So-net無料ブログ作成
検索選択

ちょっとましになった7車線レイアウト [S88]

 土曜日は5月中に使わなければいけないという富士急ハイランドのタダ券を数枚入手したので、家族で行ってきました。トーマスランドも行きましたが、主に未就学児向けなので、子供(小学生)は普通の子供向けのもののほうが楽しいようでした。私も空いていた富士飛行社とフリーフォールと鉄骨番長(すごい高い所まで登るブランコ)に乗ったので満足でした。富士飛行社で、一番下の子供(小学一年)は大泣きしておりました。富士の雄大な自然を楽しむだけなのに・・・。
 さて、本題ですが、前回、7車線すべて同一方向に走らせて、相当気持ち悪いことになっていたレイアウトですが、今回は手抜きS88(1車線あたり2個センサを配置したのに、1個だけしか使わない)を使用して、複線の鉄則で方向を互い違いにしてみました。
 各車線のS88のフローは、
進入をトリガーにして、
1.スピードを2秒ぐらいかけて0にする(電車によってパラメータはちょっと変えています)
2.5秒くらい待つ
3.スピードを3秒くらいかけて定速まで加速する。(電車によって定速のパラメータは変えています)
4.5秒くらい待つ(進入のトリガーの誤作動を抑えるため)
5.Exit
という感じです。
 止まったところは妄想で駅があることにしております。止まっているところは駅だと思いながら動画を見ていただければと思います。わりと今回はいい感じで都会っぽいと思いました。

 くどいようですが、制御はDSMainR5(ACアダプタ:12V4A)+PC、センサはS88 14port(内7ポートのみ使用)を使用しております。

悪趣味7車線レイアウト [DSmainR5]

 最初、これはとても素晴らしいレイアウトになるに違いないと確信して始めたのに、最終的にとても残念な気分になりました。
 まず、
・鉄道模型市に備えていろんなRのレールをそろえていた
・S88 14ポート制御するが安全なレイアウトを作りたい(しくじっても電車同士が衝突しない)
・DSMainR5は電源容量が大きいしDCCなので、いっぱい電車を走らせても大丈夫のはず
という理由から、まずは、作業台を片付けました。
re_DSC00686.jpg
 そして、せっせと7車線分の周回レイアウトを作りました。家の近くだと、大船駅近辺が、京浜東北線、横須賀線、東海道線、東海道線の貨物線と8車線ぐらいありますので、まあいいでしょうと思いました。
re_DSC00687.jpg
 今度これで、停車→発車を繰り返す自動運転も行おうと思いましたので、1車線に二つのセンサを置いて、14個S88用のセンサをつないでおります。今回は使用しておりません。
 そして、適当にDCC対応している電車を並べました。
re_DSC00688.jpg
 まあ、この時点で、この一貫性の無さで、おそらくこれ、ダメそうだなあと思い始めました。
 そして、これがDSMainR5一台で7列車を走らせている動画です。電源は秋月の12V4AのACアダプタを使用しています。
 
 そして、題名が理解できたかと思います。上から見ると芋虫の大群がうごめいているようにしか見えません。横から見ると、なにか、チャギントンか競馬(本物見たことないけど)を見ているような虚しさがあります。
 多分7列車も同時に動かすときレイアウトに凝れば、相当カッコいい動画が取れそうなものですが、なんですかね。これ。
 今日の収穫はDSMainR5は何の問題もなく7列車動きますということだけです。

S88 14port ケースについて [S88]

 S88 14ポートのケースについてですが、Yaasan様の記事にもありますが、在庫リスク(買ったけど売れないこと)も考えると、1200円+送料で、5~10個程度分希望者が集まってから注文という感じかと思います。
 もし、元々のケース(AK-P-01)でよければ、購入希望者が数人集まるようであれば、代理で注文してもよいです。4個で12.26ドル(1372円)とのことなので、500円+送料という感じでしょうか?(と書きながら、1つ自分で個人輸入したほうが送料込み価格(781円)で振込手数料考えると安いかとも思いますが)
 基板とともにご希望の方がおられましたらご連絡ください。

さくらんぼ東根駅に行った [電車]

 月曜日は山形の「さくらんぼ東根」駅に日帰り出張してました。
 朝8時に神奈川の家をでて、東京駅から山形新幹線に乗って、福島から山形新幹線の線路に入りました。一応東京駅で新幹線を撮っておきました。
re_IMG_20160523_091818.jpg
 ラッキーなのか全部の列車についているのか知りませんが、ACのコンセントがついており、バッテリー切れを気にすることなくスマホゲームをやり続けておりました。
re_IMG_20160523_092200.jpg
 東北新幹線は(遠くの山は変わっていくのでそれなりに楽しいですが)どこまで行っても田んぼばかりという感じであまり車窓が面白くないイメージがあるのですが、山形新幹線に入った福島から米沢は峠越えで、風景は箱根登山鉄道のようで、ガーター橋の下に小川が流れていて、古い線路の後もあり、秘境のようでかなり良かったです。スマホでゲームをしていたら、電波の届かない地域に入ってしまったりしていましたが。米沢以後は、のどかな田植えやビニールがかけてあるさくらんぼの木の風景の中の単線を走っているような感じで、スピードも心地よい程度でした。踏切あるし。山形駅以降はなんか各駅停車のような感じでした。
 で、12時ぐらいに「さくらんぼ東根」駅に着きました。駅前は、多分上越新幹線の浦佐駅よりも栄えている印象がありました。近くに工業団地や山形空港があるからでしょうか?。一応仕事をして、17時ぐらいの新幹線で帰りました。帰りは乗車までに時間がありましたので、ホームから線路を撮りましたが、ホームが長い以外は江ノ電のすれ違い駅とそんなに違いありません。ちょっと親近感がわきました。もちろん本数は江ノ電のほうが全然多いですが。
ホームから新庄側の写真
re_IMG_20160523_171519.jpg
ホームから山形側の写真
re_IMG_20160523_171536.jpg
 見にくいかもですが、写真をクリックして大きくすると、ホームの向こうで単線になっております。で、新幹線に乗って家に着いたのは10時ぐらいです。帰りは飛行機のほうが楽だったかなあをちょっと思いました。
 よく、トミックスやカトーの鉄道模型ショーレイアウトで秋田新幹線と東北新幹線をつなげてすごいスピードで走らせていますが、あれは、ミニ新幹線の一部しかあらわしていないことが分かりました。
 単線すれ違い山越えレイアウトに山形新幹線を買ってスローで走らせようかと少々本気で考え始めています。

S88 14Port K3(頒布案内追記) [S88]

<追記・・・一番最後に頒布案内を追記しております>
 抵抗の定数を決定して、はんだだ付けして、実験確認しました。完成です。
 まずは、フォトリフレクターのLEDの電流値を決めるための抵抗を決めました。
 順々に電流制限抵抗を変更して、オシロで抵抗の両端の電圧を見て電流値を計算します。
1.2kΩで2.6V電圧降下なので2.1mA
180Ωで2.2V電圧降下なので12mA
150Ωで2.1V電圧降下なので14mA
100Ωで2.05V電圧降下なので20.5mA
ここまではDSMainR5からの給電で、USB端子経由にしたら、
100Ω時に2.15V電圧降下なので21.5mAでした。
ということで、100Ωにしました。(フォトリフレクターの絶対最大定格の電流値は50mAのようです)
これで、14port分抵抗をつないで、半田づけ完了です。
re_DSC00683.jpg
 写真では裸状態ですが、もちろんYaasan様が選定してきたケースに入ります。(かなり、加工が必要ですが)
 で、毎度のごとく、14ポート分繋いで、確認するためのレイアウトです。
re_DSC00682.jpg
レイアウトとしては以下のようにセンサが配置されています。
センサ配置.png
一応、光を反応させるタイプとしては一番条件がきついと思われる、太陽光(西日)+蛍光灯(影の部分)条件で、確認しました。
re_DSC00684.jpg
 あまり意味はないですがせっかくなので動画です。

 一部「はずれセンサ」のために可変抵抗の値はいじっていますが、6port並みにきれいに反応するようになりました。フォトリフレクターは10mm程度までしか反応しませんので、基本的には台車が通った部分のみ反応するものになります。
 数時間後にマイコン、ドライバICを触っても特に熱くないので、きっと大丈夫でしょう。
 ということで、完成です。
 なお、少し前にYaasan様のBlogでコメントしましたように
・8pinをスルーにしていませんので、RAIL DATAを他で使用する場合は、In,Outの8pinにジャンパをする必要があります。
・5V系のみの対応で、12V系には対応しておりません。
 近日中に「Blogのまとめ」に説明を載せようと思います。

<追記>
 頒布いたします。ご希望の方はこちらのページでご確認いただければと思います。(ただし今回は少量です)
 ケースについては、加工の可否や価格についてYaasan様、スマイラー様がメーカーに問い合わせ中ですので、現状、頒布はいたしません。 こちらの記事をご覧ください
また、S88 6port版のControl基板ですが、手元の基板ストックが切れました。これまでお買い上げいただいた方ありがとうございます。これからご入用の方は、スイッチサイエンス様でキット品をご購入いただければと思います。

ヘッドライトドータボードはんだ付け [ds-DCCデコーダ]

 基板が到着しました。とりあえずS88 14port版は1chだけちゃんと動くことを確認して、フォトリフレクタのLEDの電流制限抵抗をどうするかについて検討中です。
 Yaasan様のBlogにもコメントしましたが、ジオラマを作ろうと思っております。もともと、自動運転を一生懸命やっていたのは、最終的に自動運転しているジオラマを優雅に眺めようと思っていたからです。まあ、自動運転中の電車が止まらないかヒヤヒヤしながら見ていることになるので、優雅に見るのは不可能っぽいですが。こちらは少しずつやって行こうと思っております。
 さて、「ヘッドライトドータボードはんだ付け」の件ですが、S88のついでに頼んでいた基板が到着しました。白にしてみました。 室内灯用LEDも付けるつもりだったからです。大きさは写真の通り小さいです。
re_DSC00679.jpg
 そして、あやのすけ様がHDMI基板の時の「面付けしていないのに大量に送られてきた」というお得そうな話を信じて、基板は面付け無し設定で5cm*10cmサイズを10枚頼んでみました。そうしたら、25枚来ました。
re_DSC00682.jpg
 ちょっと賭けに勝った気分ですが、Elecrowのメモ書きには「数量:12~」と書いてあるので、最低12枚は作っておいてねとメーカーに指示を出しているのでしょうか?とすると最低で12枚しか来ないというでしょうかね。
 そして、DSDCCDecoderのスケッチの2,3,4番のFunction出力ピンを11,12,13に変更して、ボードは半田付けして、DSDecR4に付けた結果が以下の写真です。
re_DSC00680.jpg
 全部点灯させていますが、Katoの基板と似たような構成で、上の両側サイド方向に出ているのがヘッドライト用、下の両側サイド方向に出ているLEDがテールライト用、下側から垂直に出ている真ん中の二つが室内灯用として、すべて、電流制限抵抗は適当に2KΩを付けております。サイドに出ているLEDは光ファイバで導光するつもりです。今回、取り外し可能にしておりますので、DSDecR4と離れていますが、本番はピンヘッダでもっと薄くするつもりです。
 半田付けしたら、確かにサイド出射のLEDはプラスチックケースが溶けやすいことが分かりました。また、半田のヤニのせいで、せっかくの白い基板がちょっと黄ばんでしまっています。
re_DSC00681.jpg
 今回、1608を多用した表面実装(と言ってもスカスカの)の基板を作ってよくわかりました。

 Yaasan様、名古屋電鉄様、Nucky様、あやのすけ様、今まで、表面実装で作りにくいとかさんざん不平不満を言ってしまい、申し訳ありませんでした。

 メーカー推奨のPADパターンで作りましたが、半田ごてではんだをするようにはできていませんので、やりにくい事この上なかったです。
 この基板が来る前はDSDecR4をもう少し長めに作り直して、LEDも載せられるようにして、片面実装基板にして、名古屋電鉄様がやっているホットプレートでリフローとか思っていましたが、今日のはんだ付けを経て、やめようかなあとか思い始めました。
 
 

ichigojamで自動運転 [DSmainR5]

 さて、電子工作連合の皆さんがS88で盛り上がっているようですが、なぜか私はichigojamがマイブームです・・・。
 その理由ですが、Elecrowに注文した基板は予定通り、日本に到着したようなのですが、なんと、今回は私の家までDHLが配達しに来たようです。悪名高きDHLの噂どおり、不在通知には17:00以降の再配達は前営業日の17:00までに言うことと書いてあり、火曜日の夜八時に不在通知を見た私は最短で木曜日の夜にしか受け取れないという悲しい状態になっております。DHLから委託されてた佐川急便はその日のうちに再配達してくれてたのに・・・。高い金を払って配達が遅いので(それも国内のグダグダで)、次頼むことがあったらEMSかFedexかなあと思いました。(Fedexよく知らないけど)
 で、本題ですが、まずはアマゾンで激安の4.2インチのモニターを買いました。キーボードはそこらに余っていたPS2接続のを使用して、Ichigojamのコンピュータ完成です。
 次にDSMainR5と接続です。シリアルでの接続ですが、最初Tx,Rxともにつなぎましたが、Ichigojam側にDSMainR5の送信はS88使わないので、そうするといらないので、「IchigojamのTx」→「DSMainR5のRx」だけ繋ぎました。Ichigojamは3.3V、DSMainR5は5V系だと思うのですが、特にレベル変換はしていません。(多分この方向(Tx→Rx)はやらなくても大丈夫?)
 その時の接続写真です。
re_DSC00678.jpg
 そして、自動運転のBasicプログラムですが、以下の写真の通りです。
re_DSC00677.jpg
 もう少しまじめにやれよという突っ込みがあるかもですが、シンプルが一番です。
 一応、説明するとDCCの8番列車で、
(1)スピードを出す
(2)止まる
(3)ドア開閉音を鳴らす(F5のOn/Off)
(4)方向転換する
(5)(1)に戻る
です。あと?記号はPrint命令で、Print命令でシリアルにも勝手に通信が行くようです。
DSMainR5へのシリアル命令についてはYaasan様のWikiをご覧ください。なお、DSMainR5からの送信は見ていないので、S88とかも使用できていません。
 見てもいまいちだと思いますが、一応動画です。

 ああ、楽しかったということで、明日基板を受け取ったら、S88のデバッグをしようかなあと思います。

ichigojamをくみたてた [その他]

 さて、もうDCCとすら関係ないのか?と思わせる題名ですが、5000円で高性能なラズベリーパイが買える時代にichigojamの互換機のai.jamを組み立てました。1500円のキットパソコンで、ビデオ出力とキーボード入力がついており、言語はBASICです。シリアルも付いています。
 これがキット状態。
 re_DSC00660.jpg
 そしてはんだ付けして完成です。
re_DSC00661.jpg
 最初、USBからのキャプチャデバイスを使ってPCでビデオ入力画像を見ようと思ったのですが、久しぶりに繋いだら壊れていました。仕方ないので、居間のテレビに付けたらちゃんと動きました。
re_DSC00662.jpg
 動作は、この頃の、クソ遅いクラウド接続のoffice365が入った会社のWindowsの5倍ぐらい速いです。(BASICしかできませんが)。またMSXみたいな画面はキーボードを打つだけで心が躍っていた子供のころを思い出します。
 で、何がやりたいかというと、この最小構成パソコンからシリアル接続で自動運転です。でもプログラムメモリ(1kbyte)が足りないかも。
 まあ、DSMainR5のArduinoNanoでできるんじゃないのか?とかWifiでやる話はどうなったとかいろいろと突っ込みどころはあると思いますが、やりたいことをやるのが趣味です。
 シリアルを5V-3.3V変換するとか、安物のモニター買うとか、いろいろやらないと前には進めなさそうですが。いつやるかも未定ですが。

 

スマイルデコーダR3用(R4も可)用のヘッドライトドータボード [ds-DCCデコーダ]

 スマイルデコーダのスマイルコネクタ近くの1.27mmピッチの穴に挿すヘッドライト、テールライト、室内灯用のドータボードを設計してみました。
 アートワークは以下。
アートワーク.png
 長さは46mm、幅は、9mmぐらいで、名古屋電鉄様のMP3デコーダのように2枚重ねで使うつもりで、D1,D2,D3,D4と書いてあるあたりから横出射のチップLEDを付けて、熱収縮チューブか何かで固定、遮光して光ファイバーで導光させるつもりです。
 白色はnscw008at、赤色はGM4ZR83232AEを選んだら、なんか極性が逆です。怖い怖い。
 図面は以下です。
HeadTailforDSDecR3.PNG
 今回は、デコーダの1.27mmピッチの端子を使用したかったため、スマイルコネクタと共用しています(D11,D12,D13)。電気的によろしくなければ、書き換えはできなくなります。
 と、作り終えてから、載せるつもりの鉄コレ動力を見て思いました。モーターが天井までせり出しており、2枚重ねの基板を入れようとすると、これはおそらく入らない・・・。
 まあ、でもせっかく作ったから頼みましょうかねえというところです。 

鉄道博物館(大宮)に行った [その他]

 さて、少し前に子供が鉄道博物館の紹介も入っている電車の本のDVDを見ていたので、鉄道博物館に数年ぶりに行ってみました。
 原鉄道模型博物館のトーマスもいいなあと思ったのですが、少し前に段ボールのD51が展示されているときに行ってばかりなので、子供から「前行ったよ。また鉄道、つまんない!」とプライドをズタズタにされるような罵詈雑言を浴びせられること必死と思い、やめました。
 で、家(藤沢辺り)から大宮往復は休日お出かけパスのほうが安いので初めて買いました、みどりの窓口内の切符に自販機で買えて、なんと、クレジットカードが使えました。ちょっと得した気分です。
 上野、東京ラインが完成したおかげで最寄りのJR駅(藤沢駅)からは適当にどれに乗っても大宮に着くからと適当に乗ったのが失敗でした。乗ったのは湘南新宿ラインで、新川崎あたりで貨物駅なのかたくさんの電気機関車が見えて、武蔵小杉では、東海道新幹線もよく見えて、よかったのはそこまでです。大崎から新宿までの鈍行っぷりと言ったら、山手線のほうが速くないか?と思いました。
 で、そんな電車の長旅のせいで、大宮辺りで子供のうち一人はダークサイドに落ちていたので、お昼を食べて、ジュースを買って、正しい道に戻してやってからニューシャトルに乗りました。知っておられるかとは思いますが、本物のBトレインショーティーです。
re_DSC00640.jpg
 で、着いて、入りました。昔に比べずいぶん空いていました。今回のお目当ては昔は並んでて入れなかったジオラマのところです。
 照明は、昼間と夜を演出するためか、白以外にピンクと青があります。(結局ジオラマの解説見ていないからわからないけどこれで朝、夕、夜を表現するのか?オレンジ足りなくないか?)
re_DSC00646.jpg
 あとは、大宮駅辺りで初めて見た旧成田エクスプレスの色塗りが違うやつも走ってました。
re_DSC00654.jpg
 E253系1000番台って言うのね。(知らなかった)なかなかすごい配色(錆防止塗料に見える)だと思いました。
 で、メンテナンススペースには満鉄あじあ号がありました。思わず撮りました。
re_DSC00653.jpg
 レイアウトでは、スイッチバックとループ線の自動運転があり、ボタンを押すと動きます。自分のジオラマで、このぐらい安定して動くようにしたいなあと思いました。
re_DSC00649.jpg
 子供は、東北新幹線のパンタグラフの上げ下ろしや、ポイントの切り替えなどを楽しみながらやっていました。
 で、帰りに、大宮のトミックスワールドにちょっとだけ寄ったのですが、まあ、トミックス製品が定価で売っているだけで、特に説明することはありません。(Katoみたいに特価品でもあったらよかったのにと思ったのですが)
 ここで、子供がまたダークサイドに落ちていたので、お菓子を買って正しい道に戻してやりました。
 一瞬、大宮ー東京間だけ自由席で新幹線に乗ろうかと思ったのですが、一人1070円かかるということで(子供3人+私で4000円か?)やめました。
 そして、せっかく周遊券を買ったので、帰りに秋葉原の秋月で買い物をして、夕ご飯を食べて帰りました。すごい疲れました。