味もなく速いので、期待しています。やる気を出してパンタグラフも上げてみました。
re_DSC02326.jpg

 動画です。


325km/h出ました。私としては満足です。ポポンデッタの貸レイアウト動画の気分です。
でも、スピード半分でいいから、もっとスローを美しく走らせるようにした方がこのごろの消費者ニーズに合っているのではないかと思います。

スケッチはこちらです。が、基板頒布していませんね・・・。
コメント(3) 

スピードメーター製作 [S88]

 スピードメーターを作ろうかどうしようか考えていた話で、まあ、まずはS88内で完結させて作ってしまおうと思って、作りました。使った基板は(頒布もしていない)S88 8ch基板です。
 構成は、S88 8ch基板にS88 detector基板を2枚繋いで、AD4,AD5をI2CのSDA,SCLとして使用し、OLEDに繋いでいます。また、給電はUSB経由にしています。全体としてこんな感じです。
re_DSC02314.jpg

 OLEDへの配線は、Ch5,Ch6部分から取って、写真で、赤:5V,緑、GND、黄色:I2C SDA,青:I2C SCLです。I2C用に6.8kの抵抗で+5Vに吊っています。
re_DSC02315.jpg

 OLEDは、DSMainのOLEDライブラリをコピーして使っていますので、一応、大きな数字表示でスピードを表示します。0.96インチは小さい・・・。
re_DSC02317.jpg

 OLED裏側の配線は、こんな感じですが、買うメーカーによって配線が異なるそうなので、お気を付けください。
re_DSC02318.jpg

 で、線路に繋ぐとこんな感じです。
 線路に二点センサをつけ、この間に何秒かかったかでスケールスピードを割り出します。
re_DSC02319.jpg

 今回の基板はケースも作っているので、ケースに入れました。
re_DSC02322.jpg

 OLEDは透明アクリル板に裏からスーパーXクリアで接着しています。
re_DSC02320.jpg

 実際は、コントローラの隣に置いて、周回コースでスピードを測りました。使ったのはKATOのE5系(HO)で、今回は、ACアダプタを15V直流品にしてみました。
re_DSC02321.jpg

 動画です。


スケッチはこちらです。

コメント(0)