So-net無料ブログ作成

Masconにスピードメーターと圧力計をつける [S88]

 明日はJNMAフェスティバルを見に行こうかなあと思っております。
 さて、5月からS88 Masconにスピードメーターと圧力計をつけようとずるずるとやっております。
 最初はダイソーの100円時計でやってみて、まあ、それなりですが、360°が60分割のため、2km/hごとパタパタ値が変わるのと、時計の逆回転はスピードが遅いため、自己満足レベルでは満足レベル高いのですが・・・という感じでした。
 ということで、角度をちゃんと制御するならステッピングモーターだということで、秋月でステッピングモーターを買ってきて、制御実験を繰り返していたのですが、MDP-35Aは48ステップで時計より回転角が荒く、DRV8835を使用して、適当なPWMを使用したマイクロステップのスケッチを書いて、どうかなあとやっていました。
 しかし、マイクロステップ時に角度が等間隔にならず、出来が100円ショップ時計未満でしたので、ボツとしました。
 で、SPG27-1101が360°で120ステップということで、こっちを採用することにしました。100km/hまでの目盛りなら、1km/hで1ステップ動かすことになります。(本当はこのSPG27-1101でもマイクロステップを試してみたのですが、こっちもダメでした。ステッピングモーターではなく、私のスケッチかドライバの問題かと思います)
 そして、一応完成です。
 システムは、DSMainR5、S88 Masconと繋ぎ、S88 Masconからスピードメーター、圧力計を制御します。
re_DSC01645.jpg

 実験中ですので、ブレッドボードがスパゲティのようになっています。
re_DSC01646.jpg

 前回の時計流用品はメーター一つあたり108円(ダイソー)でしたが、今回は650円(モーター350円+ドライバ300円)です。二つで1300円。このごろ散財が激しいので、基板を作るかどうかは未定です。

 で、動画です。今回のは前のよりもいい感じです。子供も、「100キロ!」とか言いながら喜んで遊んでいました。やっぱり液晶と違ってアナログメーターは直感的にスピードが分かるような気がします。ただ、子供が「スピードが変わるとカタカタって聞こえるの?」と聞いてくるので、これは偽物だからね、と本物と違うことを断っておきました。(ステッピングモーターの音が結構うるさい)



参考に以前の100円時計のものの動画です。