So-net無料ブログ作成

DSmainR5 WifiOptionを試す。 [DSmainR5]

 S88のフル装備と言っていましたが、そちらは進んでいません。(何個か40PinのPicだけ買ってきて放置中)。
 今週は水曜日はルミネThe吉本にお笑いを見に行きました。ノンスタイル目当てでしたが、中川家の新幹線のトイレの音も面白かったです。土曜日はシルクドソレイユのトーテムというサーカスを見に行きました。緑色のショッカーみたいな人たちがすごいアクロバットなサーカスをしていて、楽しめました。どちらも椅子がいまいちでお尻が痛くなりましたが。
 あとは、日曜日には横浜鉄道模型フェスタに一人で行きましたが、こちらは特に見るものはありませんでした。(ジオラマはすべて昨年の夏に松屋で使われていたもののように見えました)
 で、先週ですが、年末にYaasan様から評価を頼まれていたWifiOptionを試していたのですが、Blogに書かれているようにすごい不安定でした。ESP-WROOM-02のアンテナ部分の下の基板にパターンが一部通っていましたので、それが不安定の原因でしょうか?と一応返信はしました。
 その後、Webなどを見ると、サンプルスケッチが落ちまくっていたが、mDNS関連を消したら、安定したという話があり、そこらをコメントアウトしたらYaasan様のソースも一気に安定しました。まあ、これで、愛称?でアクセスできなくなるんでしょうか?(私はネット関連はさっぱりでわかりません)
 このWifiが入ったマイコンはArduinoとして使えて、さらに、4MByteもの広大なROMを持ちながら500円ぐらいという、なにかとてつもなくコストパフォーマンスの良いスペックです。
 ということで、一枚、基板を買ってDSmainR5でIoTだと思いながら実験していました。
re_DSC00461.jpg
 左に見えるのがブレッドボードに挿したESP-WROOM-02開発ボードで、左上に無線ポータブルルーター、真ん中にDSmainR5とスマホを重ねています。
 本日は詳細は省きますが、ESP-WROOM-02開発ボードを買ってきて、FFSというFlashにファイルを格納するやり方を使って、WebServerのように動かして、PCレスで、ESP-WROOM-02へアクセスすることでDesktopStationのWeb版を呼び出し、DSmainR5をスマホから操作できました。(ルータは出張時にホテルに無線LANが無い時に使うWRH-300WH2を使用)。
 動画は以下。

 動画を見返してわかったことは、DSMainR5の上にスマホを載せて運転するって(本体で操作できるので)意味がないんじゃないのか?ということでした。
 ソフトの作り方が原因の可能性もありますが、ファイルの転送がすごい遅いです。DesktopStationのWEB版は500KBほどありますが、30秒~1分程度眺めていないと表示されませんでした。
 まるまる一週間やって、微妙に不安定な感じです。ソースや詳細についてはおいおい説明します。
 
コメント(2)  トラックバック(0) 

コメント 2

Yaasan

原因究明ありがとうございました。
mDNSはどうしても欲しいところなのですが、やはり難しい状況ということで、公式ファームウェアのアップデートを期待したいところです。

もしかしたらwifi用ではなく、ROMが大きいのでサウンドデコーダ用に使ったほうが良いのかもしれませんね…
by Yaasan (2016-02-09 20:54) 

fujigaya2

コメントありがとうございます。
そうですね。mDNSがうまく動かないと、なかなかPCレスにはなりませんね。
by fujigaya2 (2016-02-09 23:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0