So-net無料ブログ作成

びんぼうでいいのを使ってDCC/MM2シールド動作確認 [DCC/MM2シールド]

 aitendoのびんぼうでいいのDCC/MM2シールドR5Dの動作確認をしました。私はずさんで大体一個は壊すので二個買ってます。
 まずは、組み立てました。500円のボードだけでは部品が全然足りなくて、16MHzの水晶や、対応部品パック、ATMEga328P-PUが必要です。Arduinoのブートローダはデコーダ開発ボードから書き込みました。
 で、半田付けはDIP部品なので大して難しくないつもりで始めましたが、はんだ付けをケチるようなランドの円(とてもはんだが載る部分が小さい)のせいで、とてもはんだ付けしにくかったです。また、水晶の近くに表面実装のコンデンサがあったりして、短絡したら嫌だなあとなんとなく気を使います。またSPIの6ピン端子はついていないので、ほかで調達する必要があります。と、結構、安いからと飛びついたら「安いのにはそれなりの理由がある」という当たり前の教訓を得ました。いつも、DCC関連の基板をYaasan様などから頒布いただいてはんだ付けしておりますが、それに比べるとかなりはんだ付けしにくいです。DIPなのにいちいちルーペで半田の盛りを確認しながらやることになりました。
 そして、完成しました、Lチカも成功して、いよいよDCC/MM2シールドと合体させてDCCの確認です。ここで、2個中一個に問題が起きました。DCジャックが入らない!
 左が対応部品パックに入っていた入らないDCジャック、右が秋月で買っていたArduinoで使うのと同じDCジャックです。中心部が太いような気がします。
re_DSC00519.jpg
 仕方ないので、基板を万力に固定して、半田をたくさん盛って、三か所同時に半田ごてで温めつつ外しました。で、盛ったはんだを取ろうとしましたが、はんだ吸い取り線でほとんどとれません・・・。少し前のあやのすけ様の記事を参考にと思ったら、ちょっと違いましたが、半田でふさがったスルーホールを1mmのピンバイスで穴を開けて、正しいDCジャックを強引に入れてはんだ付けしました。
 で、二個ともちゃんと動きました。(車両だけでS88は確認していませんが)
記念写真です。
re_DSC00520.jpg
 こんな苦労するなら、今度からはArduinoは完成品を買おうと思いました。

コメント(3)  トラックバック(0) 

コメント 3

やあさん

びんぼうでいいのよりも、貧乏なArduinoUNO互換機があります。いつも10pcs単位で買ってるので、4USD弱で買ってます。
これと比較すると、「びんぼうでいいの」は、「かねもちでいいの」に見えます。

http://www.aliexpress.com/store/product/10pcs-lot-high-quality-UNO-R3-MEGA328P-CH340G-for-Arduino-Compatible-Improved-version-expert-version-NO/812021_1933705621.html
by やあさん (2016-03-22 20:44) 

fujigaya2

コメントありがとうございます。
さすが中国。桁がちがいますね。
by fujigaya2 (2016-03-23 00:11) 

スマイラー

やあさん様、参照の互換機 ATMEGA328がDIPではなく、TQFPになってますね。現在の頒布品はこれに変わっているのですね。
※購入者欄w
by スマイラー (2016-03-25 13:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0