So-net無料ブログ作成

スピードメーター製作 [S88]

 スピードメーターを作ろうかどうしようか考えていた話で、まあ、まずはS88内で完結させて作ってしまおうと思って、作りました。使った基板は(頒布もしていない)S88 8ch基板です。
 構成は、S88 8ch基板にS88 detector基板を2枚繋いで、AD4,AD5をI2CのSDA,SCLとして使用し、OLEDに繋いでいます。また、給電はUSB経由にしています。全体としてこんな感じです。
re_DSC02314.jpg

 OLEDへの配線は、Ch5,Ch6部分から取って、写真で、赤:5V,緑、GND、黄色:I2C SDA,青:I2C SCLです。I2C用に6.8kの抵抗で+5Vに吊っています。
re_DSC02315.jpg

 OLEDは、DSMainのOLEDライブラリをコピーして使っていますので、一応、大きな数字表示でスピードを表示します。0.96インチは小さい・・・。
re_DSC02317.jpg

 OLED裏側の配線は、こんな感じですが、買うメーカーによって配線が異なるそうなので、お気を付けください。
re_DSC02318.jpg

 で、線路に繋ぐとこんな感じです。
 線路に二点センサをつけ、この間に何秒かかったかでスケールスピードを割り出します。
re_DSC02319.jpg

 今回の基板はケースも作っているので、ケースに入れました。
re_DSC02322.jpg

 OLEDは透明アクリル板に裏からスーパーXクリアで接着しています。
re_DSC02320.jpg

 実際は、コントローラの隣に置いて、周回コースでスピードを測りました。使ったのはKATOのE5系(HO)で、今回は、ACアダプタを15V直流品にしてみました。
re_DSC02321.jpg

 動画です。


スケッチはこちらです。

コメント(0) 

静岡ホビーショーに行った(その2) [その他]

 で、次はモデラーズクラブ合同作品展というのを見ました。実をいうと、「鉄道に舞い戻り」様のジオラマの記事を見て、実物を見に行こうっと思って、電車に乗って、数分後、この方の出展は「静岡トレインフェスタ」で一週間後と間違えていることに気づいたのですが、まあいいかと思って行きました、という残念な話があります。

 電飾、ギミック、鉄道、すごい精巧なもの、で目に留まったものを紹介します。
 まず、スターデストロイヤーが光っていたのでとりあえず撮りました。静岡産業大学模型製作サークルの方のものだと思います。
re_DSC_4967.jpg

 14Specialistの方のトラックです。電飾とディーゼル音がなっていました。Mp3デコーダ系で出来るなあと思いながら見ていました。
re_DSC_4970.jpg



 ききょうやの方の大砲?が載った貨車。存在感がすごかったので。
re_DSC_4974.jpg

 キューロク様の「ある機関区の給炭水線(1/150)」。石炭を積むシャベルあたりが精巧でした。
re_DSC_4976.jpg

 櫻井嘉幸様の「川崎 三式戦闘機 飛燕」。ひまわりの一つ一つが精巧で、ひまわりと戦闘機という構図に物語を感じました。
re_DSC_4987.jpg
re_DSC_4986.jpg

 チーム・ユーロ様の「PER OLAV LUND」?作りが精巧でした。
re_DSC_4990.jpg

 あと、アドック様のガンヘッド。昔見た映画のシーンそのものに見えました。
re_DSC_4995.jpg

 気持ち悪いギミックとしては、
 宮崎メカ模型クラブ様の オウム?


 どてやす?様のダンゴムシ


 帰りはせっかくなので、沼津から御殿場線経由で帰りました。力強く富士山を登っていく電車で楽しかったです。そして、かなり疲れました。


 
 
コメント(0) 

静岡ホビーショーに行った(その1) [その他]

 ゴールデンウィークに遠くに行かなかった反動でちょっと遠くに行ってみたくなり、土曜日に静岡ホビーショーに行ってみました。静岡県はまあ隣の県ですし。
 藤沢の家を朝の7時に出て、着いたのは10時半。120㎞の道程で電車賃は2500円ぐらいで、距離的には成田に行くぐらいだから遠いということは無いですが、箱根の山を越えるとJRも変わってしまいますし遠くに来た気分になります。
 で、久しぶりに乗った211系。懐かしい気もします。
re_DSC_4932.jpg

 静岡駅から会場までのバスの運転手がとても下手な人で、クラッチや加減速で転びそうになり、長旅の後によい筋トレになりました。そして、会場に到着しました。
 このごろテレビで見かけた8輪の戦車?(16式機動戦闘車)が展示されていました。テレビでは、戦車より速いとか言っていたような気がします。
re_DSC_5006.jpg

 そして、会場内です。
 トミックスで、カニ25の車内の配電盤が光っているんですって。本物見たことないですが。あとはTNOSも展示していました。
re_DSC_4934.jpg
 
 トミックスはそのぐらいです。185系がそのうち発売されるということで、できたらその顔の出来栄えを見ておきたかったのですが、展示されていませんでした。
 で、バンダイに行ったら、ランドカルリシアン仕様のミレニアムファルコン号がありました。青いんだ。
re_DSC_4936.jpg

 Bトレで、箱根登山電車がありました。Bトレにしても長さにあまり違和感がないように感じました。
re_DSC_4938.jpg

 小田急の70000形GSE(新しい赤いロマンスカー)もそのうち発売されるようですね。まだ、本物見たことないけど。
re_DSC_4941.jpg

 Katoでは5月下旬発売と思われるキハ110(HO)を初めて見ました。ゴールデンウィークにホビセン行ったときは、展示されていませんでしたので。
re_DSC_4943.jpg

 スマートコントローラのデモもしていました。
re_DSC_4946.jpg

 そのそばでは、トレインテックがこちらも無線コントローラをデモと物販していました。
re_DSC_4966.jpg

 会場で19,800円で売っていたようですが、アマゾンで普通は29,800円なんですね。ちょっと高い気もしますが、Katoのスマートコントローラ(10,614円)サウンドボックス(16,589円)と考えると、通常価格としてはカトーのほうが安めということ?

 で、ウッディージョーというメーカーから、木造の電車が出ていました。今回一番ほしいなあと思った製品です。
re_DSC_4949.jpg
re_DSC_4952.jpg
re_DSC_4956.jpg

 以上。その2に続く。


コメント(0) 

E5系のスピード [その他]

 せっかく、E5系(HO)のフル編成になったので、子供と遊んで見ました。
 以前に6両編成にした状態で、8畳間では直線ぎりぎりだったのですが、やっぱり10両にしたら、直線に入らなくなりました。部屋の広さが残念です。
re_DSC02312.jpg

 で、スピードどのくらい出るんだろうと思って、測ってみました。
・WikipediaによるとE5系の全長は253m→1/87で2.91m
・12V直流(秋月のACアダプターです)を入れてカトーのパワーパックでスロットルを最高にして計測
・電車の通過時間は3.65秒(目押し)
→秒速0.797[m/s]→2.869[km/s]ということで、87倍してやってスケールスピードは249.5[km/h]
その時の動画です。


 250[km/h]相当で走るのもすごいですが、それよりも2秒程度でカーブを曲がり180度方向転換しているって、そこらのジェットコースターよりも恐怖の乗り物なんじゃないかということかなあと思いました。

 この話はS88でスピードメータ作れないかをちょっと考えて、計算をしていたのですが、S88は早くしても通信が遅いため、検出が0.2秒刻みです。で、カッコよく小数点以下まで刻んだようなスピードメーターはできないという結論で、断念しましたが、一度スピード測っておくかと思いやってみました。

 
コメント(2) 

秋葉原に行った。 [その他]

 さて、昨日は絵師100人展を見るのと、鉄道模型の物色に秋葉原に行きました。
 まず、絵師100人展です。
re_IMG_20180502_110131.jpg

 本日はマクロスのキャラクターデザインで有名な美樹本晴彦さんのサイン会があり、朝10時ぐらいに行って図録を買うとサイン会の抽選券もらえるということで、9:50ぐらいに会場に行きました。結構並んでました。並んでいる最中に、UDXからソフマップを見ると「誕生、赤い彗星」ですって。
re_IMG_20180502_095709.jpg

 これって、スターウォーズでいうと、ダースベーダーの誕生したエピソード3にあたるのかしらとかわけのわからないことを考えていましたが、キャッチコピーは狙っていますよね?

 そして、抽選結果発表の12時までF-modelsやタムタムやポポンデッタをうろうろして、E5系ハヤブサ(HO)の増結セットが売っていないか見ていました。Mp3V5スケッチのVVVF作るなら、なんとなく載せる車両を考えておいた方が進むしと思って(いや、車両欲しいだけだろ?)。ポポンデッタでは中古が22000円(税抜き)、タムタムでは新品が19600円(税抜き)で売っていたので、即タムタムで買いました。
re_DSC02309.jpg

 いや、5/3からのホビーランドぽち鉄道模型フェスティバル秋葉原で物色しようかとも一瞬思ったのですが、MECYさんの鉄道模型市で言われた「ポチは高いよ」の言葉で、ポポンデッタの22000円と変わらなかったら嫌だしと思いやめました。
 あと、VSE HOの増結もほしいなあと思いつつ、F-modelsで価格を聞いたら、トミックスのHOは2割引きとのことで、40000円(税抜き)だろうから税込みで43200円というところか?ということでやめておきました。そんなにお金ないし。

 で、12時の抽選結果でめでたく当たっていたので、19:00開始のサイン会まで暇つぶしする必要がありました。一度家に帰ると、往復で3時間の時間と2000円の交通費がかかるので、せっかくだから秋葉原近辺で時間つぶしをすることにしました。
 まずは、有楽町に行って、マギレコの原画展を見ました。まあ、ファンには楽しめると思います。
re_IMG_20180502_141828.jpg

 写真は撮っていませんが、有楽町駅を降りて、丸井の前からJRの高架を見ると、N700Aがひっきりなしにスローで通り過ぎて行くので、かっこよくて見とれていました。
 近くにテンショウドウもあるということで、寄ってみました。
re_IMG_20180502_145916.jpg

 店内にはキハ58が4両で走っており、カンタムが前後の2両に入っているようでした。店員さんと目が合ってににらまれたような気がするのですが、そんなに怪しい行動とっていないとおもうんだけどなあ。
 なかなか時間がすぎないので、今度は末広町にもどって、ラブライブというアニメを見てから行って見たかった神田明神に行って見ました。写真は筋トレに使っていた気がする男坂です。
re_IMG_20180502_151900.jpg

 神田明神内はアニメとのコラボでいっぱいで不思議な空間でした。さすがビジネスの神様です。神社の奥にマンションが立っているし、かなりシュールな風景なので、写真を撮っておきました。
re_IMG_20180502_152527.jpg

 そうそう、秋葉原駅のホームにデスクトップステーションで見かけるマークがありましたが、これは何でしょう?(勉強しろよって)信号機注意?
re_IMG_20180502_134830.jpg

 まだまだ時間は余っていますので、秋月電子に行って、ホールセンサ、RJ45端子を買い足して、この頃キハ58系で使ってなくなってしまった白色LEDを買いました。次に千石電商に行って、キハ58系の制限抵抗(560Ω)を変えるべく3216の表面実装抵抗を何種類か(100~400Ω位)買いました。そして、aitendoに行ってOLEDを買っておきました。家にDSシールドがいくつかあるので。
re_DSC02310.jpg

 それでも、時間が19:00にならないなあと思って、ふとビルの上のほうを見上げると、ネットカフェがあるのに気づきました。で、後はネットカフェで、漫画読んでました。いろんなところ行かずに最初からネットカフェに行っておけばよかったと後悔しました。
 そして、サインもらいました。サイン会というものに生まれて初めて行ったので、とても緊張しました。
re_DSC02311.jpg

 家に帰ったら夜の9時で疲れました。

コメント(2) 

S88 Magを作る [S88]

 S88 Magって何?という話があると思うので、説明します。
 スマイラーさんが、鉄道模型市用のレイアウトで、S88光検知式を改造して、磁気検知式を作成しました。模型市では動かせず、原因は特定できていませんが、私のほうでも実物での確認を開始しました。
re_DSC02308.jpg

 こんな感じで、磁気センサをつけ、オシロとかで見ながら波形を確認しました。
試した素子は秋月の素子です。(スマイラーさんのを大いに参考にしています)
SK8552G
SK1816G(ラッチ)
VCCで吊っていないとか細かい違いはありますが、センサの読み込み周期を考えると、ラッチありの方が取りこぼさないかと思ったのですが、どうも、磁石が近づいて、遠ざかるときにN,Sが変わってしまうようで、ラッチがあるくせに、HighとLowがパタパタと変わってしまうため、ラッチなしの8552G にしました。
 で、まあ、3Vぐらいあれば動くようなので、LED駆動するところをVCCとしてそのまま使い(制限抵抗も一緒のまま)、本当はDigitalReadでやるところをAnalogReadでやったりとか確認しましたら、
---------------------
int diff_value_threshold = 200;

int diff_value_threshold = 400;
---------------------
と、光検知式ならLEDが光っている時と光っていないときの差分を閾値としているのでが、ここを少々大きくすることで、抵抗などの基板の抵抗を変更せずにそのまま対応できそうなことが分かりました。
 今後、S88 Detector基板(線路に着ける方のセンサ基板)の形をMag専用を作って、沢山つないで確認してOKかどうかを確認しようと思います。

コメント(0) 

TwayDCCさんからOLEDもらったのでDSシールドにくっつけて自動運転 [自動運転]

 さて、ちょっと遅れましたが、鉄道模型市にお越しいただきありがとうございました。いろんな方から貴重なご意見をいただき、やることが増えてしまったような気もします。
・S88_Magをつくる。
・疑似音VVVFのクオリティーを上げる。
・キハ58のホーンが違う(いまのは機関車のホーン)ので、ちゃんとする。
・計器付きコントローラ作る。
など。前向きに検討しようと思います。が、最初から上記に上げたもの以外からスタートです。
 まずは、DSシールドにせっかくもらったOLEDを付けます。そして、DSMainR5のソースから、OLED部分(OLED.cpp.OLED.h)を取ってきて、スケッチ(inoファイル)にそれっぽく書いて繋いだら動いたので、デバッグに使用することにしました。
re_DSC02303.jpg

 0.96インチのOLEDのアップです。15文字*7行ぐらいでしたっけ?
re_DSC02307.jpg

 1,2,3行目がソフトのバージョンで、4行目が自動運転のステート、5行目がS88の状態です。
 結構、デバッグは便利です。
 でも、これだけだと、「表示はできているが、ちゃんと電車にまで指示が飛んでいるのかが分かりません」ということで、見るだけ君を付けました。今までは、QIコネクタでフィーダーから分岐していましたが、Yaasanさんの鉄道模型市の見るだけ君のつなぎをみて、線路からワニ口で取る方法をマネすることにしました。少しだけ通っぽい感じがするし。
re_DSC02306.jpg

 そして、S88も付けますが、今回は作り途中のS88 8chです。まあ、今までの6ch用との違いは、「ケース作って、省電力にして、8chにした」です。まあ、でもマイナーバージョンアップみたいなものです。
 そして、字度運転のレイアウトはこれです。単純往復ですが、今回は4ch使用します。
re_DSC02304.jpg

 動きは
(1)センサ①を踏んで停止、方向転換、エンジン起動、警笛、出発、速度50%
(2)センサ②を踏んで、速度100%に加速
(3)センサ③を踏んで、速度25%に減速
(4)センサ④を踏んで、停止、方向転換、警笛、出発、速度50%
(5)センサ③を踏んで、速度100%に加速、
(6)センサ②を踏んで、速度25%に減速
そして(1)にもどるという自動運転をDSシールドのAutoR1を改造して、作っています。
動画は以下です。
何が言いたいかというと、加速や減速を途中に入れることによって、とても人間らしい?本物っぽい?運転になるということです。減速の所で言うと、今日、山手線見たら、減速の所に白いセンサ(ATC地上子?)が止まる手前に5個ぐらい置いてあり、模型でも、今後の運転ではもっと細かく制御してしまおうかとも思いました。


スケッチはこちらです。OLEDと自動運転の参考にどうぞ。


コメント(2) 

ホビセンHOオーナーズレイアウトでキハ58とDSAir [ds-DCCデコーダ]

 4月28日にホビセンに行って、HOオーナーズレイアウトでキハ58(DLスケッチ)とスペンサー(SLスケッチ)を走らせてみました。せっかくですので、コントロールはDSAirでスマホとタブレットで子供が1時間ほど走らせましたが、とくに問題ありませんでした(スペンサーはよく脱線していましたが)。ぐるぐるレイアウトを回りながら操作するのは、ラジコンっぽくて楽しいです。
 re_DSC02287.jpg

 で、動画です。とりあえず、顔にはモザイクかけています。


 こっちはキハ58の音がどんな感じかという動画。


 ところで、明日というか本日4/30(月)は鉄道模型市で、DCC電子工作連合も出店しています。興味のあるかたはぜひお越しください。
 なお、私フジガヤ2としては特に今回は売り物はありませんが、デモのため会場には居ります。キハ58を持っていく予定です。

コメント(0) 

鉄道模型市用のデモ検討 [自動運転]

 さて、来週の鉄道模型市用にキハ58のデモでも考えようかと思って、DSshieldを使ったデモを作りました。MECYさんがC59用のデモを作っており、それで、デモができる事を思い出しました。
 作ろうとしているデモは、キハ58が前後進しながら、汽笛を鳴らすものです。一応起動音も入れていたので、一往復ごとにエンジンも入れなおすことにします。DSshieldはS88の入力もありますので、自分のS88(光入力)で検知することにします。
 全体の感じは以下の写真です。
re_DSC02281.jpg

 DSShieldの自動運転はDSshieldAutoのページで説明されています。
・最初、電車のDCCアドレスを入れても動かず、見るだけ君で見ながら悩んでいました。結局、MECYさんのBlogや、Wikiの説明を見ながら、DCCのアドレス3にアクセスするには「ADDR_DCC + 3」とするということが分かるまで、ちょっとかかりました。
・CMD_Waitが時間を待つ命令だと思われるのですが、CMD_Wait内に「//なんか時間が合わない。Timer0のプリスケーラがおかしい?」と書いてあり、確かに時間が変な気がします。よくわからないけど代わりにDelay(ms)を使いました。まあ動いているからいいのか?

 と、引っかかった後に自動運転できました。DesktopStationのソフトと違い、普通にCの変数はフラグを使いたい放題なので、かなり自分好みに作れます。

で、できたもののユーザープログラムの説明は以下です。
有志のスケッチからダウンロードできます。dsshieldauto_f180422_1.zip)

void user_init(void)
void user_program(void)
内の話です。

・タスク1で200msごとにS88の状態を読み取ります。
・タスク2で200msごとにS88の0chと1chのうち指定された方のセンサ値だけ内部変数に入れます。
 その後のループは
・0chを見張っているとき(event_a)、0chが反応したら、0chも1chも反応しないように変更して、列車を止め、エンジンを止め、方向転換をし、エンジンを点け、汽笛を鳴らし、発車し、今度はセンサの1chだけ反応するようにします。
・1chを見張っているとき(event_b)、1chが反応したら、0chも1chも反応しないように変更して、列車を止め、方向転換をし、汽笛を鳴らし、発車し、今度はセンサの0chだけ反応するようにします。
の繰り返しです。

 あとは、この列車デモも入れた鉄道模型市用のレイアウトを実寸で作ってみました。
re_DSC02283.jpg

 今回は自動運転用周回コースがあり(中央の盛り上がったところ600mm*900mm)、その外側にN用(C280)の周回コースを作るとのことで、一番後ろにHOを置くと、かなり、窮屈になりそうです。
 なお、左上に置いたスペンサーはC59のつもりです。
 せっかくだから、キハ58の自動運転の模様です。右側にときどきこそこそ走っているのは昔作ったスマイルデコーダーのSoundOptionのSLスケッチです。


 他の物も手に取れるように陳列すると思われますし、一番手前のNへのお子様アタックの可能性も高いので、手前の安全を考えて奥のキハ85のHO削除もありかなあとも思います。
 関係者の方ご意見ください。

コメント(2) 

ナイアガラに行った [その他]

 昨日の土曜日は祐天寺のナイアガラ(汽車が食事を運んでくるカレー屋さん)に子供と行ってみました。
re_IMG_20180421_120925.jpg

 11:00開店で11:20ぐらいに行ったら満席で、11:50分ぐらいに席に着けました・・・。カレーはハンバーグカレー中辛を頼みました、甘辛でおいしかったです。
re_IMG_20180421_115635.jpg

 汽車が運んできますが蒸気音のサウンド付きじゃないのがちょっと寂しいです。
re_IMG_20180421_115336.jpg

 子供は新幹線カレーを頼んでました。300系のテールライトですかね?
re_IMG_20180421_115203.jpg

 蒸気機関車にはフチ子が乗っていました。
re_IMG_20180421_115233.jpg

 古いナンバープレートや
re_IMG_20180421_114837.jpg

 大垣夜行?の札や
re_IMG_20180421_114911.jpg

 スリーナインのトレインマークなど、
re_IMG_20180421_114932.jpg

 とても興味深かったです。

 東横線に乗って行ったのですが、東横線は信号機が全然なくて、前面展望が少々さみしかったです。
 後は乗務員室の「室」という漢字の形が面白いと思いましたが、これってどの電車もこれでしたっけね?
re_IMG_20180421_124229.jpg

以上。



 

コメント(1)