So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Kato SoundBoxをArduinoで操作する。その1 [SoundBox]

 秋のDCCFestの時にスマイラー様に、「KatoのSoundBoxをDCCから操作して音はBluetoothで飛ばして、電車から音を出す。をしたいので、SoundBox貸してください。」と頼みましたら、快く貸してくださいました。で、Yaasan様に「DCCから制御したいので、前分解していたKatoのSmartController貸して下さい。」と頼んで、こちらも快く貸していただきました。ということで、タダで、Smart ControllerとSound Boxを入手したので(いや、借りてるだけですが)、早速、DCCから制御する前段階としてSmartControllerとSoundBoxの通信プロトコルの解析です。
re_DSC02494.jpg
 まずは、SmartControllerのおさらいです。Yaasan様の記事とゆうえん・こうじ様のコメントによると、二線式のよくある双方向通信じゃないか?とのことでした。で、通信波形もYaasan様の記事からなんか、普通の232Cチックです。
 風のうわさでRS285じゃないのか?という話も聞いたので、こっそり、AmazonでRS485通信ができるとかいうUSB接続のコンバーターを買ってみました。
 これで、実験環境は完璧です。で、SmartControllerとSoundBoxの間にRS485をつないで、PCでモニターしてみましたが、なんかデータが全くでない・・・。ということで、RS485コンバーターはお蔵入りです。
 その2へ続く・・・。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。