So-net無料ブログ作成

DSmainR5 WifiOptionを試す その2 [DSmainR5]

 いちおう動きますがいろいろと条件付きです。
 いくつか不満点/不具合があります。
(1)STAモードでmDNSが使えない(10秒に一回ぐらいの割で再起動がかかる)ため、愛称によるアクセスができなく、192.168.2.100のように直接アドレスを打ってアクセスしなければいけないが、DHCPで値が変わることがあり不便。というかPCから今IPが何かを確認しなければ使えない。
→ライブラリのバグを誰かがとってくれないと使い物にならない。
 一応、AccessPointをUIでブラウザから設定するツールはライブラリで出ており、IoTラボ様で紹介されている。(試してない)。
(2)APモード(アクセスポイントになるモード)になれば、ある意味愛称(SSIDとパスワード)だけでアクセスできる。こちらの実験をしてみたが、APモード時のサーバーはSTAモード時のサーバーに比べ不安定で、大きなファイルを送ろうとすると、すぐにだんまりして使えない。(わたしのソフトが悪いかもだが)
(3)STAモードでつなげると、ファイル転送自体はちゃんと行えるが、前回書いたように全部で500KbほどDesktopStationWeb用のファイルを落としてこなければいけないが、30~50秒かかる。また、この間の電車の制御はできなくなる。(ファイル転送にすべての力をつぎ込んでいるため)
→これについては、.gzでHTML、JS、CSSファイルを圧縮して送るのに変更したのと、ボード設定のFlash Frequencyを40MHz→80MHzにして、CPU Frequency を 80MH→160MHzにしたら、数秒程度にまで速くなった。PNGファイルはパスとファイル名が長すぎるようで、ファイルが見つからないといわれる。このダウンロード中に電車の制御ができないのは変わらないが。

 一応、現状のファイルはこちらです。SSIDとPasswordは自分の環境に合わせないと動きません。子供と二人で動かした感じでは、ときどき、パケットが詰まるようで、ESP-WROOM-02がだんまりしたり、再起動したりします。
 Webから受けた命令はスルーでシリアルに流します。この時、Web側にDSmainR5の現状パラメータを返すようなのですが、そこは作っていません。
 回路図は以下です。
sch_dsmainR5_wifi.PNG
 ESP8266のライブラリはGitHubのところにあります。
 それ以外の参考ページは以下です。
ESP-WROOM-02開発ボードのページ
電子工作と介護と生活と・・・
 環境は、StableVersionの2.0.0を使用しています。
 FFS(FlashFileSystem)についてだが、参考ページは以下です。
Flash File System(FFS)について
ESP-WROOM-02 リファレンス
FFSシステムのアップロードの説明

https://github.com/esp8266/Arduino
からのStable Ver2.0.0のリンクのFileSystemのリンク
http://esp8266.github.io/Arduino/versions/2.0.0/doc/filesystem.html
で、
https://github.com/esp8266/arduino-esp8266fs-plugin/releases/download/0.1.3/ESP8266FS-0.1.3.zip
を使うと、Stable VerでもFFSのUpLoadができました。

HTTPの通信を確認するために
HTTPの仕組み
・サンプルの美しいところ。
WIFI-TNGとESP-WROOM-02で始めるWIFI Arduino
・gz圧縮の説明でわかりやすいところ
ウェブサイトをgzip圧縮で高速化する

ソフトの使い方ですが、まず、環境を整えます。
(1)ESP8266のライブラリとFFSでESP8266内にファイルを送れるよう設定します。
(2)スケッチのSSIDとPasswordを自分のAP(アクセスポイント)の設定に合わせます。(私はなぜか家のWifiルーターにはつなげられず、独立したネットワークをモバイルルーター(ELECOM WRH-300WH2)で作ってそこで実験しました)
(3)ESP8266の設定は下記のようにしました。ただし、その後スピードアップのため、Flash Frequencyを40MHz→80MHzにして、CPU Frequency を 80MH→160MHzにしています。COMは各自の設定で変わるかと思います。
設定.png
(4)ツール→ESP8266 Sketch Data Uploadを使って、スケッチフォルダのDataフォルダ内のDesktopStationのHTMLをESP8266内に格納します。これはDesktopStationのBin->WebAppフォルダの構造そのままで、そのうちHTML,CSS,JSは転送速度を上げるためgzip圧縮したものです。
(5)普通にスケッチをコンパイルしてESP8266にプログラムを入れます。
(6)APにつながったかどうかはESP8266のLEDかシリアルモニタで確認できます。
LEDの見方ですが、リセット直後は消灯しています。APにつながると点灯します。
(7)シリアルの通信から接続IPを確認してください。数回やると、大体どんな値になるかは見当がつくかと思います。
(7)ブラウザから接続IPに繋いでください。10秒~30秒ほどでDesktopStationのWebAppの画面になるかと思います。
(8)HTMLなどのダウンロード命令が来ると、ファイル転送を始めます。この間はLEDは消灯します。終わったら点灯します。この間はスピード切り替えなどの命令は一切受け付けませんので、事故に注意してください。
(9)スピード切り替えやファンクションなど来ると30msだけLEDは消灯します。消灯しないときはすでにESP8266がフリーズしています。
 ファンクションや速度指令を連打したり、複数ブラウザから連打すると、LEDが付きっぱなしになってフリーズしたり、暗く点灯して(多分よくわからないPWMがついている)だんまりしたり、数秒間ネットから消えて再起動したりします。だんまりした場合はリセットボタンを押すか、電源線をOnOffするかが必要です。
 個人ベースで優しい心で使うのであれば、まあ、それなりに使えるかなあとは思います。(複数台接続でボタン連打と、ページの再読み込みをすると、レスポンス、再起動、だんまりなど悲しいことが起きるので)。環境のインストールはそれなりにややこしいと思います。(Verによって書いてあることが違うので、参考にしているWebページの記述が現在も必ず正しいわけでもないため)

 まだやるなら、
・現在のスケッチのloopにすべて書いている構造をやめて、CallBackに変更して美しくする。
・AP選択を付ける。
・DesktopStationと同じように現状値をWebAppに返してあげる。
 ぐらいでしょうか?

DSmainR5 WifiOptionを試す。 [DSmainR5]

 S88のフル装備と言っていましたが、そちらは進んでいません。(何個か40PinのPicだけ買ってきて放置中)。
 今週は水曜日はルミネThe吉本にお笑いを見に行きました。ノンスタイル目当てでしたが、中川家の新幹線のトイレの音も面白かったです。土曜日はシルクドソレイユのトーテムというサーカスを見に行きました。緑色のショッカーみたいな人たちがすごいアクロバットなサーカスをしていて、楽しめました。どちらも椅子がいまいちでお尻が痛くなりましたが。
 あとは、日曜日には横浜鉄道模型フェスタに一人で行きましたが、こちらは特に見るものはありませんでした。(ジオラマはすべて昨年の夏に松屋で使われていたもののように見えました)
 で、先週ですが、年末にYaasan様から評価を頼まれていたWifiOptionを試していたのですが、Blogに書かれているようにすごい不安定でした。ESP-WROOM-02のアンテナ部分の下の基板にパターンが一部通っていましたので、それが不安定の原因でしょうか?と一応返信はしました。
 その後、Webなどを見ると、サンプルスケッチが落ちまくっていたが、mDNS関連を消したら、安定したという話があり、そこらをコメントアウトしたらYaasan様のソースも一気に安定しました。まあ、これで、愛称?でアクセスできなくなるんでしょうか?(私はネット関連はさっぱりでわかりません)
 このWifiが入ったマイコンはArduinoとして使えて、さらに、4MByteもの広大なROMを持ちながら500円ぐらいという、なにかとてつもなくコストパフォーマンスの良いスペックです。
 ということで、一枚、基板を買ってDSmainR5でIoTだと思いながら実験していました。
re_DSC00461.jpg
 左に見えるのがブレッドボードに挿したESP-WROOM-02開発ボードで、左上に無線ポータブルルーター、真ん中にDSmainR5とスマホを重ねています。
 本日は詳細は省きますが、ESP-WROOM-02開発ボードを買ってきて、FFSというFlashにファイルを格納するやり方を使って、WebServerのように動かして、PCレスで、ESP-WROOM-02へアクセスすることでDesktopStationのWeb版を呼び出し、DSmainR5をスマホから操作できました。(ルータは出張時にホテルに無線LANが無い時に使うWRH-300WH2を使用)。
 動画は以下。

 動画を見返してわかったことは、DSMainR5の上にスマホを載せて運転するって(本体で操作できるので)意味がないんじゃないのか?ということでした。
 ソフトの作り方が原因の可能性もありますが、ファイルの転送がすごい遅いです。DesktopStationのWEB版は500KBほどありますが、30秒~1分程度眺めていないと表示されませんでした。
 まるまる一週間やって、微妙に不安定な感じです。ソースや詳細についてはおいおい説明します。
 

Tomixのロマンスカーが来た [DSmainR5]

 今週は月曜日に計画的に有休をとったにもかかわらず、本日(金曜日)も休み。ちょっとサラリーマン的にまずいんじゃないのかと少々不安がよぎりますが、本日は、子供がインフルエンザにかかって学校にいけないが、共働きのため家庭的に輪番で子供の面倒を見る必要があり、私が休む番の日という、一応それらしい理由があります。決して、Joshinからロマンスカー7000型LSE(92894)が届くから休んだというわけではありません。
 しかし、ロマンスカーは午前中に配達されてしまい、運よく受け取ってしまったので、動かさないわけにはいかなくなり、このBlogに至ります・・・。なお、子供のインフルは本日は発症から4日目なので、もう熱はありませんので、特に看病はしておりません。
 この7000型LSEは思い出があり、昔々30年前ぐらいに買ってもらっています。連接車だし、かっこいいしというのもありましたが、普通にセットで買って、フル編成だというのも魅力的でした。でも、当時はヘッドライトに白色LEDはなく、緑色に光っていたような気がします。その当時のものは、20歳ぐらいのころに気の迷いで捨ててしまっていたので、今回新たに買ってしまいました。
 いろんなところが精巧になって、昔はヘッドライトとトレインマークの間の赤白のラインがシールで自分で貼らなければいけないという鬼のような仕様でしたが、(そして、子供だし、デザインナイフ持っていないし全然貼れませんでした。)今回のは、プラになっており問題ありません。
re_DSC00438.jpg
 パンタグラフが片持ちになっちゃったのは、少々寂しいです。(ひし形のほうが好き)
 このごろKatoばかり買っていたので、久しぶりにTomixのものを買ったのですが、集電部品が自分で後付けなのには驚きました。まあ、室内灯を付けないならいらないんでしょうけど。
re_DSC00440.jpg
 Katoの京急買った後だと、トレインマークがプラ部品に印刷されていればよかったのにとか贅沢な要求をしたくなります。一生懸命、デザインナイフで切って貼ってみたけど、腕がないからいまいちだし。
 さて、先日作った据え置き型動力車用デコーダは常点灯コントローラと銘打っていたので、Tomixの常点灯対応品ならちゃんと動くはずと言っていたのですが、試してみました。全然(というかちょっと)ダメでした。負け惜しみを言うと、テールライト側もヘッドライトがそれなりにつくので、トレインマークが光ります。通常のアナログパワーパック(N-1)では赤色のLEDが煌々と点くだけです。
 据え置き型動力車用デコーダでの動画です。まあ、症状は江ノ電(Modemo)と一緒でした。(ヘッド/テール共に点く。ただし、進行方向の物のほうがちょっとだけ強い。)

 なお、アナログパワーパックでの光り方は以下です。赤に比べ白の光出しは遅いです。(発光電圧が高いためだと思います)テールライトの時はトレインマークは光りません。

 後は、中速時、アナログパワーパックに比べてライトが明るいのでちらつきが見えにくいです。このロマンスカー、ヘッド、テールライトの集電が1台車からだけ行うという微妙な仕様ですし。
据え置き型動力車用デコーダ

アナログパワーパック(N-1)



さて、据え置き型動力車用デコーダ、どう改造すればよいか・・・。

Tomixのワイヤレスパワーユニット同等以上をつくる? その2 [DSmainR5]

 今日は計画的に有休をとってましたので、一日中、常点灯できないか試していました。で、一応できました。が、現在、Modemoの車両しか持っていないので、少々点灯が変です。何が変って、ヘッドライトとテールライトのどっちも点きます。ネットで調べると、仕様とのことで、気にしないようにしようと思います。月末には数か月前に衝動的に予約してしまったTomixのロマンスカーが届くようですので、きっと常点灯対応でしょうから、それで確認しようかと思います。
 作り方は、Wikiのほうに、まとめておきましたが、まあ、回路はSmileDecoderと同じですのでスケッチを入れれば、SmileDecoderでも動作するかと思います。違いはモータードライバのドライブ能力ぐらいかと思います。スケッチはこちら
 回路図はこんな感じです。
Locomotive Decoder.PNG
 ソフト的にやっていることは、今まで、停止時はTimer1でのDutyを0にして、出力していなかったのを、周波数を24kHzにして(参考:拓啓ぽんの鉄道模型アーカイブ様の常点灯コントローラ記事)、適当なDutyでヘッドライトが点いてモーターが動かない程度のパルスを送ってやっています。この適当なDutyはCV49で調整できるようにしました。
 もしかしたら、craftな毎日様の記事のようなことをしたら、ヘッドライトとテールライトが一緒に点かなくなるかもですが、試してません。
 ということで、上記のことの成果が以下の動画です。

 微妙かも。



 

Tomixのワイヤレスパワーユニット同等以上をつくる? その1 [DSmainR5]

 まず、なごでんの日記でラスカル様がご報告されていますが、昇圧ポイントデコーダはDigitrax系だとCVが書き込めないようですのでお気を付けください。(ちょっと原因はつかめておりません)
 で、本題ですが、人のシステム(Yaasan様のDSmainR5やDCC/MM2シールドとDesktopStation)を主に使いながら、この題名はどうなのか?という疑問が頭をぐるぐると回っていますが、今回はまさに「大ぶろしきを広げる」状態の、こんなんでやって行けるの?というところからのスタートです。
 前回、「DSmainR5でアナログ車両をVVVF+自動運転」とDCCのシステムを使ってアナログ自動運転システムを実験してみました。
 今回からは、その中でVVVF音を出しながらモーターのパルス出力をするコントローラを改造していきながら、
・常点灯に対応させる(よう努力してみる)
・スマホとかワイヤレス環境から車両を制御できるようにする(これはDesktopStationの機能で実装済み)
・ポイントもワイヤレス環境から動かす(これもDesktopStationの機能で実装済み)
を目指します。
 で、まずは、自分で考えなければいけない常点灯部分は置いといて(おいおい)、Yaasan様のスマホから制御できるDesktopStationを試してみるため、Desktop Station 0.94fを試してみることにしました。
 Win10Homeでやっているのですが、なんか適当に警告にOKで答えていたら、ネットの設定もせずに、スマホ(Huawei、G620S、格安スマホ、Android4.4.4)のグーグルクロームからDesktopStationが見えました。でも、画面が変です。
re_DSC00434.jpg
 私はスマホ音痴なのですが、指二つでつまむ動作(ピンチイン?)しても縮小しません。スワイプしても(ドラッグみたいな動作?)しても、画面も全くスクロールしてくれません。ただ、画面に出ているボタンだけ押せるという悲しい状態でした。
 いろいろと試行錯誤すること数十分、ネットで調べて、ダブルタップすると画面を全部表示できました。もう一回ダブルタップすると、画面が拡大表示されます。
 次の問題は、画面の上にアドレスが出ていて、16:9の画面ではDesktopStationの画面すべてが見えません。なんかダブルタップした状態で指を離さずにスワイプさせると、任意の倍率に拡大縮小することはわかりましたが、やりたいことはアドレスを消すことです。
 で、また試行錯誤すること数十分、トリプルタップ後に指を離さずに上にスワイプさせると、アドレスが消せて、やっと全画面表示らしくなりました。
 re_DSC00435.jpg
 最初、むちゃくちゃに画面を連打していると、ときどき操作ができることがあったので、ストリートファイター2の昇竜拳並みに練習しないとこれは全画面表示できないのか?という、残念な状態に陥っていました。
 そして、以下の画面の感じで適当にDSmainR5やパルスコントローラを繋ぎました。(2個中1個の基板は今回使用していませんが)
re_DSC00436.jpg
 以下の動画のように、とりあえずはワイヤレスでアナログ車両(VVVF音付き)は動きました。

 なにか、ほかのレビューしている方とは、引っかかっているポイントが違う(低次元)のがとても気になりますが、今回、私はスマホの操作で力尽きました。