So-net無料ブログ作成

HO線路を追加した。 [その他]

 さて、今まで持っていたHOの線路はR490で、ベニヤ板(約1800*900)に入れようとしても乗らず、どうしても往復運転になってしまうので、R370 4セットを衝動買いしてしまいました。
re_DSC01250.jpg

 これで、への字型の周回レイアウトができるようになりました。
re_DSC01252.jpg

 すれ違い部分も二つ設けたので、2列車の逆方向の周回運転もできます。
 で、30分ぐらい江ノ電のタンコロで遊んでいたらいろいろと課題が見えてきました。
・S88 Masconは250ms周期でデータを送信するのだが、反応が遅く、駅に止めるのが大変。
→100msぐらいにするか?
・タンコロを一度止めたあと、動かすと、VVVFスケッチは以前の波形が残っていて走り初めにプッ!という。かなりおかしい。
まあ、一つ一つ直していくとしましょう。

ターンテーブルの回路図を書いた [ds-DCCデコーダ]

 なんか、クモハ40(HO)がいつの間にか発売延期になっています。2両セットのほうは1月末発売ですが、金銭的に強気に買うという選択肢はないので、待つことにします。
 で、本題ですが、1月初めにスマイラーさんと話していて、作るターンテーブルのDCCデコーダは、
・旧トミックス(12V)、新トミックス(5V)、カトー(3.3V)共用にする
・原点リセットスイッチをつけておく
・原点センサ+位置センサ用にコネクタをつけておく(5V,GND,OpSensor1,OpSensor2)
・液晶も一応つくようにする。
・線路電源の反転回路もつけておく。
という仕様になりました。
 で、これが回路図です。結構大きな回路になりました。10cm*10cmかなあという感じです。
 まだ春節まっさかりですし、気長に作っていくとします。
Arduino_TurnTable_K2.PNG

S88 MasconをDSMainR5で動くようにしてみたが・・・。 [ジョイスティック]

 NuckyさんがS88 MasconのDSMainR5での対応を首を長くして待つとのことででしたので、まあ、とりあえず、DSMainR5のソフトを眺めながらDSJoyのソースをくっつけてみました。もちろん土曜日の朝っぱらやって、今やっとなんとなく動いた感じです。
re_DSC01249.jpg
 DSMainR5用のスケッチはこちら(MR5Nano_r31.zip)です。
 使い方はスケッチをDSMainR5のNanoに入れます。そしてConfigのRJ45をJYにします。
 その下にOCLvというのがありますが、これは電流遮断機能らしいです。よくわかりませんがとりあえず8Aのままにしておきましょう。
 さて、いろいろと動作する上での断りを入れておきます。
・Throttle over S88-Nプロトコルにはアクセサリ用動作がありますが、なぜかこれを呼ぶとDSMainR5のPowerが消えることがよくあるのでChangedTurnOut部分はコメントアウトしてしまっています。
・現在の入れ込み方だとどうも時々速度指令がすっぽ抜けることがあります。特に、ブレーキでスピードを0にしたにもかかわらず、電車が低速で走り続けることがありました。たぶん、250msごとにThrottleS88のルーチンを呼ぶのですが、マスコンから取り込むときはほぼ2電車分のパラレルです。そこから、矢継ぎ早にシリアルに速度命令をDSCoreに送るのですが、そこで抜けてしまっているのかなあとか思っております(適当な推測です)。ThrottleS88は同じ速度は1度きりしか送りませんのでそこら辺を直したらよいのかもですが。
・2コントローラまでの動作は確認しました。
・このスケッチのほかの動作(RJ45がJYのモード以外)は確認しておりません。何が起こるかわかりませんので、ご承知おきください。
 ということで、いつでもDSMainR5のPowerボタンを押して全列車非常停止できるようにしておいた方がよいです。
 今回、DSMainR5のスケッチを斜め読みしながら改造して思ったことは、これってどうやってデバッグしていたんだろう・・・でした。
 あと、私のところでは、S88を繋ぐ、繋がないにかかわらず、マスコンに対してS88 Masconの液晶の反応が遅いということはありませんでした。あと考えられることはATMega328は電圧が低くなる?となんか動きが遅くなる(VVVF+Melodyの時)というのがあったような気がするぐらいでしょうか?

S88 Masconは2ハンドルでも動きますよという紹介動画。 [ジョイスティック]

 さて、電車でGo!マスコンの2ハンドルに対応していますというだけの紹介です。
re_DSC01247.jpg
 コメントでも書きましたが、現在
・加速中にブレーキをかけても効かない(加速を戻してからブレーキをかければ効く)
・ブレーキ中に加速レバーを下げても効かない(ブレーキを戻してからならちゃんと効く)
と一部バグっています。
 で、動画です。ちょっとMovieMakerの練習が主だったりしますが。

 で、スケッチなどは直していません・・・。
 

青い箱のキット製作のレビュー [その他]

 さて、明日はなんとホビーセンターカトー東京店での「ホビセンフェスティバル0122」で、DCC工作連合もクモハ40にMp3デコーダを乗せる(前よりも吊りかけ音をよくした)など出し物を出すのですが、なんと今週、私はインフルエンザにかかってしまい一週間闘病生活(というか寝正月の続き)をしておりました。
 で、治ったので参加しようと思ったら、「パンデミックになるからやめなさい!」と複数の関係者から止められましたので、家でおとなしくしております。で、その代わりに青い箱を電気屋の毎日様から頂きましたので、製作と紹介をいたします。
 青い箱は「DCCの車両の設定で頻繁に使うCV値の読み書きに重宝する専用機」で、売りは、「車両、ポイントの試運転機能が追加。CV調整と操作がこれ一台!」です。読み書き以外に車両やポイントの動作もできます。今までも、DSMainR5などでPCにつなげれば一応読み書き、車両/ポイントのすべての動作はできましたが、単体でできるのと、読み込み精度が多分良いかと思います。パソコン外に持ってくと重いですし。
 で、本日、届きましたので、製作しました。製作時間自体ははんだ付けも、表面実装品の2か所を除いて2.54mmピッチなので、動作確認も含めて3時間ぐらいでした。
 まず、内容物です。
re_DSC01235.jpg
 結構たくさんです。タカチの箱は印刷されており、ちょっと既製品な感じがします。
 で、まだ青い箱のWikiは整備されていないようなので、こちらのページの記事の実装写真の通りにはんだ付けしていきます。(今回一番わかりにくいセラコンは0.1uFと1uFでピッチを変えてあるので、回路図すら見ていません・・・。)
 ACS712の上あたりのL字ヘッダはコネクタをスペーサ兼仮止め冶具として使用しておけば物理的な問題はありません。
re_DSC01236.jpg
  TB6643KQ(大きい8本足のIC)の裏側はビスが長くケースに干渉しましたので、取り付け後ビスの飛び出し部分をプラニッパで切ってしまいました。
<前>
re_DSC01237.jpg
<後>
re_DSC01238.jpg
 タクトスイッチが一つ一つ違う方向に延びると嫌なので、一応、向きはそろえておきました。(裏を見ると刻印がある)
re_DSC01239.jpg
 なんかYaasan様のページだと電源スイッチが一般的なものと逆のような気がしたので、Onを上にしておきました。
re_DSC01240.jpg
 液晶の細ピンヘッダのはんだ付け時は一応、両側のねじ止めしてみました。(最終は対角にねじ止めしています)
re_DSC01242.jpg
 なんとなく電源スイッチの裏側がむき出しが嫌だったので、収縮チューブをかぶせておきました。たぶんΦ5~6だと思います。
re_DSC01243.jpg
 組み立て時は先に電源スイッチ線をつなげてから、液晶を固定するのが良いです。逆順(液晶を固定してから電源スイッチのコードを配線する)をすると、組み立ての難易度が超高くなります。
re_DSC01244.jpg
 で、めでたく組みあがりました。
re_DSC01245.jpg
 なんとなく動作させた動画をアップします。気が向いたので、MovieMakerで字幕付けたりしています。

 CV値の書き込みに加え、電車も動かせるので、便利です。
 なお、欲を言うと、ファンクションはUp,Downスイッチで選んでEnterでOn,OffよりもD101のように数字キーをプッシュでOn/Offの切り替えのほうがいいなあと思いました。

S88 Mascon VerUp(1.06) [ジョイスティック]

 さて、来週のKatoホビセンフェスティバルの案内が出ました。私もクモハ40のDCCデコーダ部分で一部絡んでいます。S88Masconも展示する予定です。(DCCつながりということで)

本題ですが、S88 Masconの
・F13までの対応
・現状のノッチの表示(特にワンハンドルマスコンはどこの段かわかりづらい)
をしました。
液晶が8列×2行なので、前進/後進表示が悲しいことになりました・・・。
re_DSC01234.jpg

ノッチの表示は、
EB:非常ブレーキ
B8~B1:ブレーキ
N:ニュートラル
P1~P5:加速
です。

以下はまだです。
・EEPROMでのパラメータ保存
・DCC/MMシールドなどへの対応
ソフトはこちら(K6)です。

S88 Mascon基板頒布のご案内(電車でGoコントローラをDSjoyにつなげる) [ジョイスティック]

 S88 Mascon基板頒布のご案内です。
 現在、スケッチのほうはかなり発展途上ですが、頒布いたします(コネクタとセットで1300円)。と言っても試作版の4枚しかありませんので、希望する方がそれ以上おられる場合は基板を中国に注文しようと思います。対になるDCCコントローラDS Oneについては電気屋の毎日様から頒布されていると思います。
 基板注文先のElecrowの今年の春節はこの予定のようですので、注文する場合は今週末までに頼もうかと思っております。
 Wikiに説明を書いております。
 一応、1月22日(日)に、ホビーセンターカトーのイベントにDCC工作連合の出し物として展示する予定ですので、その際にどのようなものか触っていいただければと思います。
 よろしくお願いいたします。

Re:DCC電子工作連合のロゴ案を勝手に作ってみた [その他]

 電気屋の毎日様がロゴを作ったとのことで、こちらも遊びでMBEで作ってみました。
DCC_Logo.png
 電気屋の毎日様の各パーツをマネしつつ、Googleの画像検索で見つかる電車のイラストをマネしつつ、作ってみました。
 だからこのロゴってば、どっかで見たよなあという既視感がプンプンします。

DSJoy(電車でGoコントローラをS88規格につなげる)一応完成? [ジョイスティック]

 あけましておめでとうございます。
 ことしもよろしくお願いいたします。

 さて、年末は甲鉄城カバネリの総集編前編を見に行きました。装甲した蒸気機関車がゾンビを轢き殺すお話です。というと、いろいろな人に怒られそうですが・・・。わたし的にはとても面白かったです。
 で、年始は例年同様に箱根駅伝の往路を見に行きました。東海大ののぼり旗を持つと粗品がもらえるということで、OBでもないのに旗もって応援して「東海大ゴーフレット」というおいしいお菓子をいただきました。今年は暖かくて応援しやすかったです。強いイメージのある山梨学院大が下位にいるのが少々かわいそうではありましたが。
 さて、本題ですが、Yaasan様のBlogにあるように、DSJoy(という名前になった?)のS88側のコントローラをデバッグしています。「電車でGoコントローラをS88につなげる」です。で、本体側のソフトをYaasan様に制作していただきつつ、マスコン側のソフトも大体できました。(10~11月に制作していたのはとりあえずスロットルだけ動くデモ版のようなもの。)
 で、今回はファンクション部分も加えたので、2列車単線折り返し運転で、子供二人に遊ばせてみました。
 レイアウトは以下です。手前と奥に折り返しがあり、真ん中にすれ違い駅があります。線路はKatoのHO線路なので、最初から左側通行になるようにポイントを設定しておけば、全く切り替えずにすれ違い運転できます。フィーダーも一か所でOKです。KATOの線路はDCCとの親和性が高いです。(知ってるって)
re_DSC01227.jpg
 コントローラの繋ぎは以下で、写真右がDSOne、中と左が電車でGoマスコンです。S88でつなぎます。
re_DSC01228.jpg
 実際にどもが遊んでいる写真が以下ですが、やっぱり加速5と非常停止だけで操ろうとして、事故ばかり起こしていました・・・。車止めに衝突すること複数回・・・。プラレールより高価なんだけど・・・。
re_DSC01230.jpg
 で以下が動画です。 まだ練習不足でうまくないのですが、2時間ぐらいああでもないこうでもないと二人で夢中に遊んでおりました。終わった後感想を聞いたら疲れたと言っていたので、結構神経を使っていたかもですが・・・。
 
 スケッチですが、
DSJoy側のスケッチDSOneに入れる。Yaasan様作)
S88マスコン側のスケッチ(Mascon基板側に入れる)
です。
 現在、DCC/MMシールドやDSMainR5用のスケッチはありません。たぶん、上記ソースの改造で行けるかなあとも思いますが。
 Wikiを整備してから希望する方がおられましたら頒布いたします。少々お待ちください。
残項目としては、
・ブレーキ音、ブレーキの空気抜けの音、ノッチオフ音を連動させたい。
・3つ以上のマスコンの確認
・列車の反応が遅いことがあるので、S88の周期を短くする実験(現在250ms周期、これを200~100msにするか?)