So-net無料ブログ作成

DSmainR5の製作 その2 [DCC/MM2シールド]

 まず、S88デコーダーのスケッチを自前のモノに変更した。スケッチはまとめにある(動作など中身は以前とほぼ変わらないがLED点灯時間を短くして、少しだけ省エネにしている)。rudysmodelrailway様のスケッチは完成度が高く、無駄がない。ただそのままではだめ(商業利用不可)なので、転用していた部分だけ作り変えた。と言っても、状態の変数をint の16ビットで表していたものを、int配列に変えて、ECoS用のおまじない部分(30秒後に状態0を送信する?)を削除している(DSmainでは必要ないので)。ポート数はスケッチで可変なので(Ruby様のは16ビットまで)、例えば32ポートや64ポートのお化けS88デコーダーもそのまま拡張可能である(そんなの作るよりデイジーチェーンでいいじゃんという話があるが)。これで、部品セット頒布時にATMega328P-PUにスケッチを書き込み済みにできそう。
 あとは、トミックスのS70レール4本が届いた。これで、センサーレール8本にしてスイッチバックいっぱいの自動運転を作ってみる予定(今まで、4本しかセンサーレールを作っていない)。

 で、本題のDSmainR5その2だが、Yaasan様から、OPSモード対応/ファンクションの定期送信Verを評価用にいただいているのだが、DSCoreを付け替えるついでに、前回、「高級にするにはこうしたらいいのに」と言った部分について改造した。
 まず、バックライト付き液晶を付ける改造。バックライトはLEDで、アノード、カソードともに変な突起になっているので、バックライト基板を改造する。具体的には、下記写真のマジックでしるしをつけた部分に穴をあける。
re_DSC00366.jpg

 ちょうどよいことに配線は通っていないので、Φ2の穴をピンバイスで開けた。この頃はんだ付け時に手が足りないと思って、小さな万力を買っており、役に立った。
 で穴が開いた。
re_DSC00367.jpg
 そして、バックライトを配線する。ちょうどよい具合に、5V、GNDが来ていてPADになっているので、適当に100Ωの抵抗を付けてつないでみた。
 re_DSC00368.jpg
 
 で、完成。ついでに、金属ツマミを付けてみた。プラ筐体に金属ツマミはちょっと違和感があるかも。いや、大丈夫か?
re_DSC00369.jpg

 おまけに、ツマミを付けるための六角が1/16インチなのに、買い忘れてて、mm系六角でやったら、ときどき空回りする・・・。
 それと、斜めからの写真では液晶表示が飛んでしまったので、正面からもう一枚。(斜めからでも人の目からはくっきり見えてる)
re_DSC00370.jpg

 視認性はすごい良い。液晶の下側が少々見えているが、この理由は、液晶がバックライト分厚くなったせいで、液晶基板とmain基板が干渉してしまい、もうちょっと下に持ってきたいのにできないため。
 そして、もう一つ、大型ツマミも買ってみたが、こっちは全然ダメだった。何がダメって、ツマミが大きくて、線路電源Onボタン([>]/■)が隠れる。
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0