So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

井出トマト農園に行った [その他]

 で、午後は完全に鉄道と関係ありません。
 会社の近くにあるトマトの水耕栽培をしている井出トマト農園にトマト狩りに行きました。
 私の世代(40代)だと、トマトの水耕栽培と言えば筑波の科学万博が強烈な思い出です。
 この農園のトマト狩りは甘いトマトが食べ放題で、生まれて初めてトマトでおなか一杯になりました。
 温室です。
re_DSC01682.jpg

 この時期、外は灼熱(30度ぐらい?)ですが、温室内も高温にして湿度も高かったです。トマトには24度ぐらいが一番最適な温度なので、トマト狩りに来るなら、3~5月のほうが甘いですよ。とのことでした。(トマトに暑過ぎるのか、来週でトマト狩りも終わりのようです)
 で、中です。
re_DSC01678.jpg

 水耕栽培ですが、根の部分は液肥の液にジャブ付けではなく、ロックウールを使っているとのことでした。
 re_DSC01679.jpg

 液肥を送り出す装置だったかと思います。
re_DSC01677.jpg

 温室内は各種センサーでログを取っているとのことでした。ただし、その情報だけから管理するとダメなので、もの(トマトの苗)をちゃんと見なければいけないそうです。
re_DSC01676.jpg

 あとは、トマト苗を一本一本上から吊るして調整していました。
re_DSC01680.jpg

 昔、水耕栽培を趣味でやってみたことがあるのですが、土から上の部分が液肥のおかげで巨大になるのですが、根の部分が液肥に浸しているだけなので、かなり風に弱く、トマトの苗が倒れるごとに、どうやって支えようかと悩んでいたのを思い出しました。

 

伊豆クレイル1周年記念イベントに行った。 [その他]

 本日の午前中は伊豆クレイル1周年記念イベントに行きました。
 少し早めに小田原駅に行って、新幹線ホームに入場券で入り、子供と二人で通過する”のぞみ”のパンタスパークを眺めていました。やっぱり新幹線を見るならこだま停車駅だなあと思いました。
 で、小田原保線技術センター会場です。
 re_DSC01675.jpg

 まずはレールスター乗車体験。レールスターというのは保線用のゴーカートみたいなもので、夜中の保線作業で使うそうです。エンジンが付いていて一回に小田原~根府川ぐらいまで走ったりするそうです。
re_DSC01665.jpg

 で、子供と乗りました。とても車高が低いのに、レールの上を走るので、とても乗り心地が良く不思議な感じでした。


 あとは、軌道モーターカー(400型)という保線用のディーゼル機関車がありました。
re_DSC01668.jpg

 非常停止ボタンを押す体験もでき、やってみました。割とボタンは軽かったです。まあ、実際押さなければいけない場面では、これで電車が止まると思うと、なかなか押すのに躊躇しそうだなあとは思いました。その隣に踏切の制御盤?もあり、見たことのない透明な大きなリレーがありました。
re_DSC01674.jpg

 高所作業車乗車体験もありました。90cm以上小学生以下しか乗れないということで、子供は乗りましたが、「大きなお友達」の私は乗れませんでした。ちょっと残念。
re_DSC01670.jpg
 作業者の運転席の上にはパンタグラフのようなものがあります。・・・説明を聞き忘れました。
re_DSC01672.jpg
 
 小田原保線技術センター会場からは、東海道線、踊り子、スーパービュー踊り子に加え、小田急の特急(VSE,MSE)、なども見え、かなり景色の良い所だと思いました。帰りにはExe αも初めて見ました。
 帰りの東海道線では、EF210を追い抜く東海道線に乗れて、ちょっと楽しかったです。


 あと、電車のペーパークラフトをたくさんもらって、子どもは大喜びでした。
re_DSC01685.jpg

 午後から他の用事があったので、肝心な伊豆クレイル自体は見ておりません。
 パンフレットを見た感じだと、旅行パックは2,3,4人限定の感じで、まあ、うちの家族(5人)旅行には使えなさあそうな感じかなあと思いました。
 

ゴードン用SLスケッチをブラックキューブスピーカーで鳴らす。(SL101) [ds-DCCデコーダ]

 さて、Yaasan様から蒸気音は低音がいっぱいだから音を高くしたほうが良いとアドバイスをもらいましたので、やってみることにしました。
 Audacityで音を高くしようとしたら、どのフィルタを使っても、Wavの時間が変わってしまうため、Bass,Treble調整でTreble(高音側)を大きくして、高い音を出すようにしてみました。
 今回のシステムはこんな感じです。
re_DSC01663.jpg
 CV値をたくさん書き替えないといけないのでDSBlueBoxを使用しております。で、そこからMp3デコーダ(SL101スケッチ)+ブラックキューブスピーカとつなぎ、別配線で線路ではゴードンがDSDecR3で動いております。
 動画は以下です。


 ちょっと、蒸気音のリアリティが下がりましたが、本物から加工した音です。大井川鉄道のトーマス(C11だかC12)ですが。
 で、CV値ですが、
走行音を目一杯、大きくするため、
走行音:CV50(0-8)→8
アンプ:CV59(0-30)→30(走行音が割れるようなら少しずつ小さくしていく)
Mp3音量:CV58(0-30)は音が割れるので、21
もちろんジョイント音はいらないのでCV48(0-3)→0
蒸気音の周期はKasoku配列を(現在)適当に再利用しているのでCV47(0-7)→0~4
です。
なお、モスキート音対策済みスケッチで若者(8歳?)に確認して、モスキート音は出ていません。
SLの蒸気音ですが、スケッチ中の
shu1_16k.h~shu4_16k.hでこれを変えると、そのまま蒸気音が変えられます。
back_***フォルダがその試行錯誤の跡です。
スケッチ(SL101)はこちらです。

ゴードン用のMp3デコーダSLスケッチ [ds-DCCデコーダ]

 ゴードンを買ったので、必死にMp3デコーダでSLスケッチを作るのをしておりました。
 で、とりあえず完成?しました。
 今回のシステムも、とりあえずBoseの外部スピーカーです。
re_DSC01662.jpg
 繋ぎはDSMainR5→Mp3デコーダ→Boseのスピーカーで、DCCは線路側に分岐させゴードンのスマイルデコーダR3につながっています。またFunctionを鳴らすためにS88 Analogをつないでいます。

 で、今回は、吊りかけ音の周波数を必死に鳴らしているTimer1をシュッシュッポッポの音にしています。どうやらスケッチには16kHz(8bit)で1秒までWavが入れられるようでしたので、0.24秒ずつちょっとずつ違う「シュッ!」という音を入れて、その鳴らし始め周期を変えることで蒸気音としています。(以前のスケッチのように再生周波数を変えるのはしておりません。やってみたら、なんか音が変だったので・・・。)それ以外の音はMp3側で鳴らすようにしています。
 で、動画です。




 今回わかったことは、
・このゴードン、人のスロットル操作に鈍感です。とても接触の悪いアナログNゲージみたいな動きをします・・・。
・シュッシュッポッポとピストンの動きを合わせるのがとても難しいです。
・ブラックキューブスピーカーで鳴らしたら、ゴードンのピストンのキュルキュルノイズ音のほうが大きくて、蒸気音が全然聞こえません・・・。なごでんの日記様の爆音デコーダに期待しています。
・スマイルコネクタを切るとゴードンのテンダーに入りそうですが、デバッグ中なので、コネクタ部分を切る気になりません・・・。

で、スケッチはこちらです。
・モーターが回るかは確認していません・・・。

Mp3デコーダ モスキート音の解消(DLスケッチ) [ds-DCCデコーダ]

 MECY様に確認していただき。DLスケッチもモスキート音が出ているとのことで、修正しました。
こちら(DL106)です。
・音が出ることは確認しましたが、モスキート音が消えたかは確認しておりません。
・モーターが回るかは確認していません。

Mp3デコーダ モスキート音の解消方法 [ds-DCCデコーダ]

 DCC電子工作連合の中で、MP3デコーダV5を改造しようとしたら、Mp3デコーダからモスキート音がするという話があり、そういえばうちの子供も電車が停止時にピーって言っているよと言っていたので、オシロで見てみました。(もちろんそんな音、中年の私には聞こえません)
 EL102スケッチ(EL102bスケッチも多分一緒)の時です。
EL102.png
 1メモリ10usですが、確かに60us周期のノイズが出ています。
 で、どうしようか、寝ないで考えました。(嘘です)
 今までPWMの搬送波をサンプリング周波数と一緒の16kHz(62.5us)にしていたのですが、16kHzは若者に不快な音として聞こえてしまうとのことで、PWMの搬送波を倍の32kHzにしました。具体的には、割り込み周期を32kHzにして、2回に一回だけ、PWMの値を変更することで、再生は16KHzのままです。こうすると、停止時のノイズも32kHzで、若者の耳も20kHz程度までしか聞こえないので、うちの若者(7歳?)に聞かせてみましたが、ピー音聞こえないとのことでOKでした。
 その時の停止時のPWM波形です。
EL102c.png
 30usぐらいの周期の波形ですから32KHzの高周波が出ているはずですが、人間には痛くもかゆくもありません。たぶん。
 スケッチはこちら

ゴードンDCC化(ただし、おしゃべりしない)

 せっかくなのでさっさとDCC化してしてしまおうと思います。まずは分解前。
re_DSC01652.jpg

 DCC化で参考にしたのはこちらのページでヘンリーですが、ほぼ一緒のような気もしますが、基板の乗っているところがヘンリーのほうが奥深くでしょうか?

 で、裏返して、先輪と従輪と取った後、左右のロッドがボディーとつながっているところ(画像で丸のところ)をそれぞれ外側に引っ張って外してから、矢印部分のねじ2本をとると、ボディーから外れてきます。
re_InkedInkedre_DSC01653_LI_.jpg

 外れた後です。
re_DSC01654.jpg

 小さなデコーダ以外は入らなそうですので、今回は、もう売っていないという意味で伝説のDSDecR3を入れてみます。スマイルコネクタ部分は切ってしまう予定です。
re_DSC01656.jpg

 ちなみにテンダー部分は中がスカスカですが、集電されていません。また、Mp3デコーダは入らなさそうです。デコーダとMp3部分が分割されたタイプがあったら入りそうですが。
re_DSC01655.jpg
 
 で、ここが改造する部分です。赤、黒が線路からの集電部分で、茶色と黄色がモーターへの配線のようです。
re_DSC01657.jpg

 もちろん、基板ごととってしまいます。
re_DSC01660.jpg

 で、スマイルコネクタ部分を切ったDSDecR3をはんだ付けします。
re_DSC01661.jpg

 このあと、絶縁用にポリイミドテープをぐるぐる巻きにして、ボディーをだましだまし付けていって完成です。特に蒸気音とかが出るわけでもないので、動画はありません。

 さて、Mp3デコーダはどこに乗せましょうか?客車でいいかなあ・・・。

ゴードン(HO)が来た。

 6月27日にアメリカのアマゾンに注文したゴードンが本日到着しました。7/14に着く予定のものが早く着いてちょっとうれしいです。
re_DSC01648.jpg
 で、JNMAで買ったRocoのそれっぽい客車と合わせて、私はすでに満足です。
re_DSC01649.jpg
 目がきょろきょろする動画はこちら。

 機関車の動作は、N-DU202で確認しましたが、Katoのクモハ40などと比べるとよろしくないです。
・なかなか走り出さない・
・走り出しがあまりスムーズでない
・走っている間はキュルキュルとどこかがすれている音がする
・走り出しと止まる電圧が(体感で)かなり違う
 しかし、これが9000円で買えるので、何の不満もありません。いや、大満足です。
 で、Bachmannの製品は初めて買ったのですが、分解図までついています。
re_DSC01651.jpg
 ボイラーの中はギアボックスで埋められていそうで、長さ的にテンダーにもMp3デコーダは入らなそうなので、とりあえず、普通のスマイルデコーダを入れて、DCC化しつつ、後ろにオハフ33でも付けてMp3デコーダを入れようかなあとかいろいろ考え中です。
 あと、これに味を占めて、次はヘンリーを買おうかなあとか思っています。

JNMAフェスティバルに行った [その他]

 今日は子供と二人でJNMAフェスティバルに行きました。
 上野での乗り換えなので、行きがけに有名な銀座線の踏切にも行ってみました。
 外はとても暑いです。電車が踏切を渡っているのは見えませんでした。朝とか上野発の電車がでるときに、踏切が閉まるようなことがどこかのサイトに書いてあったような気がします。(本当かどうか知らないけど)
re_IMG_20170702_130241.jpg

 で、車庫です。線路の幅が広いのに子供も私も驚いていました。鉄道模型のバランスに見えます。
re_IMG_20170702_130035.jpg

 逆側には銀座線と書いてあります。
re_IMG_20170702_130443.jpg

 地下へ降りるところですが、かなり勾配がきついような気もしますが、地下鉄は馬力があるのでしょうか?
re_IMG_20170702_130451.jpg 
 
 で、JNMA会場に行きました。
 路面モジュールレイアウトを見ました。T-Trackなんですよね?
 あとはアナログ電車で閉塞区間作って、制御している、いわゆる自動運転モジュールだったと思います。良い動きをしていました。
 てっぱくモジュール、黒光りしていました。
re_IMG_20170702_133938.jpg
 
 知り合いのM様のモジュール。学校ですね。
re_IMG_20170702_134146.jpg

 腰越駅もありました。
re_IMG_20170702_134444.jpg

 で、外国のHOの中古客車が格安で売っていたので、買いました。このごろでは1500円ってNゲージの中古よりも安い気がします。ゴードンが到着したらつなげようと思います。あとは子供がプラレール欲しいというので買いました。本日のお買い物です。
re_DSC01647.jpg



Masconにスピードメーターと圧力計をつける [S88]

 明日はJNMAフェスティバルを見に行こうかなあと思っております。
 さて、5月からS88 Masconにスピードメーターと圧力計をつけようとずるずるとやっております。
 最初はダイソーの100円時計でやってみて、まあ、それなりですが、360°が60分割のため、2km/hごとパタパタ値が変わるのと、時計の逆回転はスピードが遅いため、自己満足レベルでは満足レベル高いのですが・・・という感じでした。
 ということで、角度をちゃんと制御するならステッピングモーターだということで、秋月でステッピングモーターを買ってきて、制御実験を繰り返していたのですが、MDP-35Aは48ステップで時計より回転角が荒く、DRV8835を使用して、適当なPWMを使用したマイクロステップのスケッチを書いて、どうかなあとやっていました。
 しかし、マイクロステップ時に角度が等間隔にならず、出来が100円ショップ時計未満でしたので、ボツとしました。
 で、SPG27-1101が360°で120ステップということで、こっちを採用することにしました。100km/hまでの目盛りなら、1km/hで1ステップ動かすことになります。(本当はこのSPG27-1101でもマイクロステップを試してみたのですが、こっちもダメでした。ステッピングモーターではなく、私のスケッチかドライバの問題かと思います)
 そして、一応完成です。
 システムは、DSMainR5、S88 Masconと繋ぎ、S88 Masconからスピードメーター、圧力計を制御します。
re_DSC01645.jpg

 実験中ですので、ブレッドボードがスパゲティのようになっています。
re_DSC01646.jpg

 前回の時計流用品はメーター一つあたり108円(ダイソー)でしたが、今回は650円(モーター350円+ドライバ300円)です。二つで1300円。このごろ散財が激しいので、基板を作るかどうかは未定です。

 で、動画です。今回のは前のよりもいい感じです。子供も、「100キロ!」とか言いながら喜んで遊んでいました。やっぱり液晶と違ってアナログメーターは直感的にスピードが分かるような気がします。ただ、子供が「スピードが変わるとカタカタって聞こえるの?」と聞いてくるので、これは偽物だからね、と本物と違うことを断っておきました。(ステッピングモーターの音が結構うるさい)



参考に以前の100円時計のものの動画です。

前の10件 | -