So-net無料ブログ作成

SmileDecoderR6n用の音(サウンドオプション) [ds-DCCデコーダ]

 12月になごでん様からR6n用にスマイルデコーダのサウンドオプション使えるようにしたいとの話がありました。で、やっととりあえず作りました。
 実験環境はこんな感じです。デコーダ開発ボードにアンプ基板386と秋月の大きなスピーカーをつないで実験です。なお、対策はしたのに、16kHzのピークが周波数解析で聞こえたので、ちょっとどうしようかという感じではあります。
re_DSC02196.jpg

 動画はこんな感じです。


 スケッチはこちらです。MP3V5_SO1でSOはSoundOptionの略です。
 音ファイルは、スマイルデコーダのサウンドオプションあたりを眺めて作ってください。
 音のスケッチへの統合は、VVVF_sound.cppの最初のあたりで、いまのところ4つ並べています。
#include "E233_Alert1.h"
#define WAV_DATA1 E233_alert1_data
#define  WAV_LENGTH1 E233_alert1_length

を自分のオリジナルに差し替えれば自分の好きな音を鳴らせます。
ただし、容量はかなり小さいのでお気を付けください。
あと、サンプリング周波数は8kHzにしています。
227行目の
if(flg == 0x03) //4回に1回だけ値を変更32kHZ→8kHz

if(flg == 0x01)
とすると、16kHz
if(flg == 0x07)
にすると4kHzとかに変えられます。

ファンクションの割り当ては現在F3~F6としていますが、
MP3V5_SO1.inoの522行目の
VVVF_Cont(gFuncBits[3] | (gFuncBits[4] << 1) | (gFuncBits[5] << 2) | (gFuncBits[6] << 3));
を変えてやれば、ほかのファンクションに割り当てできます。

以上です。




コメント(2) 

航空科学博物館に行った [その他]

 昨日は子供と久しぶりに遠出しました。
 成田空港の近くの航空科学博物館です。
 外にこんな感じに飛行機が並んでて、中にはB747のエンジンとかが展示されていました。
re_IMG_20180105_120425.jpg

 なんか、どこかで見たミサイルの名前のような飛行機もありました。
re_IMG_20180105_123353.jpg

 懐かしのYS11です。昔、子供のころ離島に住んでいたこともあり、毎年これに乗って東京に出かけましたが、雲を通過するごとに激しく揺れるし、プロペラの音はうるさいし、スピードは遅いし、良くない思い出がいっぱいだったりします。とはいえ、とても懐かしいなあと思いながら写真をいっぱい撮っておきました。
re_IMG_20180105_123859.jpg

 館内はB747でいっぱいでしたが、着陸する飛行機にはB747はあまりありませんでした。一応大韓航空機が飛んできたので、撮っときました。
re_IMG_20180105_132937.jpg

 フライトレーダー24とかいうスマホのアプリで、全世界の飛行機の位置がリアルタイムで見られるので、次に着陸するのがどの飛行機で、どっちの滑走路というのが分かるので、とても便利です。そして、一日中見てても飽きません。電車でこういうのないのかなあと思います。

 飛行機を押したり引っ張ったりする車は初めて間近で見ました。車高がとっても低かったです。
re_IMG_20180105_135417.jpg

 博物館よりも、近くのひこうきの丘のほうが間近で飛行機を見られました。
re_IMG_20180105_141600.jpg

 せっかくだからA380を見たかったです。(調べずに行ったので見られませんでした。)
コメント(2)