So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

四日市あすなろう鉄道 [その他]

 前後しますが、先週の金曜日は出張先(三重)に自腹で泊まって、土曜日はあすなろう鉄道で四日市駅まで出て、名古屋でリニア・鉄道館に寄って帰りました。
まず、あすなろう鉄道、泊駅です。re_IMG_20160827_075429.jpg
ホームからの写真ですが、すごい線路幅が狭いです。風景全体が田舎の駅のジオラマみたいです。
re_IMG_20160827_075513.jpg
線路を見ると、犬釘が傾いていて、枕木が腐っています。大丈夫か?この電車。
re_IMG_20160827_075826.jpg
で、電車が来ました。2016年ローレル賞受賞と書いてあります。
re_IMG_20160827_080113.jpg
乗ると、かなり左右に揺れて、カーブなど、運転席の後ろから見ていても左右の揺れに合わせた線路の光り具合のムラがあって、癖がついているように見えます。どうなんでしょう?
 電車の音は、吊り掛け音のような音が鳴っていて、ちょっと感動しました。(江ノ電でも一部の電車はそういう音が鳴っていたような気もするが)
 運転席です。マスコンとブレーキが別の古いタイプです。で横にはスマホみたいのが並んでいます。なんか、かっこいいです。
re_IMG_20160827_080839.jpg
re_IMG_20160827_081004.jpg
で、無事四日市駅で近鉄に乗り換えて、アーバンライナー?という特急に乗って名古屋まで行って、
re_IMG_20160827_082410.jpg
あおなみ線という、ユリカモメみたいな電車に乗って、
re_IMG_20160827_091004.jpg
リニア・鉄道館に行きました。朝10時の開館とともに入ったので、すいててよかったです。
新幹線やリニアモーターカーの仕組みが丁寧に解説されており、勉強になりました。
で、ジオラマには人がいっぱいいました。
re_IMG_20160827_103430.jpg
もちろん、お約束の観覧車もありました。
re_IMG_20160827_103451.jpg
あとは、それらしい写真も撮って、家に帰ってから子供に自慢しておきました。
re_IMG_20160827_111453.jpg
あとは、10~11月の山梨のリニア体験乗車の抽選期間中とのことで、抽選に応募しておきました(8/29までとのこと)

ターンテーブルの調査その2 [ds-DCCデコーダ]

 さて、前回、トミックスの旧製品のAT212-15の動作を見ました。今回は、とりあえず、DCCで動かしてみました。悪い予感がしている人は当たりです。
 ターンテーブルの中には普通のモーターが入っているだけなので、普通の動力車デコーダでなんの問題もなく動きました・・・。制限抵抗の代わりはモーターのパルス駆動です。(と言い切ってみます)
 まず写真のようにシステムを組みます。制御機器はDSMainR5です。デバッグしやすいように動力車デコーダはデコーダ開発ボードです。で、ターンテーブルです。
 re_DSC00948.jpg
 配線ですが、ターンテーブルからの配線は以下のようになっています。(極性については見ていません)
黒 - ターンテーブルモーター用
茶 - 線路給電用
赤 - 線路給電用
橙 - ターンテーブルモーター用
ということで、ジャンパ線を以下のようにつなぎます。
re_DSC00947.jpg
 写真の白と黒の線がデコーダ開発ボードのMotorOutにつなげています。
 次に、デコーダ開発ボードでスケッチをいれます。入れるスケッチはスマイルデコーダーのLocomotive decoder sketch(車両用デコーダスケッチ) R4で。一番普通の動力車用をいれます。
 あとは「節度ある操作」をするだけです。以下が私が節度ある操作をした動画です。ツマミを回せば、ターンテーブルがお好みのスピードで回ります。これで、レイアウトにターンテーブルが10個あろうとも怖いものはありません。ターンテーブルなんて、そこら辺の電車と変わりまりませんから。(次はちゃんとF1:右回り、F2:左回りとかで駆動させてみようかとも思います)

 で、F1,F3でプッシュボタン式にしてみました。一段ずつではなく、節度ある操作が必要なことは変わりありません。プッシュボタンにすることよりもD101でのプッシュボタン操作のほうでかなりはまりました。F2、F5の動作はおかしいし、電源を切っても前回のファンクションを覚えているし・・・。

 スケッチはそのうち。

ターンテーブルの調査 [その他]

 S様からターンテーブルをDCCで動かす実験をしてほしいとのことで、ターンテーブルをお借りしています。
 ターンテーブルが三つあります。
re_DSC00946.jpg
 ターンテーブルは子供のころからTomixのカタログを見ては欲しいなあと思いつつ、車両6両セットよりも高いから買うことは無いだろうなあと思って、今に至っています。
 ということで、まずは一番古いAT212-15でターンテーブルの動きを見ようと思いました。
re_DSC00939.jpg
 古いものだとは聞いておりましたが、箱の中を開けたら緑色のコントローラが入っています。当たり前のように、後ろにはDC12V以外にアクセサリー用のAC17V線が・・・。
 どう使っているのかを確認するため、コントローラを分解しました。
re_DSC00935.jpg
 スイッチ以外にくっついている素子は二つだけです。これならさすがにわかりそうです。
re_DSC00936.jpg
re_DSC00938.jpg
 一つはセメント抵抗60Ω?で、もう一つは(型番も調べず)ブリッジダイオードのようです。DCはそのままターンテーブルにつながって、ACはコントローラ内で(一応)直流に整流され、電流制限抵抗を付けて、ターンテーブルの駆動に使われているようです。
 ということで、AC17V端子には近くにあった12VのACアダプタをつなぎました。(どうせ直流にされているし)
 これで、繋いで動かしてみましたが、最初かなりギアの豪快な音がして焦りました。Youtubeなどで調べると、どうやらトミックスのターンテーブルは音がうるさいことで有名なようです。
 で、時計回りは何とか動きますが、反時計時計回りが動きません。
 古くてギアか?と思い、ターンテーブルをちょっとだけ分解してみました。
re_DSC00941.jpg
 話はそれますが、真ん中の二つが線路給電で、外側の二つがターンテーブルのモーターのようです。
 で、外側の二つを12VのACアダプタに直結してみたら、すごい勢いでモーターが回りましたので、どうやら、制限抵抗のせいで、駆動エネルギーが足りないようです。
 また、15度づつ動かすために下の写真で上の歯車は半分わざと欠けてあります。面白いと思いました。
re_DSC00942.jpg
 で、説明書には、ACは17Vですが20V以上はつながないでくださいと書いてあります。
re_DSC00944.jpg
 まあ、20VのACアダプタもないので、ちょっと探したら、KatoのD101用のACアダプタが15Vで手ごろだったので、繋ぎました。
re_DSC00943.jpg
 これで、動くようになったのですが、それまで説明書を読んでいて、分からなかった項目の意味がやっと分かりました。下記写真の部分ですが、
re_DSC00945.jpg
 「転車台は1ピッチ(15°)づつストッパーにより節度を持って回りますので、転車台が止めたい位置へ来たら、セレクターつまみから手を放してください。」?かなり、意味不明な表現です。
 で、とりあえず、DCCにからまずに、DC15VのACアダプタにつなげて手で動かした動画を載せます。
 この、微妙な転車台さばきを昇圧ポイントデコーダに繋いで表現してしまえばいいだろうか?(いや、それは求められていることではなさそうなので、この頃のものでやりますけど)


第17回鉄道模型コンベンションに行った [その他]

 今週は一週間出張で、最後のほうで不具合があって少々嫌な感じを引きづりつつ、土日なので、家に帰ってきて、鉄道模型コンベンションに行きました。土曜日の2時ぐらいに着きましたが、そんなに混んでいませんでした。(鉄道模型コンテストはとても混んでた)
 で、気になったものを紹介します。
「東京運転クラブ」様がDCC制御のHOを展示していたのですが、転車台やポイント盤関連が気になって、みたらDigitraxのDS64というのを使っていました。斜め読みするとポイント4つを駆動できて、DCC互換で、LocoNet経由で制御/フィードバックができる。と言ってもLoconetがよくわからんので、分かりません。
re_DSC00894.jpg
 で、反対側に行ったら、今度は自作のものが置いてあって、「名古屋電鉄」様のを参考に作ったそうです。DS64の制御できるポイント数が少ないから、「名古屋電鉄」様の28.Loconetを利用したポイントスイッチの作成を参考に最大24個までのポイントを制御できる操作盤を製作したとのことです。
re_DSC00896.jpg
 次に、「卓上電鉄・組み立て線」様に面白いものが二つありました。まず、どこでも信号機。乾電池で動いて、横から車両を検出して、タイマー動作で信号機が変わるそうです。
re_DSC00898.jpg
 センサの置き方が、MECY様が京都のグランシャリオで試したのと同じ方式です。
 あとはスマホカー。
re_DSC00900.jpg
 HOでしたが、車窓をそのまま録画して、画像もそのまま画面に映るので、見てて面白かったです。車高がHOの倍ぐらいで、Nに入れるのは無理そうですが。
 次は、観覧車。DDFの観覧車が有名ですが、「た625」様の観覧車。
re_DSC00904.jpg
 「木こり鉄道~しまなみライン」様の観覧車。
re_DSC00910.jpg
 ちょっと観覧車を作りたいです。
 「木こり鉄道~しまなみライン」様は去年もそうでしたが、今年も見とれるようなレイアウトでした。内気なので、製作した方に話しかけはしませんでしたが。
 色使いが明るい、水の中に青色LEDを点ける、ジオラマの中の一つ一つが何をしているかわかるように配置している(結婚式、みんなで食事、バカンスを一人でくつろぐ、小道があるなど)、模型としてのデフォルメがうまいと思いました。マネできないなあと思いました。江ノ島登山鉄道では、参考にさせていただこうと思います。(土台すら作っていないけど)
 「東京海洋大学ロボット研究会」様が閉塞区間を使った自動運転をしておりました。アナログでやっているそうです。
<説明>
re_DSC00916.jpg 
<全景>
re_DSC00917.jpg
<信号機部分>cdsを使用しているようでした。
re_DSC00918.jpg
 DSBasicでやってみようかなあと思いました。でも、いまのだとちょっとセンサの位置がいまいちかも。
 次に「ロクハン」のe-トレインコントローラー。開発中のようです。
re_DSC00922.jpg
<本体>本体から汽車の蒸気音が一緒に出ていました。
re_DSC00923.jpg
 そう言えばDesktopStationソフトにも音を出す機能があったようなと思います。(使ったことないけど)。DesktopStationも速度感応式にすれば、蒸気音とか出せそうですね。
スマホの操作盤イメージ(アナログ)
re_DSC00924.jpg
 いろいろラインナップが出るそうです。
re_DSC00925.jpg
 DCCのスマホ画面イメージです。
re_DSC00926.jpg
 次は「アイディア満載 par3プチテック&Vista工房」様。衝突防止です。
re_DSC00931.jpg
<車両>
re_DSC00928.jpg
<センサ部>
re_DSC00930.jpg
 説明によると、センサはシャープのGP2Y0E03とのことです。面白そうです。トミックスのHOナローが出たら、
re_DSC00895.jpg
 載せて楽しめるかしら、とちょっと思いました。
 あとは物販のところで、「トレジャータウン」様の動力すっきり改造キットというのを買いました。鉄コレの動力モーターの置き方を縦から横に変えて、窓上に出ないように改造できるものだそうで、1600円でしたが、これで、スマイルデコーダー+αの搭載が楽になるかもと思ったのですが、鉄コレ1000円、モーター車3000円、この改造キット1600円としていくと、最初からヘッドライト、テールライト、モーターが付いた、完成車との価格が何となく逆転してしまい、かなり微妙な感じではあります。(私のように車両自体に思い入れが無い人間にとっては)
re_DSC00934.jpg
 そのうち、作ってみたいと思います。 

NucleoでDSBasicをしたい(主にメモリを増やしたいだけ) [自動運転]

 かなり、願望が入っている題名ですが、
Yaasan様から
----------
Nucleoに使われているSTMのマイコンは、全ピンが5Vトレラント対応です。つまり、5Vの信号を突っ込んでも平気です。

課題なのは、3.3Vで出力するピンです。ロジックICのVIHminは、たいていは70%なのでおおよそ3.5V以上でHIGHと認識する動作を保証します。つまり入力HIGH電圧閾値の動作保証外。まあ、実際のところはかろうじて動くんですけどね・・・。ということで、秋月でも売っている74XX125なレベルシフトに使えるスリーステートバッファを3.3V->5Vで使うことになるかと思います。

挙げられているソフトは、EEPROMやファイルシステムは実装されてないと書いてあるので、そこを実装しないと、保存できないシロモノになります。あと、テレビとかキーボードの処理も別途実装が必要そうです。STM用のライブラリってありますかね???
----------
とコメントされましたので、一応いくつか調べてみました。

まずEEPROMですが、なんか、一日中探して、下記のものを探せました。mbedのLPC・・・だと、localFileSystemが使えて楽なんですが、なんで、Nucleoは使えないんでしょう?

https://developer.mbed.org/teams/mbed_controller/code/storage_on_flash_demo/

一応、上記のもので、STM32F411では動きました。ファームを最新に上げるとか、#IfdefをF401用からちょっとだけ変えるとかやりましたが。

キーボードですが、(試してませんが)
https://developer.mbed.org/cookbook/PS2
があるようです。

TV outは探せませんでした。
(やっている人はいるようなのですが)

なかなか道は長そうです。

VVVFスケッチの吊り掛け音とノッチオフ [ds-DCCデコーダ]

 金曜日に秋葉原に行ったら、なんと、秋月がお盆休みでした。(調べてからいけよという感じですが)。で、仕方なく、近くの店(マルツ)を物色して、メイカーフェアでも気になっていたNucleoを買いました。STM32F411という型番で、ArduinoUnoとピン互換(でも3.3V)で512KB Flash,128KB SRAMを積んでおり、DSBasicのRAM問題を一気に解決できそうな気がする基板です。Yaasan様も、Nucleo版のDCC/MM2シールドを作っておられますし、TinyBasicもなんか似たようなものが落ちています。テレビ出力とキーボード入力はありませんが、まあ、
PC介してやるなら別になくてもどうにかなりますし。多分、問題は3.3Vで引っかかるS88周りなんでしょうけど。
 あとは、Arduinoから個別に色味を変えられるNeoPixelのLEDテープもちょっと買ってみました。観覧車作りたいなあと思って。(試してませんが)
 で、本題ですが、こだわりの運転台さまのような吊り掛け音が出ないか?という話があり、VVVFスケッチでどうにかなるか試してみました。
・現在の113系用のスケッチの周波数を下げる
・ノッチオフを加える
というところでしょうか?
 久しぶりにデコーダ開発ボードを引っ張り出しました。
re_DSC00893.jpg
 で、いちいち、車両に書き換えるのは面倒なので、車両はアナログです。(一番いい音が鳴る鉄コレの琴電)
動画は以下。音はとても小さいです。

・あまり周波数を下げると、モーターの動きがかなり変になります。ほぼディーゼル音のようなダミ声になってしまいます。
・ノッチオフ時はとりあえず20kHzのPWMにしました。吊り掛け音のデータ(低周波)とPWMがとても違うため、スピードが合わなく、切り替え時にがくんスピードが変わります。現在、値は適当ですが、もう少しどうにかできそうです。
 最初、ノッチオフはコントローラからのスピードが定速か減速中としたのですが、そうすると、最高速ぎりぎりで加速し続けるような感じが難しいことが分かりました。加速し終わると勝手に惰行運転に移ってしまいます。
 次に、ノッチオフ条件をスピードが減速した時だけにしてみました。そうすると、減速を開始して、途中で定速にすると、そこで、モーター音が鳴ってしまい、少々変なかんじだったのでやめました。
 将来的にはどうにかするとして、今日は実験なので、F0がOff時は吊り掛け音、On時は無音となるようにして、運転(F0のOn/Off)を駆使して?、それらしくしようと努力しました。なぜF0かというと、DSMainR5から簡単に変えられるのはF0だけなので。
 スケッチはこちら

 CV47(VVVF音切り替え)は2にする必要があります。
 参考にした音は以下の二つ。
・古い横浜線
https://www.youtube.com/watch?v=bHba-_IZMGE
・このごろの江ノ電
https://www.youtube.com/watch?v=YU27v3twvvU

メイカーフェアでDCCのプレゼン [その他]

 メイカーフェアで、DCC電子工作連合の電気屋の毎日さまがDCCの紹介をしました。せっかく録りましたので、youtubenにアップしました。DCCの歴史など興味深い話をされています。


メイカーフェアとMP3デコーダがロマンスカーに入るか? [その他]

 土、日とメイカーフェアにDCC電子工作連合の一人として出店と説明をしておりました。ご来場いただきありがとうございます。
 鉄道模型関連の展示会ではないので、聞きに来る方の鉄道模型の知り具合や電機関連の知識のばらけ方がすごくて、説明はヒヤヒヤでした。
 一応、日曜日の展示の写真です。
re_DSC00889.jpg
re_DSC00888.jpg
 フラッシュエアーさんも鉄道模型を展示しておりました。
re_DSC00887.jpg
 あとは、単4電池をスマホで電圧調整して、単3の大きさにして、乾電池で機器制御しているところがありました。プラレールのスピードををスマホで制御できるようになるらしいです。(名前を忘れた)
 そして、もう一つのお話。9月にリリース予定のなごでんの日記様のMP3デコーダ v4が小田急のロマンスカーに入るかですが、LSEを分解してみましたが、車内を削らないと入らなそうです。削りなしにしようと思ったら、スマイルコネクタは切ってしまって、その後に5mm程度デコーダの長さを小さくすれば、室内加工なしで入りそうです。室内加工するなら、スマイルコネクタを削除後にあと3mmぐらい長さを小さくする必要がありそうです。また、スピーカー+エンクロージャーだと入らなさそうですので、スピーカーは裸になりそうです。幅はOKです。
re_DSC00892.jpg
 あと、期間が一緒だったので、鉄道模型コンテストも見に行きましたが、多分、他の方も感じたのではないかと思いますが、とても気になったことは、高校生や大学生のモジュール展示の所の照明が暗い事です。ビッグサイトの照明がそうなのかわかりませんが、メーカーはもちろん気づいているようで、メーカーサイドのジオラマ(トミックスやKato)はかなり明るい照明を当てており、見栄えが良かったです。つまり、学生のジオラマはあまり光が当たっていないため、全体的に暗くて見栄えが良くありませんでした。来年はもう少し照明に気を付けるべきじゃないかなあと感じました。

メイカーフェアの準備(大体終わり) [自動運転]

 電気屋の毎日様で詳しい案内をされていますが、土曜日、日曜日で鉄道模型コンテストをやっている東京ビッグサイトの別の展示場で(メイカーフェア)で展示をするものが大体出来上がりました。
 今日は、外回りの方の電車(誰かに壊されてもあまりいたくない)を作っていました。
 まず、10年ぶりぐらいに再生産された鉄コレの動力TM-10Rです。鉄コレの第8弾を箱買いしていたのですが、気づいたら動力車が無くて、DCCにしたいのに、・・・でしたが、やっと発売されたので、4つも買ってしまいました。
re_DSC00872.jpg
 なので今日は強気に作っていきます。(壊してもまだ3つあると思いながら)
 5月の連休明けぐらいに作ったDSDecR3用のヘッドライトテールライト基板です。これをくっつけて、光ファイバで導光して、作ります。叡山電鉄という京都の電車らしいです。関東なのでよく知りませんが、両側に運転台があるので、いい感じです。
re_DSC00871.jpg
 動力車はほぼ全部分解して、集電、モーター配線共にはんだ付けします。なおこの写真のはんだ付け後、干渉することが分かったので、集電側はほかの場所にはんだ付けしなおしています。
re_DSC00875.jpg
 屋根裏を削ります。なお、写真の削りでは足りなくて、その後もっと削っていたりしますので、参考にしないほうがいいと思います。穴あけはホットナイフで行い、その後、カッターで整えています。
re_DSC00874.jpg
 で、ヘッドライト、テールライトの光ファイバの導光です。テールはΦ0.5mm、ヘッドライトはΦ0.75mmにしましたが、後で、取りまわすことを考えるとすべて0.5mmにすればよかったと思いました。径の問題は置いておいて。
re_DSC00877.jpg
 そして、光ファイバーを側方出射LEDの前に瞬間接着剤で付けて、・・・、瞬間で固まらず結構数分持ち続けました。、で、本当は全部を熱収縮チューブで覆って、遮光と固定をしたかったのですが、適当な径のものがありませんでした。3mmでは小さすぎ、10mmは大きすぎ、6mmのチューブ買っておけばよかったと後悔しました。
 なので、スーパーXブラックで固定&遮光しました。結構良いです。一部接着剤が入らずに車内が赤く輝いていましたが。
re_DSC00878.jpg
 で、完成です。
re_DSC00880.jpg
 テールライトは4つ中、1個穴あけ場所をしくじりましたが、まあ、雰囲気的には問題ありません。
 そして、ジオラマ化(とか言って、一部に人工芝貼り付けただけ)したメイカーフェア向けレイアウトで、ウェアラブルカメラを乗っけて、信号機&渋滞運転を楽しんでいました。
re_DSC00879.jpg
 後は信号機の支柱を白く塗ろうかと思っています。
 駅にメロディーをとか思っていましたが、そろそろ時間切れかなあと思います。

複線8信号レイアウト信号管理+内側自動運転 [自動運転]

 日曜、月曜は家族旅行に行っていました。どっかの都知事が会議に使ったというホテル三日月もいいなあと思いながら、今回は伊東のサンハトヤに行きました。
 箱根小涌園と比べるとかなりプール温泉関連のスケールは小さいですが、まあちょうどよいサイズです。お昼ぐらいに行って夕方まで遊んでました。で、目玉の海底温泉。一日目は微妙な海底温泉で、アジやヒラメしか泳いでいませんでした・・・。(二日目は大きなカメが二匹泳いでいました。)
 で、夕食は昭和の香りが漂うマジックショー付きのブッフェです。普通においしかったです。段差が多くて、かなり食事を持ったままつまづきそうになっていましたが。ショー見ながら食べるなんて嫌だとぶつぶつ言っていた子供も、台が宙に浮いたりするマジックを見ながら喜んでいました。ラインダンスをちょっと期待していたのですがそんなものはありませんでした。で、伊東市がやっている観光花火もホテルの部屋から見えてよかったです。
 子供のころから「伊東に行くならハトヤ」とさんざんCMを聞かされて一度は行ってみたかったところに行けてよかったです。朝は展望露天風呂に入りましたが、初島が良く見えてきれいでした。
 あとは、ホテルの隣に伊東線の単線が走っており、スーパービュー踊り子、普通の踊り子、マリンエクスプレス踊り子、リゾート21(多分)、普通の東海道線、普通の伊豆急など、かなりバラエティー豊かな電車がはしっており、山、線路、国道、ホテル、海というレイアウトでジオラマにするにも良い感じかと思いました。
 で、(前置きが長かったですが、短い)本題です。
 「複線8信号レイアウト信号管理+内側自動運転」を作りました。外回りの電車は本当は手動で操作するんですが、手が足りないので、定速周回しており、信号無視しています。

 内回り、外回り共に信号機制御を行い、かつ、内回りは電車の停止、発車制御も行っております。ただし。S88&制御ループをそれなりに速く回したいので、ArduinoのスケッチでAccのDelayは200→100に変更しております。また、外側も停止してほしい時は次の信号を赤にして、止まってほしい旨伝えるようにしています。
 次にSPX命令は徐々に加速、減速をする命令ですが、これもS88&制御ループを止めるので、SDP命令で一気に停止、出発に変えています。DCCデコーダの加速、減速を使ってなだらかな運転にしたいと思っております。
 また。列車の停止から出発までDelayで待ち続けるとこちらもS88&制御ループを止めてしまい、もう一つの線側の信号機制御を滞らせてしますので、フラグを追加してS88&制御ループを回しながら列車の停止、出発を制御しております。内回りがI、外回りがJです。
また、いろいろと追加したら、プログラム領域がEEP ROM領域に入らなくなってしまったので、涙ぐましい努力をいくつかしています。
・行番号を減らして1行に記述する。
・読みやすくしている「スペース」を削る。
・Print命令は?(短縮形)に変更。
で、ぎりぎり入りました。
以下にプログラムを書いておきます。
67 I=0:J=0:F=0:T=5:L=3:S=35:D=50
68 W=20
100 A=GS8(0)
105 ? "S88(",A,")"
110 IF A&128 GOSUB 200
120 IF A&64 GOSUB 300
130 IF A&32 GOSUB 400
140 IF A&16 GOSUB 500
150 IF A&1 GOSUB 600
160 IF A&2 GOSUB 700
170 IF A&4 GOSUB 800
180 IF A&8 GOSUB 900
185 IF I>0 GOSUB 1000
186 IF J>0 GOSUB 1100
197 IF F=0 DELAY 200
198 F=0:CLS
199 GOTO 100
200 ACC42,0:ACC43,0:ACC54,1:ACC51,1
210 ACC46,0:ACC47,0:SPD L,0:F=1:I=1:RETURN
300 ACC46,0:ACC47,0:ACC42,1:ACC55,1
310 F=1:RETURN
400 ACC50,0:ACC51,0:ACC46,1:ACC43,1
410 F=1:RETURN
500 ACC54,0:ACC55,0:ACC50,1:ACC47,1
510 F=1:RETURN
600 ACC62,0:ACC63,0:ACC70,1:ACC67,1
610 ACC58,0:ACC59,0:F=1:J=1:RETURN
700 ACC58,0:ACC59,0:ACC62,1:ACC71,1
710 F=1:RETURN
800 ACC66,0:ACC67,0:ACC58,1:ACC63,1
810 F=1:RETURN
900 ACC70,0:ACC71,0:ACC66,1:ACC59,1
910 F=1:RETURN
1000 I=I+1:IF I<W RETURN
1010 ACC46,1:ACC47,1:SPD L,S:I=0:RETURN
1100 J=J+1:IF J<W RETURN
1110 ACC58,1:ACC59,1:J=0:RETURN

今回、主に、1000行目以降が追加で、1000、1010が内回りの列車、信号の停止、出発制御で、Iが1以上でカウントアップして、W以上(W=20としている)で出発して、フラグ(I)を下げています。
1100、1110は外回りの制御で、列車の制御はせず、信号機の制御のみをしております。
 外側は別系統のDSMainR5で体験運転にでもしようかと思っております。
 で、今日の夜はシン・ゴジラを見に行きました。モノレールや京急や江ノ電やその他たくさんの電車が出ており面白かったです。ストーリーはあまり憶えていませんが。
 明日から、沿線をデコレーションしていこうかと思います。ただし、バラストなど、粉系は撒きません。あとが面倒なので。
前の10件 | -