So-net無料ブログ作成

SmileDecoder R7n [ds-DCCデコーダ]

 お知らせです。SoundBox Control Decoder基板の頒布をいたします。ご入用の方はご連絡いただければと思います。

 さて本題です。
 なごでんさんからデバッグ用のR7nが届きましたので、確認を開始しました。
 まずは、書き込みのためにスマイラーさんのSmile Writer COMBO-Aを使いました。薄型基板は初めてのもので・・・。
re_DSC02717.jpg

 ここで、お約束のようにいくつか引っかかりました。
 Smile Writer COMBO-AにArudinoISPが書き込めません・・・。
試行錯誤してArduinoIDEを以下の設定にして書き込めました。
→マイコンの設定をArudinoNano、ATMEGA168にする。
→ArduinoNanoは、Smile Writer基板から外す。(リセット関連のコンデンサが悪さしている?)

 そして、SmileDecoderR7nを挿して、ブートローダーを書き込み、スケッチを「書き込み装置経由」で書き込みます。ちなみに、R7nのサイズですが、こんな感じです。カッティングマットの目盛りは1cmです。
re_DSC02713.jpg
 上から短い順にR3,R5n,R6n,R7n,MP3V5です。R5n,R7nは0.8mm厚4層基板を使っているので、実装密度が高く、基板厚も薄く小型化されています。
R7nはスマイルコネクタなど、削れる部分を削るとR6nよりも小さくなっています。

そして、DSblueboxから動作確認しました。スケッチはEL105K2です。(K1から音のコーラス設定を少しだけ変更して長周期のうなりを少し遅くしています。:K1:2Hz→K2:1Hz)
re_DSC02716.jpg

R6n→R7nで「12V10Wの爆音アンプから5Vの1.5wのD級アンプ+スイッチング電源」に変更したとのことで、音は大きいまま、発熱は抑えられているようです。
動画を載せておきます。
CV47 3:吊りかけ音20-220
CV50 5:デフォルトの6だと近所迷惑なかんじだったので。


次はR5nですね。



コメント(4) 

コメント 4

MECY

缶スピーカの低音効果もあっるのかと思いますが、吊りかけ音、重厚感が増した感じですね
by MECY (2019-03-17 18:22) 

fujigaya2

コメントありがとうございます。
前よりも本物に近い音が出ているとは思います。
小さいブラックキューブスピーカーだと、低音が足りませんでしたが・・・。
iphone向けの薄いスピーカーは割と良い音が出ていたように思いました。
by fujigaya2 (2019-03-17 20:38) 

ラスカル

コメント掲載ありがとうございます。
ならびにご確認ありがとうございます。
作成されているスケッチは吊り掛け音専用なんですよね。
以前のものに比べて良い音になっているとおもいます
コーンの大きいスピーカーの方が低音が効いていい感じに聞こえます。
アンプ自身小型の1.5wにしましたが、そこそこ音量が出るので安堵しています。
by ラスカル (2019-03-18 07:32) 

fujigaya2

コメントありがとうございます。
吊り掛け音専用です。
2音ぐらいまではどうにか出るのですが、吊りかけ音用にある音+ある音ー1Hzぐらいで2音使っています。
VVVF音用は和音にしています。
by fujigaya2 (2019-03-18 20:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。