So-net無料ブログ作成
検索選択

S88 Analog Control基板デバッグ [S88]

 妻にホワイトデー何がいい?と聞いたら、チーズケーキと言われたので、子供と一緒に久しぶりに作りました。混ぜて焼くだけのケーキを作るのは昔から大好きです。(つまりチーズケーキとかパウンドケーキ)。逆にイチゴのショートケーキなどデコレーションをしないといけなくて、且つ、焼いていないものがつくもの(泡立てた生クリームとか生フルーツ)はお腹の弱い私はすぐに調子が悪くなるので、好きではありません。
 ケーキのレシピはこちらで作りました。クックパッドは玉石混交で、レシピがはずれると、かなりへんてこな味に仕上がるので、私は基本的にメーカーのレシピで作ります。
 チーズケーキにしては少々甘めでしたが、材料費だけで900円近くもするので、(クリームチーズと生クリームが高い)、おいしかったです。が、写真は失敗のようです。照明かなあ。(あと、下にクッキーを砕いたのを敷いています)
 re_DSC01330.jpg

 さて、基板が組みあがりましたので、デバッグを始めました。
 UI部分は作るのが面倒な割に書くことがありませんので、割愛します・・・。
 操作はD101風にしました。ただし、まだ、Loco番号の設定と、ファンクションを鳴らす程度しかできません。
 で、アナログコントローラの電圧を確認しておこうと思って、TomixのN-1とKatoのStandard Sの波形を確認しました。どちらも無負荷状態です。
 まずはトミックスのN-1です。特に何の引っ掛かりもなく直流でした。
Tomix_n-1.png
 ただし、コンデンサが入っているのか、私の基板に入れる程度の小電流では、減速時になかなか電圧が下がってくれません。放電用に大きな抵抗でもつなぐかと思って12V-0V間に大きな抵抗47Ω(2W品かなあ?)をつないだら、いい感じに電圧の下がりは早くなりましたが、アッチッチになったので、もう少し電圧やW数を考えてやった方がよさそうです。いっそのことモーターを一つつないでおくのも手かなあと思いました。(いやいや、それはないだろう。)
 次にKatoのStandard Sです。
kato_powerpack_standard_s.png
 ACアダプタの出力がACだったので多分そうだろうなあと思っておりましたが、案の定平滑されていない信号です。電圧もすごいですが、ほぼ無負荷状態なので気にしないでください。
 一応、マイコン取り込み時に、ソフト的に1ms周期で電圧を測って、100ms周期ごとに平均値に直して速度データにするようにしたので、まあ、少し速度値がふらふらする程度までには良くなりました。
 このKato Standard Sは普通の平滑化された直流を入れてやると、普通にトミックスのN-1と同じような波形になりますので、今回は平滑化したDCを入れる使い方をすることにします。おまけにTomixと違い出力にコンデンサ?が入っていないようで、減速時も電圧がスロットルに忠実です。(自己責任です)
 ということで、私の所有コントローラで言うと、
・Tomix N-1は、平滑化されたDCで使いやすいが、減速時、電圧の下がりが遅い。
・Kato Standard Sは整流されただけのDCで使いづらいが使えないわけでもない。
・Kato Standard S + 秋月とかのACアダプタ 平滑化されたDCで、減速時の電圧も下がりやすく一番良い?
となりました。
 次の問題は、以下の回路です。
AnalogIn.png

 電気のことはさっぱりなので(←それはどうかと思うが)、何も考えずにYaasan様のDSMainR2から回路をコピーしてきました。
 で、実際に動かしてみると、私が思っていたことと違うことがわかりました。(ちゃんと実験しておけよ!いう感じですが)
 回路はCN6またはCN3からパワーユニットの電圧が入ってきます。
 そして、ANALOG_IN信号側はブリッジダイオードを通って、M側がGND、P側がパワーユニットの+電圧となり、2.2K,1Kの抵抗で分圧され、12Vが来ても3.75V(=12V * 1.2k / (2.2k+1.2k))の電圧になります。それなりに高い電圧が来ても。D5のダイオードから5Vラインのほうに電流が流れて、ANALOG_INの電圧は5.5V程度でした。
 で、問題はPWM_DIR信号側で、ある電圧未満はLowになるので、実験のデータで言うと、パワーユニットの電圧が2.24V未満では、Lowになりました。
 つまり、パワーユニットで前進、後進時
前進時:PWM_Dirは初めLow(後進側)、2.24V過ぎるとHigh(前進側)
後進時;PWM_DirはずっとLow (後進側)
 まあ、適当にソフトで2.24V以下の時は、まったく走り出さずに、それ以上で走り出しにしましたが、パワーユニットのつまみを1/4以上回さないと方向すら検出できない、ちょっと悲しい回路になりました。常点灯がついていたら、方向が分かるので、この現象は回避できると思います。(でも、PWMなので、速度の検出は今よりも悲しいことになるかも)
 
コメント(3)  トラックバック(0) 

コメント 3

Yaasan

ご指摘の通り、DSmainR2のアナログ入力回路には問題があります。

正解の回路はDCC線路の両方の信号線を、それぞれGNDに対して分圧した後にADCに入力させて、信号値を比較してFWD/REVするのが正解です・・・。

常点灯は怪しいですが、一般的なPWM出力のタイプであれば、検出可能なので、PWM専用と謳っていただきますようお願いします・・・。
by Yaasan (2017-03-13 21:04) 

あやのすけ

自家製のチーズケーキ良いですね!
うちは、http://www.happy-philly.jp/ このチーズを使って作ります。(私は食べる専門)
みんなで食べるようにヴィタメールのお菓子を買ってきました。
by あやのすけ (2017-03-13 23:34) 

fujigaya2

コメントありがとうございます。
>正解の回路はDCC線路の両方の信号線を、それぞれGNDに対して分圧した後にADCに入力させて、信号値を比較してFWD/REVするのが正解です・・・。
→その回路だとよさそうですね。でも、15ボタンもつけてI2C液晶もつけたので、28ピンのATMEGA328(Dip)ではAnalogInが足りないです・・・。PWMコントローラ買うか?
>チーズケーキ
チーズケーキ以外に子供用にメリーチョコレートも買っておきました。子供はたくさん入っているものが大好きです・・・。
http://maryshop.jp/shop/g/g0264/
by fujigaya2 (2017-03-14 21:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0