So-net無料ブログ作成

DE10をラジコン風に動かす。(続くかどうか不明) [DSAir]

 DSair2が来たので、余ったDSairをどうしようかと思って、考えたのが題名の記事です。前回のSoundBox同様、またもや、DCCになんら関係ありません。
 Yaasan様がDCCコントローラをWifiで制御するDSairを作りましたが、その中で、DCCを使っていない通常の鉄道模型ユーザーを取り込もうと、アナログオプションという機能を作ったようです。”ようです。”というのは、私は申し込んでいないので実際にどうなったかわかりません、ということですが。ただ、やろうとしていることは、スマホから命令をもらって、普通は線路にDCC信号を流すところを、線路にPWM電流を流しモーターが回るようにしているということです。
 DSairのアナログオプションを普通に使うと、無線でアナログコントロール可能なKatoのスマートコントローラと機能が変わりないのですが、今回は、これを車載にして見ました。なお、現状では、値段的に高すぎる、搭載スペース的に大きすぎる、と悲しいことになっていますが、Arduinoで拡張性は抜群ですので、将来的には、なかなか楽しいラジコン鉄道模型になりそうな気がします。
 で、前置きが長かったですが、まず用意です。
 DSairを用意します。そのままではDCC信号しか出ないので、アナログ信号が出るように改造します。Yaasan様が有償で出しているものと被りますので、スケッチは上げませんが、改造する部分は、
(1)setup()辺りで、Timer1の初期化をやめる
(2)SetAnalogSpeed命令のスピードは上限が突き抜けるので修正する。
(3)Webアプリ側で、DC(スピード,方向)という命令を出せるように改造する。
で所望の物はできますが、割と難しかったです。
で、次は載せるDE10(HO)の改造です。
 線路電源から12Vを取りますが、プラスかマイナスか定かでないので、ブリッジダイオードを通して、プラスとマイナスを固定化します。ただし、ここで、1Vぐらい電圧降下してしまいます。
 今回はブリッジダイオードとノイズ対策用のコンデンサをつけるために、いにしえのDSdecR2基板を切って使ってみました。(写真は切る前の基板の写真)
re_DSC02498.jpg

 で、これを線路→NMRA8ピン→ブリッジダイオード→DSairのACアダプタ→DSair出力(本当はDCC用)→NMRA8ピン→DE10のモーターと繋ぎます。入出力部分とDE10はこんな感じです。
re_DSC02500.jpg

 そして、DSairを搭載するとこうなります。
re_DSC02501.jpg

 このままではHOにも入らなさそうですが、基板を作り直せば、クモハ40の屋根側に入らないかなあと思っていたりします。SDカードのホルダの横幅さえクリアすれば行けそうです。

 そして、実験です。
re_DSC02502.jpg

 電源は電圧降下の影響もあるので、KATOのDCC用の15VのACアダプタ(たしか全波整流しただけの直流だったような気がします)とKatoのStandard Sパワーパックをつないで、とりあえず、ダイアルを目いっぱい回して、線路に12V入れます。極性は考える必要ありません。この状態でDSairが立ち上がるので、スマホからWifiで繋いでやります。
 そして、普通にスマホからスピードと方向を制御できます。今日はこれだけです。
 動画はこちらです。まあ、何がすごいんだかさっぱりわからないですよね。ですが、Wifiの許す限り、同一線路上に何台でも電車が置けるようになります。Arduinoなので、なんかギミックが作れるかもです。DCCと違って一対一の接続なので、なんか分かりづらい、もやもやとした気持ち悪さもないと思います.









コメント(0)