So-net無料ブログ作成
検索選択

信号機デコーダ大量購入&組み立て [江ノ島登山鉄道]

 前回、単線2列車をやっていて、信号機が3個で悲しい状態だったので、信号機を買いました。最終的なレイアウトで16個ぐらい必要かなあと思ったので、Nucky様の信号機デコーダを14個(7セット)大人買いしました。と言っても1セット(2個入り)1000円だし、7000円で14個だから、安いものだと思ったのですが、どうもすこし頭の足りないしょうでした・・・。秋月とマルツで部品をそろえたら、6000円ぐらいかかって、デコーダ基板と合わせて13000円ぐらいです。まあ、それでもDCC対応信号機が1個1000円以下という破格だしいいと思いますが。
 そして、基板が到着しました。
re_DSC00780.jpg
 3灯式5セットと4灯式2セットです。江ノ電の運転席動画を見ていたら、ほとんど2灯式でも良さそうでしたが、大は小を兼ねるということで、そこは全部3灯式でいくという、人によっては許せなさそうなこだわりの無さです。大切なのは雰囲気です。
 そして、製作開始です。まず本体部分を無心にはんだ付けしました。
re_DSC00781.jpg
 ここまでで、3時間ぐらい。この日はこれで力尽きました。一個電解コンデンサとセラミックコンデンサの位置を間違えていますが、回路図的には間違っていないので気にしません。
 そして、信号機部分も組み立てて、PICに中華製PICKit3で書き込みです。
re_DSC00782.jpg
 今回は、ソケット付きのを持っていたため相当楽でした。
 そして、完成です。
re_DSC00783.jpg
 なかなか、信号機だけ並んで気持ち悪いですが、近くの現実の駅を考えると、信号はすごい量があるような気がしますし。
 なお、この後、一個ずつCV値を書き込みましたが、結構大変でした。
 さて、週末はこの信号機も使って自動運転を大きくしていこうと思います。

 

半自動運転をしてみる。 [江ノ島登山鉄道]

 KiCADが進まないという話は置いておいて、江ノ島登山鉄道(妄想)の自動運転の続きです。
 両側ループ線は、結構、ポイントの信頼性によるところが大きそうなので、特に三角形の部分はもう少し考えないとと思います。
 でも、それも置いておいて、次は「裏江ノ島駅(仮称)」部分(列車交換)の自動運転を列車基準のスクリプトで作ってみました。
 まずレイアウトです。
無題.png
 写真にすると以下です。
re_DSC00778.jpg
 今回は、自動運転後に半自動運転もやろうと思ったので、Nucky様の信号を配置しています。信号がないといつ発車していいかわかりませんので。でも、信号機は三つしか持っていないので、外側からの進入は二つとも付けときましたが、内側からの出発は真ん中に寂しく一個だけです。あと、3灯式は1個しかないので、進入は4灯式で代用しています。本当は両側の折り返し部分(各2個で計4個)にも信号を付けたいので、そのうち、信号を買おうと思います。つまり、現在は信号機が5個足りないということになります。というか、最終的なジオラマを考えると、信号機が全然足りません・・・。
 動画です。


 信号機アングルの動画です。


 なお信号機はの動きはあまりリアリティーを重視していません。まるで、交通信号機のような変わり方をします。
 また、信号機を横からも視認するために秋月の3mmLED用のLED光拡散キャップを使用しています。とても見やすくなりますが、ちょっと残念な見た目になります。
 そして、自動運転のスクリプトですが、下記のように3部分が平行して動きます。
(1)東海道線
(2)横須賀線
(3)真ん中の駅のポイント切り替えと信号切り替え
 各スクリプトのトリガーはFlag0=0としており、つまり、電源投入時に始まります。

まず、(1)東海道線ですが、下記のスクリプトになっています。
列車の進行方向は左がFwdです。
状態がstate1~state12まであります。1から番号順にステートが変わっていくだけです。
FlagはFlag1、Flag2の2個あり、中央の駅の出入りのために使用します。
Flag1 = 0,処理完了(駅側から通知する)
Flag1 = 1,電車が左から駅に進入できるよう要請
Flag1 = 2,電車が駅から右へ出発できるよう要請
Flag2 = 1,電車が右から駅に進入できるよう要請
Flag2 = 2,電車が駅から左へ出発できるよう要請
スクリプトですが、東海道線は画面左側のS88の1番を踏むと開始です。
長いように見えますが、結構読みやすいと思います。
state1:センサ1を踏むまで待って、踏んだら、速度を0にして、方向をRevに変えます。
Flag1を1に変えて、駅に進入可能を要請します。
state2:駅に進入可能になったら(進入可能になったらFlag1が0に戻る)、出発します。
state3:駅に進入して、センサ3をを踏むまで待って、踏んだら、止まるために減速します。
state4:駅の先端のセンサのセンサ4をを踏むまで待って、踏んだら、止まります。駅に出発要請をだすため、Flag1を2にします。
state5:Flag1=0になるまで待って、なったら(出発要請が通ったら)、出発します。
state6:右側の終端減速センサに近づきます。センサ7を踏むまで待って、踏んだら減速します。
state7:右側の終端に近づきます。センサ8を踏むまで待って、踏んだら停止して、方向をFwdにして、Flag2を1に変えて、駅に進入可能を要請します。
state8:駅に進入可能になったら(進入可能になったらFlag2が0に戻る)、出発します。
state9:駅に進入して、センサ6をを踏むまで待って、踏んだら、止まるために減速します。
state10:駅の先端のセンサのセンサ5をを踏むまで待って、踏んだら、止まります。駅に出発要請をだすため、Flag2を2にします。
state11:Flag2=0になるまで待って、なったら(出発要請が通ったら)、出発します。
state12:右側の終端減速センサに近づきます。センサ7を踏むまで待って、踏んだら減速します。
state12の実行が終わったらstate1に戻ります。
---
DESKTOPSTATION,SCRIPT,2013
LABEL,init,,0
SETFLAG,0,0,0
LABEL,state1,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state1,0,0
SPEED,0,0,1
DIRECTION,0,2,0
SETFLAG,1,1,0
LABEL,state2,,0
WAIT,1,,0
JUMP,state2,1,1
SPEED,0,512,20
LABEL,state3,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state3,2,0
SPEED,0,200,10
LABEL,state4,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state4,3,0
SPEED,0,0,1
SETFLAG,1,2,0
LABEL,state5,,0
WAIT,1,,0
JUMP,state5,1,2
SPEED,0,512,20
LABEL,state6,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state6,6,0
SPEED,0,200,10
LABEL,state7,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state7,7,0
SPEED,,,0
DIRECTION,0,1,0
SETFLAG,2,1,0
LABEL,state8,,0
WAIT,1,,0
JUMP,state8,2,1
SPEED,0,512,20
LABEL,state9,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state9,5,0
SPEED,0,200,10
LABEL,state10,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state10,4,0
SPEED,0,0,1
SETFLAG,2,2,0
LABEL,state11,,0
WAIT,1,,0
JUMP,state11,2,2
SPEED,0,512,20
LABEL,state12,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state12,1,0
SPEED,0,200,10
GOTO,2,,0
EXIT,,,0
---

次に、(2)横須賀線ですが、「(1)東海道線」とほぼ同じで、違う部分は、state7開始というだけです。(はじめに、GOTO,29,,0)を入れてstate7から開始しています。
---
DESKTOPSTATION,SCRIPT,2013
LABEL,init,,0
GOTO,29,,0
LABEL,state1,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state1,0,0
SPEED,0,0,1
DIRECTION,0,2,0
SETFLAG,1,1,0
LABEL,state2,,0
WAIT,1,,0
JUMP,state2,1,1
SPEED,0,512,20
LABEL,state3,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state3,2,0
SPEED,0,200,10
LABEL,state4,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state4,3,0
SPEED,0,0,1
SETFLAG,1,2,0
LABEL,state5,,0
WAIT,1,,0
JUMP,state5,1,2
SPEED,0,512,20
LABEL,state6,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state6,6,0
SPEED,0,200,10
LABEL,state7,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state7,7,0
SPEED,,,0
DIRECTION,0,1,0
SETFLAG,2,1,0
LABEL,state8,,0
WAIT,1,,0
JUMP,state8,2,1
SPEED,0,512,20
LABEL,state9,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state9,5,0
SPEED,0,200,10
LABEL,state10,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state10,4,0
SPEED,0,0,1
SETFLAG,2,2,0
LABEL,state11,,0
WAIT,1,,0
JUMP,state11,2,2
SPEED,0,512,20
LABEL,state12,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state12,1,0
SPEED,0,200,10
GOTO,2,,0
EXIT,,,0
---

最後に、「(3)真ん中の駅のポイント切り替えと信号切り替え」ですが、以下のようになっております。説明すると、
Flag1=1かつFlag2=1なら、(両方の電車から進入要請があったら)ポイントを進入側に変えて、Flag1=0、Flag2=0として、ポイント切り替えが完了したことを通知します。
あとは適当に進入用の信号機を赤→黄色→青と切り替えていきます。出発用信号は青→赤としておきます。
Flag1=2かつFlag2=2なら、(両方の電車から出発要請があったら)進入用信号を赤に切り替えて、数秒待ってから、ポイントを出発に切り替えて、出発信号も赤→青と切り替えます。
というのをループでずっとやり続けています。

進入用の信号は、アドレスで10番~、18番~で、出発用の信号機は、26番~です。

---
DESKTOPSTATION,SCRIPT,2013
LABEL,init,,0
SETFLAG,0,0,0
LABEL,if1,,0
WAIT,1,,0
JUMP,point1_pre,1,1
JUMP,point2_pre,1,2
GOTO,2,,0
LABEL,point1_pre,,0
JUMP,point1,2,1
GOTO,2,,0
LABEL,point2_pre,,0
JUMP,point2,2,2
GOTO,2,,0
LABEL,point1,,0
ACCESSORY,3,1,0
ACCESSORY,26,0,0
ACCESSORY,27,0,0
ACCESSORY,10,1,0
ACCESSORY,18,1,0
SETFLAG,1,0,0
SETFLAG,2,0,0
WAIT,20,,0
ACCESSORY,11,1,0
ACCESSORY,19,1,0
GOTO,2,,0
LABEL,point2,,0
ACCESSORY,3,0,0
ACCESSORY,10,0,0
ACCESSORY,11,0,0
ACCESSORY,18,0,0
ACCESSORY,19,0,0
WAIT,10,,0
ACCESSORY,26,1,0
ACCESSORY,27,1,0
WAIT,5,,0
SETFLAG,1,0,0
SETFLAG,2,0,0
GOTO,2,,0
EXIT,,,0
---

で、すごい長かったような気もしますが、ここまでが、半自動運転部分のための準備になります。
 半自動とは、複数列車のうち、1列車だけ自分で運転するロールプレイするような遊び方になりますが、鉄道模型市の打ち上げの時に、確かY.Sさんから「自動運転の時に一列車だけ自分がなりきって運転するのって面白いと思う」というお話があり、アイディアは面白そうだけれども、当時の私のS88イベント基準のスクリプトの作り方だと、恐ろしく難易度が高いため、面白そうですね・・・。とお答えしていたのですが、やっとできました。

 で、どうするかですが、今回は、(1)から(3)のイベントスクリプトは役割ごとに分けてありますので、このうち、東海道線部分を自分が運転するように変えます。具体的には東海道線のスクリプトのうち、電車を動かす命令部分だけすべて削除します。これによって、自分が運転させつつ、センサを踏んだりして、ポイント切り替えなどはスクリプトが勝手に進めてくれることになります。スクリプトは以下になります。
---
DESKTOPSTATION,SCRIPT,2013
LABEL,init,,0
SETFLAG,0,0,0
LABEL,state1,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state1,0,0
SETFLAG,1,1,0
LABEL,state2,,0
WAIT,1,,0
JUMP,state2,1,1
LABEL,state3,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state3,2,0
LABEL,state4,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state4,3,0
SETFLAG,1,2,0
LABEL,state5,,0
WAIT,1,,0
JUMP,state5,1,2
LABEL,state6,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state6,6,0
LABEL,state7,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state7,7,0
SETFLAG,2,1,0
LABEL,state8,,0
WAIT,1,,0
JUMP,state8,2,1
LABEL,state9,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state9,5,0
LABEL,state10,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state10,4,0
SETFLAG,2,2,0
LABEL,state11,,0
WAIT,1,,0
JUMP,state11,2,2
LABEL,state12,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state12,1,0
GOTO,2,,0
EXIT,,,0
---
以下が半自動運転の時の動画です。初めに横須賀線が真ん中の駅で入れ替えを待ってる状態から始まります。自動運転の横須賀線やポイントと、私が適当に動かしている(と言っても決められた動作ですが)東海道線が、協調?しています。

 まあ、もちろん、これ以外にも自分も参加できる自動運転のやり方もあるとは思います。

江ノ島登山鉄道(妄想鉄道)その2 [江ノ島登山鉄道]

 レイアウトは考え終わったので、まずは1列車での自動運転を試してみました。
 何か所かDCC信号が逆転するので、Tomixの完全選択式ポイントでギャップを切っておりますが、ときどきポイントの切り替えが悪いと通電しなくなります・・・。電圧上げるか。
 で、作ったレイアウトは以下です。
re_DSC00776.jpg
 ポイントは完全選択式です。
 DesktopStation上のレイアウトは以下です。
レイアウト.png
 で、動画は以下です。

 途中、かなり引っかかりました。スクリプトをちゃんと、作ったはずなのに、ある部分にくると、車両に伝わらず暴走します。で、通信Logを見たら、車両番号は0になっています。なんかラベルをある物に変えると起きるような気もしました。でも、結局、車両アドレスを”選択無し”のまま、車両アドレスがAutoのスクリプトを走らせると、DSMainR5に車両アドレス0を送ってしまうようです。いまいち、再現性無くてよくわかりませんが、多分、今日のはこれだったと思います。(できたら、車両アドレスやスロット指定なしの状態で、車両を動かすスクリプトが来たらエラーにしてほしいです。とこっそり書いておきます。)
 今回は、前回のコメント通り、車両起点でのスクリプトを書いております。
------------------
DESKTOPSTATION,SCRIPT,2013
LABEL,init,,0
SETFLAG,0,1,0
LABEL,state1,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state1,1,0
ACCESSORY,2,1,0
LABEL,state2,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state2,0,0
ACCESSORY,2,0,0
LABEL,state3,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state3,1,0
ACCESSORY,1,1,0
WAIT,10,,0
ACCESSORY,3,0,0
LABEL,state4,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state4,3,0
SPEED,0,150,5
LABEL,state4_stop,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state4_stop,4,0
SPEED,0,0,1
DIRECTION,0,2,0
WAIT,10,,0
ACCESSORY,3,1,0
WAIT,10,,0
ACCESSORY,4,1,0
SPEED,0,512,5
LABEL,state5,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state5,2,0
SPEED,0,150,5
LABEL,state5_stop,,0
WAIT,1,,0
JUMPS88,state5_stop,5,0
SPEED,0,0,1
DIRECTION,0,1,0
WAIT,10,,0
ACCESSORY,1,0,0
WAIT,10,,0
ACCESSORY,4,0,0
SPEED,0,512,5
GOTO,2,,0
------------------
一応、スクリプトの説明をします。レイアウト画面の番号で説明します。
レイアウト.png
初期位置はS88センサ(青い番号2)の右にいます。Forward方向は左です。で、左方向に走りはじめます。
状態はState1~State5_Stopの7状態あります。
State1:
S88センサ(青2)の右にいる状態で、センサを踏んだらポイント(赤2)を直進側にします。
State2:
S88センサ(青1)の下にいる状態で、センサを踏んだらポイント(赤2)を分岐側にします。
State3:
S88センサ(青2)の左にいる状態で、センサを踏んだらポイント(赤1)を直進側に、ポイント(赤3)を分岐側に、します。
State4:
S88センサ(青4)の左にいる状態で、センサを踏んだら車両を減速します。
Stete4_Stop:
S88センサ(青5)の左にいる状態で、センサを踏んだら、停止、方向転換、ポイント(赤3)を直進側に、ポイント(赤4)を直進側に変えて、出発します。
State5:
S88センサ(青3)の下にいる状態で、センサを踏んだら車両を減速します。
State5_Stop:
S88センサ(青6)の下にいる状態で、センサを踏んだ田、停止、方向転換、ポイント(赤1)を分岐側に、ポイント(赤4)を分岐側に買えて、出発します。
State1に戻ります。

スクリプトの起動はFlagでFlag0==0条件としています。(電源オン後ループします)

あと、各Stateを抜けて次のStateに行くS88ループに0.1秒のWaitを入れております。
これを入れないと、DesktopStationがフリーズします。

センサ基準に比べて、かなり見やすいと思います。でも、はまりました・・・。
気が付いたら夜です・・・。



DCCでプラレールアドバンスのマネ自動運転(3列車) [自動運転]

 今週はKiCADを始める予定だったのですが、プラレールアドバンスを見たため、予定変更です。(KiCADはインストールして、雑誌の記事だけだとよくわからないので、本屋さんに行って、なごでんの日記様が使用した本を立ち読みして、バージョンが違うから(雑誌の付録はVer4.0)買わずに帰ってきて、その後、雑誌の付録DVDに説明動画が付いていることを発見して・・・ぐらいまでやって本日は終了でした。つまり進んでません)
 ということで、プラレールアドバンスの連続発車ステーションのマネです。基本的なところは、S88のセンサを踏んだら、自分の前方にいる電車が強制的に出発するという、現実の閉塞区間と真逆の発想の恐怖の運転方式です。最初そんなことには気づかずに、一生懸命スクリプトを組んでいて、途中で気づいて、やる気をなくしつつ、まあ、単線の周回コースに電車をいくつも並べて自動運転は初めてなので楽しみました。
 ただし、プラレールアドバンスの連続発車ステーションはホームの後ろの電車が突っ込んできた瞬間にホームにいる前の列車がロケットスタートしますが、さすがにそれをNゲージでやると、追突しまくって、すぐに運転席周りが悲しいことになりそうですので、閉塞区間を一つだけ設けて置きました。
 少し前にスッペさまのBlogの動画を見て、単線に二列車走っている!と思ったのもやりたいなあと思った動機だったりします。
 で、レイアウトというかセンサ配置です。
無題.png
 写真です。
re_DSC00772.jpg
 動画です。


 スクリプトの説明ですが、(と言いながら、相当読みにくいかと思います。)
まず、電車は
DCC:9(49161) 横須賀線(初期位置センサの5-1間)
DCC:8(49160) 東海道線(初期位置センサの2-3間)
DCC:21(49173) 京急(初期位置センサの4-5間)
です。
電車の方向は反時計回りです。
横須賀線から動かします。

まず、初期値を入れるために下記のスクリプトが電源投入と同時に実行されます。
setup(開始条件 Flag0==0)
-------------
DESKTOPSTATION,SCRIPT,2013
LABEL,setup,,0
SETFLAG,0,1,0
SETFLAG,1,1,0
SETFLAG,2,1,0
SETFLAG,3,3,0
SETFLAG,4,3,0
SETFLAG,5,2,0
EXIT,,,0
-------------

初め、開始トリガを「電源投入時」を選んでやってみたのですが、動かなかったので、
上記スクリプトにしております(Ver 095d3)。Flag0は電源投入時に0なので、トリガとなって、
Flag1~Flag5に値を設定します。一回だけ実行してほしいのでFlag0に1を代入して、
もうイベントが起きないようにしています。
Flag1~5は各S88センサのどの列車が通るかの状態フラグです。

で、S88の各センサのスクリプトですが、例としてS88センサ1のスクリプトです。

S88_1(開始条件 センサアドレス1 進入)
-------------
DESKTOPSTATION,SCRIPT,2013
LABEL,train?,,0
JUMP,pattern_a,1,1
JUMP,pattern_b,1,2
JUMP,pattern_c,1,3
EXIT,,,0
LABEL,pattern_a,,0
SPEED,49160,512,1
WAIT,5,,0
SETFLAG,1,2,0
SPEED,49161,0,1
EXIT,,,0
LABEL,pattern_b,,0
SPEED,49161,512,1
WAIT,5,,0
SETFLAG,1,3,0
SPEED,49173,0,1
EXIT,,,0
LABEL,pattern_c,,0
SPEED,49173,512,1
WAIT,5,,0
SETFLAG,1,1,0
SPEED,49160,0,1
EXIT,,,0
-------------

センサ1を踏んだら、Flag1(1~3)によって、動作が変わります。
pattern_a:Flag1=1の時は、横須賀線(DCC9)がセンサを踏んだ時で自列車の前にある東海道線(DCC8)を出発させて、横須賀線(DCC9)を止めます。Flag1を2にします。
pattern_b:Flag1=2の時は、京急(DCC21)がセンサを踏んだ時で自列車の前にある横須賀線(DCC9)を出発させて、京急(DCC21)を止めます。Flag1を3にします。
pattern_c:Flag1=3の時は、東海道線(DCC8)がセンサを踏んだ時で自列車の前にある京急(DCC21)を出発させて、東海道線(DCC8)を止めます。Flag1を1にします。

で、センサ2~5は、上記スクリプトのFlag1をそれぞれFlag2~Flag5に入れ替えただけのものになります。(電車番号などは全く同じ)

 多分、センサを踏んだ時、(一個後ろの閉塞区間が空くはずなので)後続の列車を発車させるように変えてやれば、実際の閉塞区間っぽい運転に見えるのかなあと思います。また停止でなくトロトロ運転に変えてやれば、3列車のぶつからないノロノロ運転スクリプトになるかなあと思います。
 スクリプトの少しの入れ替えなので、そのうちやってみようかなあと思います。

東京おもちゃショー2016に行った [その他]

 今日は家族で東京おもちゃショーに行きました。
 こんな混み方でした。(プリキュアショーが終わった瞬間のステージ辺りの写真をエスカレーターから撮る)。もう一つ気になったのが、子供よりも大人の人数の方が多いような気がしたことでしょうか?
re_DSC00758.jpg
 見に行く目当てはタカラトミーの「プラレール スマホで運転! ダブルカメラ ドクターイエロー」。12000円でスマホから電車が運転出来て、運転席と車窓が楽しめるとのこと。まあ、メディアで紹介されている通りだったので、特に感想はありません。車窓モードがいいなと思います。その調子で3万円ぐらいで、TomixのHOゲージにも載せてくれたら買うことを考えるのですが。
 その隣に声で走行指示が出せるプラレールのトーマスもありました。アイディアとしては面白いですが、これを鉄道模型に応用して、40代の私が一人で部屋で「トーマス出発!」とかやることを考えると、家族から相当残念な目で見られそうなので、これは却下かなあと思いました。
 で、逆側の隣にプラレールアドバンスの巨大な自動運転がありました。山手線をそのまま再現しているらしいです。
re_DSC00747.jpg
 で、確かに複線のオーバルコースのレイアウトに大量の駅が並んでて、山手線が玉突きになりそうな運転を繰り返していました。(駅の数は数えていません)
re_DSC00742.jpg
 で、その57列車の自動運転をしているのが以下の連続発車ステーションで下記の運転モードがあるそうです。
re_DSC00746.jpg
 で、センサーとかはどこについているかというと、以下の写真で、
re_DSC00745.jpg
 左の黒い五角形の部分から横方向に赤外線センサがありそうで、前の列車が止まっている状態(右のほうに止まっている)で後続の列車が左からやってくると、センサを踏んだところで、前の列車が動き出し、後ろの列車が駅に止まるという感じでした。
 動画は以下。京急の時計回りのところを見ていると、なんとなくわかるかと思います。

 で、そんな感じなので、ほぼ玉突きしながら、電車が次から次へと、ホームにやってきます。動画中、係の人がこっそりときどきセンサを手で押さえて、電車を出発させていたりします(画面右下の辺り)。つまらないようにでしょうか?ときどき詰まりまくって、前と後ろの列車に真ん中の列車が押しつぶされて脱線したりしていましたが、人生そんなものだと思います。
 玉突きな感じの動画

 アドバンス「リンク」システムというよりも、独立システムの巨大な集合でした。すごかったです。自動運転好きな方はぜひ見に行くとよいと思います。(明日までだったような)
 もう一つ、新幹線をターンテーブルに載せて、八の字自動運転的なものもありました。ターンテーブル大好きな息子が欲しいと言っていました。
 re_DSC00749.jpg
 動画はこちら

 あとは、KawadaのナノブロックのところにNゲージで動くナノゲージというのがありました。
re_DSC00753.jpg
 動きも結構よかったです。

 昨日は、あやのすけ様が紹介されていたトランジスタ技術を買ってKiCadの記事を読んでいました。明日あたりからインストールして自動配線とかをおいおい試してみたいと思っております。

江ノ島登山鉄道(妄想鉄道) [江ノ島登山鉄道]

 さて、突然ですが、「江ノ島登山鉄道」ジオラマを開始します。
 なんだそれ、と思うと思いますが、妄想鉄道です。設定は後付けでやって行こうと思います。
 まあ、一言で言って、江の島の観光鉄道です。
 まずは江ノ島のマップ(Google)です。
江の島.png
 まあ、本物に合わせると、かなり巨大なレイアウトになりそうなので、適当にAnyRailというソフトを使用して、線路を引いてみました。このソフト、「どうぞ AnyRail の無料トライアル版をお試しください。トライアル版はレイアウトの設計サイズにごくわずかな制限があるだけで、その他は正式版とまったく同じすべての機能をご利用になれます。」と書いてあり、これはいいと思って使い始めましたが、線路が50個しか置けません。ということで裏江の島駅の列車入れ替え部分が途中までしか書けませんでした。有料版は$59とのことで、6500円ぐらいでしょうか?
3Dとかもできるようですが、6500円あったら結構線路揃えられそうだし、まあ、今は無料版でいいやと思いました。メニューは日本語に対応しており、Tomixの線路もちゃんとありますので、ものは良いと思います。
 で、レイアウトは以下です。
江の島レイアウト.png
 江ノ島駅スタートでヨットハーバーを左に見ながら湘南港桟橋駅で折り返し、太平洋を望みながら海沿いを稚児が淵駅まで行き、そこから藤沢側を見ながら登り始めて、裏江の島駅(仮)を通り、江島神社駅を通り、頂上まで登ったところでループ線に入り、奥津宮駅(江島神社の奥のほうにある神社)、コッキング園駅(サミュエルコッキング園)を通って下るということにします。なんか大きさが微妙で1500mm*1000mmです。奥行きを900mmにしてしまいたいところです。
 多分自動運転的には4編成の自動運転になるかなあと思います。
 あとは、要所要所に信号機を置いて(ただしリアリティーは無視)、駅はMP3で音が鳴るようにして、頂上の展望台は電飾でキラキラするようにして、・・・。
 まあ、こういうのは、最初の計画を練っているときが一番楽しいでしょうから、言いたいほうだい書いておきます。
 完成は年末を目指しましょうか。

DSMainR5 WifiOption その5 APモード [DSmainR5]

 さて、今週末はあまり進んでいないので、少し前にやったことを紹介しておきます。
 標題のWifiOptionですが、以前はここで止まっております。興味のあるかたはBlog左の検索ボックスで"Wifi"といれて検索した頂ければ、いろいろと出てくるかと思います。
ゴールデンウィークぐらいにいじりながら、APモードでそれなりに動作するようになりました。mDNSモードはライブラリを最新に入れ替えてもさっぱりダメでしたが。
 re_DSC00737.jpg
 と、今までのWifiOptionのちょっと改造版をそのまま使っています。
 スケッチはこちらです。
 いままではAPモード(自分がWebサーバー+アクセスポイントになるモードで、他にルーターやPCがいらない)にすると、数十秒ごとに落ちていて、使い物にならなかったのですが、
WiFi.mode(WIFI_AP)と「APモードでありSTAモードでないことを明示」してやったら、突然安定しました。モードはWIFI_AP_STAモードというものもあり、こちらにすると途端に不安定になるため、一人二役はダメなようです。
 幻のWifiOptionなので今の時点で誰もやらないとは思いますが、接続方法は、
無線LANから”esp”を見つけます。接続パスワードは"12345678"です。接続できましたら、ブラウザから"192.168.4.1"に接続すると、後は、普通に操作できます。
 なお、一個大きなバグがあります。列車番号に全角の”3”を入れて動かし始めると、全列車(私の場合は6列車でしたが)動き出します。そして、いろいろと挙動が変です。怖いです。お気を付けください。
 それ以外の制限事項は今までと同様で、
・FFSライブラリのファイル名が32byteまでしか受け付けないので、ブラウザからリクエストを出してもパスの長い所は404:FileNotFoundを涼しく返している。
・複数接続をあまり試していない。2ブラウザ(PC+スマホ)ぐらいなら動いていた。ただし、動かしているときに操作画面をリロードしたりすると、過負荷でダメになったかも。
・現状DSMainR5からの返り値は全部無視している、(LOCとかACCとかの状態)
・現状200 OKなども無視している。(適当なWaitを入れて送りつけている)

Nucky様のS88-N TrainDetectorを組み立て [S88]

 Nucky様のS88-N TrainDetectorを作りました。名古屋電鉄様の記事を拝見して、1時間弱で作れたとありましたので、ちょっと対抗して急いで作ってみましたが、負けました。(勝ち負けなのか?)。1時間半かかりました。
 リード部品なのでとても作りやすいです。一部、抵抗とコンデンサのランドは細いのでそこは注意して作る必要があると思います。そして、特に間違えずに完成しました。ブリッジダイオードがすごい存在感です。
 次に、電流検知式のセンサを試すために、ギャップジョイナーと適当な線路を買ってきました。一緒に普通のジョイナーを買っていますが、ギャップジョイナーのジョイナー外しよりも通常のジョイナーについているジョイナー外し工具のほうが金属製で使いやすいです。
 re_DSC00727.jpg
 PCレールを初めて買ったのですが、いくつか今までのレールと違う特徴がありました。
 重ねて固められます。
re_DSC00728.jpg
 だから高さが今までよりもコンパクトです。(左:旧線路、右:PCレール)
re_DSC00730.jpg
 理由は道床の裏に線路を格納するところがあるからのようです。(左:旧線路、右:PCレール)
re_DSC00731.jpg
 あとはDCフィーダーを入れるところが今までは二つだけ枕木の間に通せる部分がありましたが、なぜか3か所になっています。理由は知りません。
 ・・・横道にそれましたが、無事に線路の片側をギャップジョイナーに交換しました。
 そして、接続です。
re_DSC00736.jpg
 今回はわかりやすくするため、黒いギャップジョイナーにしました。目立たない灰色のギャップジョイナーも同梱されています。
 そして、これが今回の自動運転レイアウトです。直線で3区間に切っただけです。
re_DSC00735.jpg
 各区間ともに片方の線路はS88経由して、電流検知できるようにしています。線路にリード線を半田付けするのは今度にすることにして、今回はDCフィーダーでやっております。線路にはんだ付けしてしまえば、線路部分はとても安く仕上げられると思います。
 電車はC11(EM13搭載)とかわねじ号最後尾(尾灯付き)ですので、どちらが入っても検知します。
 S88-N Train Detectorは電流検知式のため、電力を消費する、動力車、ヘッドライト/テールライト車、室内灯点灯車などが通ると検知しつづけますが、金属車輪でも電力を消費しない貨車などは反応しません。また、電流を検知している間中Onしますので、、私の光検知式に比べ安定して検知します。(光検知式は台車が通った瞬間だけ検知しますので、列車が通過するとOn/Offを繰り返す傾向があります)
 そして、①、③の単純往復の自動運転を作りました。以下が動画です。
 途中からPCのセンサ検知画面のほうを映していますが、光検知式をいつも見ている人からみると、これはすごいと思うと思います。当たり前ですが、チャタリングがありません!

 この、検知の安定っぷりに、私のものももう少しソフトを変更して、検知を強化しようかなあと思いました。
 これで、DesktopStation系のS88は3種類ですね。
(1)カメラS88(あまり知られていないが複数カメラ対応、PCパワー食うけど)
(2)光検知式S88(私の作ったもの6port,14port)
(3)電流検知式S88(Nucky様,16port)
 カメラS88については、今年、外乱に強くする改造をする予定だそうですよね。