So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Kato SoundBoxをArduinoで操作する。その2 [SoundBox]

 続きます。
 RS485ではうんともすんとも言いませんが、オシロで見ると、ちゃんと232Cのような信号が出ています。
 初期信号.png

 ここは基本に戻って、まずはスマートコントローラ単体にしてUSBシリアルに繋いで確認です。
 つなぐ場所は、下の写真のコネクタで、
re_DSC02497.jpg
 
 一番根本(GNDに繋ぐ)と一番先っぽ(RXに繋ぐ)です。これで、受信できるはずです。
 で、ArduinoIDEのCOMモニタでめでたく受信できました。
38400bpsで受信.png

 他のCOMモニタでも確認して、こんな信号が出ています。38400bpsで3.3V系です。
01000001:
02000002:
03000003:
04000004:
 あとでわかりますが、 [LF](命令) : という形式です。
 ということで、送り出しの命令はわかりましたので、送受信がどう行われているかを確認するために、SmartControllerとSoundBoxをつなぎます。
re_DSC02495.jpg

 かなりぐちゃぐちゃな写真ですが、SmartController→ブレッドボードでUSBシリアルのRXで受け→SoundBoxとミニプラグケーブルをつないでいます。
 そうしたら、下記のように、送受信が見えるようになりました。
送受信.png

 こんな信号が送受信されています。
01050307: 0105030007.
01040005: 0104000104.
01050307: 0105030007.
01040005: 0104000104.
01050307: 0105030007.
01040005: 0104000104.


 分かったのは後ですが、[LF](SmartControllerから送信): (SoundBoxから送信).となっています。
 あとは、SmartControllerからファンクションとかスピードとか動かしてやって、どんな信号が出ているか解析するだけです。多分。
 その3に続く。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。