So-net無料ブログ作成

DSMainR5のOLEDの話 [DSmainR5]

DSMainR5でOLED対応したとのことで、そういえばうちにも昔買ったOLEDあったなあと思いながら試してみました。(そして失敗しました。)
 いちおう、その話をしておきます。
 まずは、スケッチをダウンロードしてきて、R5用に
MSensor.cppの157行目を
aCurrent = (aCurrent * 125) / 427;
から
aCurrent = (aCurrent * 125) >> 8;
に変更します。
で、スケッチをNanoにして書き込みます。

ハードですが、改造前はバックライト付きLCDなので、こんな感じ。
re_DSC02197.jpg

前面パネルを外すと(ここまでが大変で、ボリュームを高級品にしていたせいで、つまみを取るのにインチサイズのアーレンキーが必要で、部屋中を探しまわって一時間浪費・・・。)
液晶が取れないように合成ゴム系接着剤で補強接着していました。
re_DSC02199.jpg

で、カッターで切って、爪で剥がして、きれいにしました。
re_DSC02200.jpg


 そして、I2CのOLEDをはめて、12V電源を入れたら、こんな感じです。なんか、左側が切れていて、右側はバグっている・・・。
re_DSC02202.jpg

 で、パネルにはめてみたら、こんな感じで、画面がはみ出ている!
re_DSC02203.jpg

 改造されている方の記事を見ても、液晶の窓を加工したとの記述はない。ということで、秋月のOLEDを確認したら、0.96インチと書いてあり、なんか大きさが30mm角無い。私のを測ってみたら縦約35㎜角ぐらいあり、アマゾンでのお買い物履歴から確認したら、どうやら1.3インチの物を買っていたようです。

 さて、画面の左端が切れてて、右端が白い原因でも探るか?と思ってデータシート眺めてみましたが、ちょっとわかりませんでした・・・。
コメント(4)