So-net無料ブログ作成

クモハ40,12の吊りかけ音を入れ替え [ds-DCCデコーダ]

 世間はオープンサウンドデータでもっと本物っぽくという方向に向かっているとは思いますが、まあ、それはそれでおいといて、少し前に、吊りかけ音を入れ替えたスケッチをせっかく作ったので、クモハ40とクモハ12のスケッチを入れ替えることにしました。
 まずはクモハ40。Mp3V5のLDOバージョンが入っており、スピーカーのエンクロージャは工作用紙で作って、理由はわからないが、低音が出るもの。
re_DSC02765.jpg

 元の音はこんな感じ。


今回のEL105_K2だとこうなのだが、最初は周波数が低すぎて、コオロギみたい。もう少し、高い周波数から始めるよう変更しようと思う。


なので、実際に走らせるとこういうイメージ。


次はクモハ12
車体はこれで、大きなスピーカーを床板に接着しています。
re_DSC02767.jpg

 元の音はこう。


 EL105_K2にするとこう。なんか16kHzの搬送波が大きいのが気になる・・・。


同様に、走らせるとこんなイメージ。割とイラッと来る耳障りな感じが実車に近い気がしているんだが。


 この後に、江ノ電タンコロと、名鉄モ510も同じようなスケッチの改造をしてみたのだが、まあ、電源が非力なため、残念なことになったので、省略。
 これで、自動運転の準備が整った。

コメント(3) 

コメント 3

Yaasan

前よりも、音質などが改善したと思います!素晴らしいです。

オープンサウンドデータのデータや、ノウハウ、テクニックをうまく応用すれば、MP3デコーダやR7nなどでも、それなりに良いものができると思います。音のメモリは、もうちょっとどうにかならないかなと思っているので、うまいことなにか出来ないですかねえ・・・。
by Yaasan (2019-05-01 07:00) 

ラスカル

単純発想ですが
I2Cでメモリ(EEPROM)増設してもダメかな
mp3やスマイルデコーダnシリーズであれば
ヘッドライトの端子1つ潰してI2Cにしてプルアップ用の抵抗2個とメモリ1個の追加で済みそうなのですが。
by ラスカル (2019-05-01 19:13) 

fujigaya2

コメントありがとうございます。
https://desktopstation.net/wiki/doku.php/fujigaya2_sketches#el
にスケッチ上げておきました。
I2C・・・8KHzでも、125usごとに一回データを読み込まないとですが、そのぐらいでもDCCのシーケンスも含めて問題ないようでしたらできると思います。後、EEPROMへの書き込みをどうするかも課題ですね。

by fujigaya2 (2019-05-02 11:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。