So-net無料ブログ作成
検索選択

C11蒸気音再び [ds-DCCデコーダ]

 昔Yaasan様のサウンドオプションと私のアンプ386基板を組み合わせて作った蒸気音ですが、嬉々として鉄道模型市で見せびらかそうと思って持っていきましたが、周りの音が大きくて、全然聞こえなくて悲しい思いをしました。
 で、最近、なごでんの日記様からブラックキューブスピーカーを頒布いただいたので、多分これで音が大きくなるに違いないと思いながら以前の秋月電子のスピーカーからなごでんの日記様のスピーカーに変えました。
 まずは以前のオハ47の状態です。
re_DSC01218.jpg
 で、ブラックキューブスピーカーを隣に置きつつ、トイレと端の席は撤去することに決めます。
re_DSC01219.jpg
 で、適当にホットナイフで撤去しました。
re_DSC01220.jpg
 で、載せましたが、ブラックキューブスピーカー、思ったよりも大きく屋根と床に引っかかってボディーに入りません。
 re_DSC01221.jpg
 ということで、屋根下のボディーをホットナイフで削り落としました。
re_DSC01222.jpg
 めでたく入りました。(一部ボディーが膨らんでいて微妙ですが。
 で、動画です。音も大きくなったし、良くなりました。でも。うるさいところ行くとやっぱり聞こえないんだろうなあ・・・。


鉄道博物館(大宮)に、また行った。 [その他]

 有休をつなげて今日から正月休みにしたので、子供と一緒に鉄道博物館に行きました。一番上の子供には拒否られたので家に置いていきましたが・・・。
 で、てっぱくのジオラマがお休みの代わりかどうかは知らないですがトミックスのジオラマや製品が展示されていました。
 なんとなく買おうかなあと思っていたN-DU204-CL、展示されていたN-DU202を見ていてマスコン部分が思ったよりも小さかったので、なんとなく躊躇し始めました。
re_DSC01194.jpg
 ジオラマは割とすいていましたので(鉄道博物館自体が空いていましたが)それっぽい写真を撮っておきました。
re_DSC01201.jpg
 あとはお目当ての初めて買ってもらったベーシックセットについていた185系の踊り子号があったので思わず写真を撮りました。顔の形がかっこいいです。本物はよく東海道線で見かけますが、本物の顔はもう少しブサイクです。少し前にKATOの185系(リバイバル色)を買いましたが本物に忠実にブサイクな顔に仕上げていたので、違和感を持っていましたが、まあ、最初に持っていたTomixの方がちょっと嘘だったんだよなあと納得しました。
re_DSC01203.jpg
 あとは、ホビーセンターKATOで特売で買った形式6000のコンテナが展示されていました。最近のコンテナよりもちょっと小さいです。
re_DSC01206.jpg
 予約しているクモハ40(HO)の本物も展示されてました。
re_DSC01210.jpg
 吊りかけ音が楽しめるシートが中にあります。
re_DSC01214.jpg
 よくわかりませんが、あすなろう鉄道や江ノ電の吊りかけ電車のほうがいい音していると思いました。(振動はよくわかりませんが)
 あとはミスターモーターマンが売店に売っていて、運転を試すことができました。電車をストップさせてからワンテンポ遅れて電車が止まるのと、スピードが最高速/停止みたいな感じなので、おもちゃだなとおもいました。子供がサンタさんにもらったぼくが運転!マスコン北海道新幹線はやぶさのほうが運転のレスポンスなど良いかなと思いました。(いろんな音鳴るし)

Katoターンテーブルの制御 その2 [ds-DCCデコーダ]

 さて、その2ですが、ArduinoUnoで動きましたのでひとまず終了です。
前回で、トミックスと同じで行けそうということが分かったので、今回はトミックスの時のブレッドボードをそのまま使用します。(壊さないでよかった)
 re_DSC01192.jpg
 で、ターンテーブルにじかに繋ごうと思ったら、コネクタ部分が2.54mmピッチよりも間隔が微妙に小さいため、細めのピンヘッダを駆使して、接続です。
re_DSC01193.jpg
 で、トミックスとの違いは、
・位置決めセンサのOnOffが逆
・ロックモーターのF/Rが逆(私が考えていたのと逆というだけ)
・Katoの駆動は3.3V(Tomixは点滅LEDありのため多分5V)
 細かなWaitの違いはありますが、大まかな制御は全く一緒です。
1.ロックモーターを外す
2.回転させる
3.センサが位置決めポイントまで回転させ続ける
4.センサが位置決めポイントに来たら回転中止
4、ロックモーターでターンテーブルをロック
 ということで、備忘用の回路図は以下。
Arduino_TurnTable_K1.PNG
 DCCFestの時にへのへのもへじ様からお聞きしましたが、線路電源が問題になるとのこと。
 リレーで反転させようかなあと思っています。
 スケッチはこちら
 一応動画は以下。(本当に芸もなく動いているだけです)

Katoターンテーブルの制御 その1 [ds-DCCデコーダ]

 さて、昨日まで出張だったのですが、結構早い時間に帰れたので、ついでにまたあすなろう鉄道に乗って帰りました。猫屋線がナローでデコーダを入れると、重心がかなり上に来るせいで、列車が左右にふらつきながら走るのですが、本物もっかなりふらつきながら走っていて、(原因が同じかどうかはよくわかりませんが)面白いと思いました。
 で、今日は、子供のインフルエンザ予防接種や予約したケーキを取りに行ったりとかしていたら、一日終わりました。
 そして、Katoのターンテーブル20-283のDCC制御のための実験を開始です。
 とか言って、今回はターンテーブルを取り出して、普通に動かしただけです。
re_DSC01191.jpg
 技術的な話は、へのへのもへじ工作室様のKATOターンテーブルをhack?する記事を見ながら、配線の各信号を見ました。(実際に確認しているわけではないです。)そして、多分トミックスの配線と機能的なところで一緒なことが分かりました。風邪の噂で、Katoのモーターの駆動電圧は3.3Vと聞いているので、3.3V駆動でやってみようと思いますが、そうするとスケッチもトミックスのものが流用できる可能性が高そうです。
 駆動用のArduinoUnoの予備がなさそうなので、中国の互換品を買うかAitendoに行くか思案中です。
 忘れてはいけないのが、ターンテーブル180度回転で線路の極性が変わるからそれに合わせての対策です。まあ、Arduinoで極性を変更できるようにしておこうと思います。

猫屋線をDCC化+ディーゼル音 [ds-DCCデコーダ]

 (最初に宣伝を)
 DCC電子工作連合が1218ホビセンフェスティバルに参加します。詳しくは、電気屋の毎日様の記事でご確認ください。(私は他に用があり出られません)

 さて、今日はせっかくなのでスターウォーズのローグワンを見に行きました。昨年のフォースの覚醒?はかなり残念でしたので期待していなかったのですが、とても面白かったです。ただし、3D用に作っているためか、奥行きを出そうとして、制作者が見せたい中心部分以外の手前と奥がピンボケになるため、かなり映画として見づらかったです(私が見たのは2Dの吹き替えです)。SFって、背景の細かいところが楽しいので、みんな人物なんか見ないで、背景見ていると思うのですが、そんな背景がすぐにピンボケになる。私の見方が変なのですかねえ?
 今年の後半は、わたし的に、ゴジラ、君の名は、聲の形、この世界の片隅に、ローグワンと当たり映画が多いです。
 で、家に帰ってから、まず、あやのすけ様のところで見てほしくなって買ってしまったOLED2種(これこれ)を試しました。amazonのレビューに書いてあった通り、描画が遅いです。I2C版を買ったのですが、SPIだともう少し速いのでしょうか?。発色はとてもきれいです。
re_DSC01188.jpg
 そして、猫屋線をDCC化しました。
 まあ、鉄コレ動力から線路の線とモーターの線を引っ張り出して、Yaasan様から評価用にいただいたDSDecR5とアンプ386基板となごでん様のキューブスピーカーをつないで、少し前に作ったディーゼル音スケッチ(不評)をいれただけですが。
re_DSC01189.jpg
 容積を増やすために、中の窓パーツは天井部分をくりぬいています。
re_DSC01190.jpg
 途中、アンプ386基板での電源供給+12VとGNDを逆挿ししてしまい、電解コンデンサが破裂して、猫屋線から爆発音と煙が出ましたが、(そして、アンプ386基板が一枚逝ってしまいましたが、)予備を使って、どうにか作りました。(予備基板はカットオフ周波数が700Hzとちょっと低い)
 動画は以下です。

 本物のノッチオフ時はアイドリングではなくエンジンブレーキみたいなモード(無音?)かもです。
 DSDecR5はモータードライバにサンケンのを使用していたと思いますが、今までのロームのに比べ癖があります。
 サンケンのではCV2:120、CV5:162で、ロームだとおそらく鉄コレはCV2:30,VC5:80程度となると思います。速度の上がり方が線形でなくて、速度が40%以上では変わらないなど、特性が使いづらいような気がします。

1218ホビセンフェスティバルに出展します

 (ここを訪れる人は知っていると思いますが、念のため)、表題の件ですが、DCC電子工作連合が1218ホビセンフェスティバルに参加します。詳しくは、電気屋の毎日様の記事でご確認ください。
 で、今週の土日は上記デコーダのデバッグなどをしておりました。
 当たり前と言えば当たり前ですが、DSMainR5(12V ACアダプタを使用)で走り出しと最高速の調整しておいた電車をD101(15V ACアダプタ)に繋ぐと、明らかにモーター走り出し/最高速が変わってしまって、面白いなあと思いました。
 あとは、子供がサンタさんからぼくが運転!マスコン北海道新幹線はやぶさが欲しいと言っていたので、ネットサーフィンしていたら、プラレールの無線がらみで、M3エンジンというものがあるらしいです。

 多分、こちらがホームページだと思うのですが、・・・、おそらく、とてもすごいもののような気がするのですが、素人的に突っ込むと、何をするものなのか、何ができるものなのか?かなりわかりづらいと思いました。通販も「この商品は郵貯銀行の払込取扱票を同封」とか・・・、とおもったら、Amazonでちゃんと売っていますね。
 今日は、車両の修理を頼みにKATOのホビーセンターに行っていました。HOの所で天賞堂の汽車が何台も蒸気音をさせながら走っていました。
 よく考えると、このごろディーゼル音を16KHzでADPCMで再生できたので、蒸気音もいけるかもと思いました。まあ、時間できたら考えようと思いました。
 で、特価コーナーに6000形のコンテナがいっぱいありました。一個100円だったので安いような気がしたので10個買いましたが、あとでネットで確認したら、そこまで安くはなかったかなあと、ちょっと思いました。
re_DSC01187.jpg

VVVF音和音 [ds-DCCデコーダ]

 今日は(というかすでに昨日か?)は江ノ電のタンコロ祭りに行きました。まあ、目新しいものとしては、なぜか湘南モノレールのゆるキャラ「しょもたん」がいました。もちろん、「えのん」と「あらん」もいましたが。江ノ電の部品が売っており、ホーンが3000円だったので、一瞬買おうかと思いましたが、部屋に置くとしまう場所に困りそうだと、冷静に考え直して、やめました。
 で、せっかく極楽寺まで来たので、稲村ケ崎とか海で遊んでから帰りました。冬は太陽が低いので、まぶしいです。
 本題ですが、VVVF音は、このごろ22KHzの周波数にノコギリ波を乗せるようにスケッチを変えたので、ノコギリ波を複数入れてやれば、これまでよりもきれいに複数音が鳴らせそうだということで、スケッチをいじっていました。
 最初、以下のように波形を作る割り込み(45usごとに呼ばれる)を作ったら、悲しいことに割り込みが重すぎるようで、プログラム自体がほぼ動かなくなりました。
void vvvf_int1()
{
//波形生成用interrupt
//和音
unsigned int pwm_state = (pwm_state1 >> (pwm_shift+1)) + (pwm_state2 >> (pwm_shift+1));
Timer1.setPwmDuty(VVVF_SOUND_PIN, pwm_state);
pwm_state1 += pwm_add1;
pwm_state2 += pwm_add2;
}
(ここでPWM_Shift=8)
 どうも、ビットシフト命令は1ビットシフトに1クロックかかるようで、ビットシフトをたくさん入れると処理がおもくなってしまうようです。
で、いろいろと試して、
void vvvf_int1()
{
//波形生成用interrupt
//和音
unsigned int pwm_state = (pwm_state1 >> 1) + (pwm_state2 >> 2);
Timer1.setPwmDuty(VVVF_SOUND_PIN, pwm_state >> pwm_shift);
pwm_state1 += pwm_add1;
pwm_state2 += pwm_add2;
}
としたら、計算量も減ったようで、まあ、動くようにはなりました。ちょっと音質が悪くなったので、ときどき割り込みが間に合っていないようですが。
(こうすると軽くなるというお話がありましたら、誰か教えてください)
 で、せっかくだから、東海道線のE231系の音を作ってみました。
 参考にした動画は、こちらで、
 これをWaveToneで解析しました。(どういう音が出ているかと大体の周波数の目星をつけるため)
E231_2.png
 東海道線のE231は墜落インバーターというやつらしくて、最初一定音でそこから音が落ちます。そのタイミングあたりから、いわゆる速度比例の音が低音から始まり、墜落が終わった後に中音から高音に上がる音が一つあり、その後は速度比例の音だけが残るような感じです。
 で、音だけですが、動画です。まあ、ノコギリ波ですので、実際の電車の柔らかい音にはなりませんが、周波数だけは大体あっていると思います。また、線路の継ぎ目音をいれましたが、実際の家の近くの東海道線はロングレールでポイント以外はほとんど継ぎ目音がしません・・・。


 あと、もう一つ、マルツからATMega328PBが届きました。あやのすけ様のBlogのコメントにArduinoでコンパイル環境があるということでしたので、いつか試そうと思います。(いつになるだろう・・・。)
re_DSC01186.jpg
 

小湊鉄道にディーゼル音を録りに行った。 [電車]

 さて、今日は、江ノ電でタンコロ祭りをやっているにもかかわらず、家族会議により明日行くことになったので、今日は一人で小湊鉄道にディーゼル音を録りに行くことにしました。ICレコーダー買ったし
 ですが、思い立ったのが昼の12時半で、13時前に家(藤沢)を出て、・・・。千葉の五井駅に着いたのは15時半でした・・・。
 で、藤沢からだと片道で2000円近くかかるので、それよりも安くなる「休日お出かけパス」をみどりの窓口にある自動券売機で買ったのですが、銀行の窓口並みに混んでいて、列車数本乗り遅れることになりました。
re_DSC01164.jpg
 で、千葉駅からは内房線に乗り換えました。(横須賀線の君津行きじゃなく成田空港行きだったので)初めて見る電車だったので、一枚撮っておきました。千葉都市モノレールにも乗りたかったのですが、今日は時間がありませんでした。
re_DSC01165.jpg
 で、五井駅に着きました。電車は16時発なので、あまり考えずに上総牛久駅までの往復にしておきました。
re_DSC01166.jpg
 ディーゼル音のアイドリングです。バスの大きい音という感じでした。
 近くに車庫があって、同じような気動車がたくさん止まっていました。
re_DSC01168.jpg
 乗ったのはキハ201と書いてありました。
re_DSC01169.jpg
 ICレコーダーは出発駅~一駅目まではRECの一時停止にして、録音の入力レベル制御をPeak検出にして(Peakを超えたら上限を下げてくれる)で、まず上限を見極めて、入力レベル制御をリミッタ―に変更して(録音の上限を超えそうになったら、超えないように加工してくれるモードだったような)録音をしました。ずっとレコーダー持っていると変な人に見られるかもと思って、カバンに忍ばせておきましたが、ちょっと音がくぐもってしまったかもです。
 こんな時間(16時)の下り電車は地元の人が多いようで、静かだったので、人の声が少ない音が取れました。
 で、上総牛久駅に到着です。全く考えずに適当な駅での往復券を買ってしてしまったため、上り(五井行き)の電車がくるまで40分もある・・・。仕方ないので、駅の周りを散策しました。でも、車社会のようで、かなりさびれていて、何もありません・・・。バイパスのほうは、ファミマやマクドナルドがあり栄えているようでした。
 駅舎の写真。
re_DSC01170.jpg
駅構内の写真。大井川鉄道まで行かなくてもこういう懐かしい風景があるんだなあと思いましたが、家からだとどちらも似たような距離か?
re_DSC01174.jpg
駅員の詰め所。ストーブがありました。
re_DSC01180.jpg
駅前の駐車場の料金です。24時間で200円です。まあ、家の近くも24時間で800円とか書いてあったりしますけど。
re_DSC01176.jpg
 トロッコ列車が走っているようです。今度家族で来ようかなあと思いました。
re_DSC01178.jpg
 上り(17時)の列車は観光客がとても多くて座れないし、話し声はうるさいしで、録音的にはダメでした。
 そうそう、往復の乗車券ですが、結構高いです。いろいろとレトロなのに、鋏ではなくデーター印です。ちょっと残念かなあ。
re_DSC01179.jpg
 五井駅にもどったら、17時半で真っ暗でした。
re_DSC01184.jpg
 で、ここから横須賀線で家まで二時間・・・。結構遠かったですが、小湊鉄道自体は良かったです。もっと早い時間に行こうと思いました。
 気動車は、やっぱり江ノ島の渡し船みたいな音がしていました。車外から聞くと少し違う音になるのでしょうか?
 なお、音は取りましたが、生データ(25分×2)でMp3に入れるような加工はまだしておりません。

電車でGoコントローラをS88規格につなげる、ケースに入れた事例の紹介 [ジョイスティック]

 O様がS88基板の改造でMascon基板を作りましたとのことで、写真をいただきましたので、紹介いたします。

① ケースはダイソーで売っていたケースです。2個100円です。
IMG_0393 (2).JPG

② PSコネクターは昔買ったUSB変換を壊し、ケースを切り基板固定材にしました。(ケースにコネクターを接着しビス止め)
③ LCDは5mm角プラ材で挟みこみ背面から固定板を付ける予定でいます。
IMG_0394 (2).JPG 

④LCDを固定しエスカッション(写真紙)を張りました。
IMG_0397(2).jpg

とのことです。

ビス止めよさそうですね。
また、ケースを付けると見栄えが良くなると思いました。

私も、スケッチについては、年末年始には本体との通信も含めて進めたいと思っております。


トミーテックのHOナロー(猫屋線)を買った。 [電車]

 さて、猫屋線がなかなか来ないので、HOの江ノ電(タンコロ)と名古屋鉄道モ510を買ってしまうという、かなり頭の悪い状況だったわけですが、本日、やっと届きました。
 気になるのは大きさで、並べると、以下の感じです。Nゲージの線路は低いのでかさ上げしてあります。
re_DSC01159.jpg
 かさ上げをやめると、こんな感じです。
re_DSC01161.jpg
 大きさですが、名古屋鉄道が一番大きく、次に江ノ電、で、猫屋線です。名古屋鉄道が遠くにあるため、なんか三つとも同じような大きさに見えてしまいますが。
 で、モーター車にできるキハ5の中身です。
re_DSC01162.jpg
re_DSC01163.jpg
 窓ガラスの屋根側を切ってしまえば、キープアライブコンデンサやスピーカーも入れて、Mp3デコーダが入りそうです。
 そのうち、ディーゼル音をいれたいと思います。