So-net無料ブログ作成

キハ80(HO)にMP3V5デコーダーを入れる [ds-DCCデコーダ]

 キハ81とかキハ80とかが届きました。こういうのは到着した瞬間に改造しないと、そのまま押入れと言う名の博物館に行ってしまうので、なごでんさんのDCCデコーダー、Mp3V5を入れることにしました。なお、最新の発熱の少ないスイッチングレギュレータモデルではなく、12V→5Vでそれなりに発熱するLDOモデルをDCDCコンバーターに換装して載せるということをやります。理由は、デバッグ用にLDOモデルがたくさんあるので・・・。
 まずは、キハ81だけ記念撮影。ヘッドマークすら付いてない。
re_DSC02768.jpg

 今回は、キハ80(M車)のDCC化です。今回のDCC化の目標は、LDOモデルをスイッチングレギュレータモデル相当にしつつ、以前運転会で見せてもらったつじるさんのE5系のように、車内からデコーダが見えないようにすることです。

 まずはキハ80(M車)です。デコーダ本体を屋根裏に入れて、スピーカーやトマランコンデンサは車掌室なのか、トイレなのか、窓がない辺りに入れていきます。
re_DSC02769.jpg

 分解したらこんな感じです。Nゲージの分解と違って、爪を少し押すぐらいでは変形したり割れたりしません。ただ、分解マニュアルは欲しいです。純正の室内灯入れるにも分解必要なわけだし。
re_DSC02770.jpg

 分解している途中で気づいたのですが、車側表示灯がクリアの赤です。すごい精巧。でも、ここに赤色LEDをつけるのはとても難しい気がしました。
re_DSC02772.jpg

 さて、デコーダを入れる場所ですが、車内に1mm厚のアクリル板でテーブルのようなものを作って、高さを窓の上あたりにすれば見えない!と思って、アクリル(1㎜厚)をレーザーカットしてみたら、溶けました。使えません。おまけに部屋中臭い。
re_DSC02774.jpg

 ということで、テーブルの台にあたる部分だけ、屋根側にスーパーXで接着してつけることにしました。
re_DSC02775.jpg

次は屋根の加工です。こういう風にデコーダが入るように大穴をホットナイフで開けました。臭かった。
re_DSC02777.jpg

 そして、窓のない車内を適当にカット。
re_DSC02778.jpg

 床のNMRA8ピンから天井に配線を出すときに、線を見えにくくするため、床板も少しカット。
re_DSC02779.jpg

 次にMp3V5デコーダのLDOをDCDCコンバータに換装するため、LDOを取る。このLDO(TA78M05F)。
re_DSC02780.jpg

 で、取ったあと。(さっきと写真の方向が違う・・・)
re_DSC02782.jpg

 ここに、DCDCコンバータ、ROHMのBP5293-50をつけて、トマランコンデンサもつけて、配線はこんな感じ。
re_DSC02783.jpg

 で、線路電源からも接続して、
re_DSC02784.jpg

 屋根に載せて、
re_DSC02785.jpg

 屋根をかぶせた後。窓の上にアクリル板は見えるが、窓から配線やデコーダーは見えずに、音まで一応出る。
re_DSC02787.jpg

re_DSC02788.jpg

 室内灯付け忘れたが、まあ、キハ80はこれでいいかという感じ。

 
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。