So-net無料ブログ作成

S88 8ch スイッチVer [S88]

 昨日は、お墓参りと桜の花見を兼ねて多磨霊園に行きました。関東では珍しいと思う白いタンポポが咲いていたので、撮っておきました(おいおい桜を撮れよという話はありますが)。ネットによると、西日本の方では珍しいものではないようですね。
re_DSC02744.jpg

 次に、S88 8chの用のケースですが、Yaasan様から、MiniB USB接続部分をくりぬいたらどうかと提案され、ホットナイフでくり抜こうとしたら、この有様です。
re_DSC02761.jpg

 ナイフは通るのですが、その後、アクリル同士がくっつくようで、ナイフの体を成しませんでした。もう少し考えることにしましょう。

 そして、本題です。
ゆうえん・こうじ様から、S88 8chをスイッチのように使えないかというお話があり、わたしも古いことで覚えてなく、ちょっとリハビリがてら、確認してみました。
re_DSC02760.jpg

スイッチの接続はdetector基板側でAとCです。CN2としては、CN1側からABCDの順に並んでいます。
短絡でオン、開放でオフです。

 S88 8ch 光の元機能としては、スケッチのvoid detect_analog()内で
1.LEDを発光
2.検出用フォトトランジスタで光量を確認。車両が上にあるなら、反射して光を検知。車両があれば、明るく、無い場合は、環境光影響で、明るいところなら明るい、暗いところなら暗い
3.LEDを消灯
4.検出用フォトトランジスタで光量を確認。車両が上にあるなら、暗く、無いなら環境光影響で、明るいところなら明るい、暗いところなら暗い
5.(2.)-(5.)をやって、値に差があれば、車両あり。なければ車両なし
として検出しています。これを8ch分繰り返していきます。

 スイッチとして利用するときは、差分を取る必要はありませんので、
1.検出用フォトトランジスタにあたるところ(Detector基板のA,C間電圧)の電圧を確認。スイッチオフの時は1023(=5V)。スイッチオンで0(=0V)。とでる。
2.(1.)の結果を反転させて、0ならオフ、1023なら(ある値以上なら)オンとする。

とします。一応、サンプルはこちらになります。

現状だと、8ch同じ機能(光なら光だけ、MAGならMAGだけ、SWならスイッチだけ)になってしまいますが、
for(int i= 0;i < ANALOG_PORT_NUM;i++)
で8回繰り返している部分をchごとに違う処理にしてしまえば
あるチャンネルはスイッチ、あるチャンネルはMag検出、あるチャンネルは光検出
という風にして、チャンネル数を節約することも可能だと思います。


コメント(2) 

コメント 2

ゆうえん・こうじ

情報ありがとうございました。
なるほどスケッチ書き替えれば、デテクターの8ポートの中に、光センサ、磁気センサ、押しボタン 混在できるし、ソフト的に変更できますね。やってみます。
by ゆうえん・こうじ (2019-03-31 21:29) 

fujigaya2

コメントありがとうございます。
ぜひ、いろいろ試してみてください。
by fujigaya2 (2019-04-02 06:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。