So-net無料ブログ作成

江の島駅風ホーム [レーザーカッター]

 さて、Fusion360でのお勉強も大体できてきたような気がするので、実践です。
 江ノ電の江の島駅のホームを作ってみます。
 今週は会社の夏休みですので、時間もいっぱいあるはずです、ということで始めました。
1.スケッチと呼ばれるFusion360内の2D CAD部分で、板の部品図面を書きます。
2.それを3DCAD(コンポーネント)にして組み立てます。
3.キハ110、Katoレール相当のモデルと見比べながら、高さとか大きさとか変だとか変じゃないとか確認、修正します。
4.修正し終わったら、2Dの部品図をDXFで出力します。
5.InkSpaceに読み込んで、いらない補助線を消して、線を切断の赤色、0.1mm幅に変更します。
6.lyzファイルに変換して、LaserDRWからレーザーカッターを制御して、出力します。
7.くさい中を必死で、組み立てます。
8.出来に自己満足します。
という流れです。

いろいろと端折って、
3.のキハ110と見比べながら、ホームの高さや屋根の高さを調整しているあたりです。
江ノ島駅ホーム v20.jpg

で、レーザーカットして組み立て中です。主に見せたい部分は骨組みです。
re_DSC02410.jpg

で、今回はKATOの島式ホーム間隔と思われる120mmに対応させてみましたので、ホームの両面に列車を配置させてみました。いい感じです。(自己満足)
re_DSC02411.jpg

片っぽだけ見て、
re_DSC02412.jpg

止まってる列車を撮って、
re_DSC02413.jpg

で、いい感じだったので、もう一個作りました。レーザーカッターはこういう時とても楽です。
まあ、なんか時間とともにレーザーの出力が落ちてくるので、最初24%でやっていましたが、切れない部分が結構出てきたので、最後は29%にしました。
で、二個の時の写真です。
re_DSC02414.jpg

ホームの真ん中を撮って自己満足です。
re_DSC02415.jpg

一応、本物の駅はこんな感じで、対向式ホームですが。
re_DSC_5122.jpg

そして、今回も家じゅうクサいです。どうしようか。

コメント(3) 

コメント 3

ラスカル

3Dもリアルだけど
組み立てたものもいい感じですね。
見てて、色塗ってバラスト撒いて ってしたくなる感じです。

小さいボード単位で駅を作っても良さそうですね。
by ラスカル (2018-07-31 10:27) 

あやのすけ

実は釘なし、接着剤なしで全て組み立てられるすごい構造ですか!!
家が臭くなっちゃうから、キットとして配布はつらいですね(^^:

by あやのすけ (2018-07-31 19:19) 

お名前(必須)

コメントありがとうございます。
そうですね。色塗ってジオラマを作りたくなってきますね。
ホゾの作りが甘くて、接着剤無しではつらいことになっています。臭いのどうにかならないですし、配布は辛いですね。

by お名前(必須) (2018-07-31 21:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。