So-net無料ブログ作成

EPSファイルでレーザーカット? [S88]

 あやのすけ様のBlogで、GerberファイルからEPSファイルに変換してElecrowに注文と書いてあったので、私も試してみました。
 ですが、私はKicadじゃないし、Macでもないので、かなり一日中右往左往していました。
 まず。Gerberファイルを用意します。私はmbeで作っているのでこんな画面ですが、
Gerber_1.png

そのうち作っていないコメント層(DOC)に適当に基板外形を作ってみます。
Gerber_DOC.png
見やすくしようと思って、背景を白に一瞬しています。

で、Gerber出力します。
Gerber書き出し.png

次にKicad(ver4.0.2でした)を立ち上げて、とりあえず適当なプロジェクトを作っておきます。
以下の例ではTest4というプロジェクトです。
で、GerbViewをクリックして立ち上げます。
Kicad_1.png

 ガーバーファイルを読み込みます。読み込みたいのはDOCファイルですが、そのままでは出てきませんので、ファイルダイアログの右下のファイルフィルターは「すべてのファイル(*)」にしておきます。
 読み込んだら、PCBNewにエキスポートを選びます。
Kicad_3.png

 ここが大切ですが、ボードファイル名は先ほどのKicadのプロジェクトのファイル名を指定して上書きしてしまいます。例ではtest4.kicad_pcbです。
Kicad_4.png

 GerbViewは閉じて、PCBNewを開きます。そして、SVGファイルのエクスポートを選びます。
Kicad_6.png

 書き出し設定が現れますが、SVGページサイズで、ボードの範囲のみを選んでおきました。
Kicad_7.png

 これで、Test4のフォルダにめでたくSVGファイルが出来上がりました。Chromeなどで普通に見ることができるファイルです。
 これをEPSファイルに変換するのは、あやのすけ様のBlogの通りで、InkScape(Win版もある)というソフトを使って開いて、名前を付けて保存でEPSファイルを指定して保存すれば完成です。

 そして、ここからが重要ですが、このファイル、ちゃんとしているのかどうかよくわからないのですが、ElecrowのLaser Cutting Serviceに出してしまいました。大丈夫だといいなあ。すごいちっちゃいアクリル板がきたら、どうしよう。

 あと、Elecrow、なんかいつの間にか基板が4,9ドル(5枚)と半額!になっていたので、適当に青や白の基板でS88 Mascon,Analogの改造基板を頼んでみました。

コメント(2) 

コメント 2

あやのすけ

あのブログ中途半端でしたね。
大きさがわかるように、EPSファイルと一緒に、以下のテキストファイルも添付しています。

大きさがわからないという連絡がくると思いますのでw

size 100mm x 50mm
Thickness 2mm
Acrylic colors
2in1CS-Eco1.User_top.eps is transparent.

----


by あやのすけ (2017-08-13 08:55) 

fujigaya2

コメントありがとうございます。

ドキドキしながら、GIMP(GhostScript入り)で見ると寸法はちゃんとしている(9cm*9cmぐらい)みたいです。ドットが荒いのが気になりますが。
メール来たら返信したいと思います。
by fujigaya2 (2017-08-13 10:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。