So-net無料ブログ作成

SmileDecoderN18のテストボードを組み立てる。 [ds-DCCデコーダ]

 水曜日に都内に出る用事があったので、ついでに秋葉原にある青島食堂に行ってみました。
re_IMG_20190731_123535.jpg

 昼の12時半ぐらいに行きましたが、店の外に10人ぐらい、中に5人ぐらい並んでいました。蒸し風呂のような、スーツでサウナに入ったような天気で、これは何かの罰ゲームだよなあと思いながら並んでいました。
 チャーシュー麺(名前が違ったかも)を食べましたが、濃いめの醤油ラーメンに、生姜と油を入れたような味ですかね?蒸し風呂のようなところを並んでいましたが、並ぶ価値のあるおいしさでした。
re_IMG_20190731_130048.jpg
 
 で、本題ですが、なごでんさんから、SmileDecoderN18と、NEXT18 デコーダテストボードを送っていただいたので、作りました。
 大きさはこれで、とても小さいです。(琴電の屋根上)
re_DSC02843.jpg

 Mp3V5と比べるとこうです。(Mp3再生機能はありませんが)
re_DSC02844.jpg

 で、テストボードに挿して、一通り動かしましたが、ファンクションが動くことは確認しました。
re_DSC02845.jpg
re_DSC02846.jpg

 今回、テストボードはピンの穴が小さいとのことで、穴を広げてもいいですか?と聞きましたら、ピンを削って挿してくださいとのことで、ターミナルブロックについては、ピンを削って挿入しました。ピンヘッダは強気でそのまま挿入しましたが。

 ファンクションのMOSFETにSSM6N43FUを使っていて、車載グレード(AEC-Q101)というのがすごいと思いました(本物っぽくて)。

 何かスケッチをいじって遊べないかなと思い、回路図を見てみましたが、モーターにTimer2を使用していて、Timer1は未接続のため、そのまま、音を出すのは難しそうです。サーボ用に出ているF3,F4部分をSoftware I2CかSoftwere Serialに使って何かできるかなあと思いました。(そして、やっていません)
コメント(2) 

コメント 2

ラスカル

テストボードはお手数掛けすみません。
いちいち削っていられないとは思いますが。。。
ピンヘッダは強引に差しましたね(笑)

マイコンのピンアサインですが旧バージョンのピン配置にしようかと思ったのですが、スケッチに手を加えるのが大変だったのでR7nと同じピンアサインでEL105からVVVF音の除いたものをベースにしています。

サウンドバージョンは今のATMega328では力不足とのことでしたので 今後、ATMega4809 使ってパワーアップで臨みたいです。
まだICSPどうするかとか難問山積みですが、是非とも
ご協力よろしくおねがいしますね。(毎回無茶振りですみませんが)
by ラスカル (2019-08-05 23:22) 

fujigaya2

コメントありがとうございます。
ATMEGA4809はPWMはいっぱいありますが、FLASHの容量が48Kbyteで音を出そうと思うと少し小さい気がします。モーター用の出力と出力としては、PWMを重ねてConfigurable Custom Logicを通せば、和音としてつ開けそうですので、モータードライバに通せば、実際とほぼ同じようなVVVF音が出せるかもしれません。
by fujigaya2 (2019-08-06 23:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。