So-net無料ブログ作成

Kato キハ58系(HO)ライトLED化と おめかし(パーツ取り付け) [ds-DCCデコーダ]

 鉄道模型市が近づいてまいりました今年は4/30(月)とのことです。117で右奥端ですね。今回わたしは頒布物は出しませんが、Blogで使っているR6nやMp3V5は名古屋電鉄様がいくばくか販売されるものと思われますので、興味がある方はぜひご検討ください。また、Katoのスマートコントローラに被せるようにDCC用のスマホコントローラDSairも出るかもとのことです。私もとりあえず見せびらかしにキハ58、28,65を展示しようかとは思います。

 で、本題です。まずはヘッドライト、テールライト、行先表示灯あたりをLEDに換装してDCC化します。現状、麦球が付いていて、消費電流は0.12A(=120mA)ほどあるようです。R6nはLED駆動想定で20mAまで流せる出力端子ですが、このままつなぐとマイコンが悲しいことになります。多分。
 で、まずは初めの状態です。
re_DSC02265.jpg
 
 ヘッドライトが麦球で、極性を入れるためダイオードが挿入されています。そして、行先表示灯は前進、後進でも点くように、普通に無極性で麦球が入れてあります。
 ということで、何も考えずに以下の回路に改造してしまうことにしました。
ライト部説明.png

 この回路、分かっている人は間違っていることにすぐに気づくと思いますが、私はわかっていない人でしたので、組み上げてから気づきました。テールライトを点けたときに行先表示灯が点きません・・・。
 理由は、テールライトをつけるときは赤色LEDと白色LEDが並列につながるのですが、赤色LEDの発光電圧は2Vぐらい、白色は3Vぐらいですが、並列のためこの二つにかかる電圧は2V程度となってしまい、赤色LEDは点くけど、白色LEDは発光電圧に満たないため点かないというそれだけです。
 で、仕方ないので、テールライトの赤色LEDを手持ちの白色LEDに変更して、3Vかかるように変えてあげました。

 話を戻して、行先表示灯は白色LEDを互い違いにつけて無極性LED状態にするため、まずは、運転席の元々麦球が入っていたところにΦ3mmLEDが2つ入るかを確認しました。入ります。
re_DSC02267.jpg

 で、この無極性LED製作です。こんな感じに折り曲げて、方向は互い違いにして半田付けです。
re_DSC02268.jpg

re_DSC02269.jpg

 そして、方向に気を付けながら、ヘッドライト部のLEDも付けます。
re_DSC02273.jpg

 そして、ここで仮組して点灯確認をしたら、さっきの「行先表示灯テール側だと点かない問題」が発覚しました。で、テールの赤色LEDを白色LEDに付け替えました。

 で、こんな感じで、運転席と合体です。
re_DSC02274.jpg

 なお、裏側はこうなっています。白色LEDに変えてしまっています。
re_DSC02275.jpg

 この時点で気づいていなかったのですが、テールライト用の導光板は基板よりも先に入れる必要があります。あとで、組み立て順をしくじっていることに気づきましたが、以前の麦球+リード線と違い現在はLEDの足による空中半田のため、フレキシブルでなく後で導光板入れるのに苦労しました。

 そして、キハ58、キハ28、キハ65とあるため、3個作りました。
re_DSC02276.jpg

 で、飛んで、ヘッドライト、テールライトがちゃんと点くようになりましたという写真です。
re_DSC02278.jpg
re_DSC02279.jpg

 もともと5Vで制限抵抗560Ωで白色LED2個を並列に繋いでいるのですが、ちょっと暗いです。制限抵抗をもう少し小さくしたら、良い感じになるかなあとも思いました。
 あと端折っていますが、キハの顔が穴だらけなのでジャンパー栓やらワイパーやら手すりやらを、一生懸命付けておめかししました。一緒に転写シートでいろいろと細かいシールを張り付けましたが、「乗務員室」「自動ドア」のシールがとても付けるのが難しく何回も失敗したので、キハ58の前方側だけやって後はやめました。
 あとは検査表記、最初適当に張ったのですが、転写シールを虫眼鏡でよく見ると、なんと、キハ58とかキハ28とかキロ28とかキハ65とか書いてあるんですよね。もちろん貼るの間違えました。仕方ないので、楊枝でひっかいて削り落として、正しそうなものを貼りました。でも、虫眼鏡で見ないと見えないんですよね。まあ気分的なものでしょうかね。
 もう一つ、ワイパーの向きをどうしようかと迷いました。デフォルトはハの字なのか逆ハの字なのか、はたまたどちらも右傾きなのか、左傾きなのか。で、画像検索してみましたが、本物のどのパターンもあるようでしたので、適当にすることしました。

 一応、今日の動画です。ポイントは、
・キハ58、キハ28、キハ65でCV52のエンジン吹き上がりのタイミングを変更しました。14,16,18としました。これで、一度加速した後は、3両の音が合わなくなり、ちょっと本物っぽくなった気がします。キハ58、キハ28の床下を見ると、ツインエンジン、シングルエンジンが見えるのですが、スピーカ―の入れ場所の問題もあり、今回はツインスピーカーはやりませんでした。多分、爆音になるんじゃないかと思っています。
・ヘッドライト、テールライト、行先表示灯をLED化してDCC化しました。
・パーツを付けておめかししました。DCC化改造した時点で、HOとしてはジャンク扱いですし、パーツが美しく揃っている必要もないし、走らせて楽しむならと思い、パーツを付けました。ずいぶん前にクモハ40や12の手すりを一生懸命付けましたが、あちらは茶色一色に対して、今回は明るい色(赤とクリーム色)なので、かなり見栄えが良く満足しています。(前回とあまり変わらない動画です)


コメント(2)