So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

青い箱のキット製作のレビュー [その他]

 さて、明日はなんとホビーセンターカトー東京店での「ホビセンフェスティバル0122」で、DCC工作連合もクモハ40にMp3デコーダを乗せる(前よりも吊りかけ音をよくした)など出し物を出すのですが、なんと今週、私はインフルエンザにかかってしまい一週間闘病生活(というか寝正月の続き)をしておりました。
 で、治ったので参加しようと思ったら、「パンデミックになるからやめなさい!」と複数の関係者から止められましたので、家でおとなしくしております。で、その代わりに青い箱を電気屋の毎日様から頂きましたので、製作と紹介をいたします。
 青い箱は「DCCの車両の設定で頻繁に使うCV値の読み書きに重宝する専用機」で、売りは、「車両、ポイントの試運転機能が追加。CV調整と操作がこれ一台!」です。読み書き以外に車両やポイントの動作もできます。今までも、DSMainR5などでPCにつなげれば一応読み書き、車両/ポイントのすべての動作はできましたが、単体でできるのと、読み込み精度が多分良いかと思います。パソコン外に持ってくと重いですし。
 で、本日、届きましたので、製作しました。製作時間自体ははんだ付けも、表面実装品の2か所を除いて2.54mmピッチなので、動作確認も含めて3時間ぐらいでした。
 まず、内容物です。
re_DSC01235.jpg
 結構たくさんです。タカチの箱は印刷されており、ちょっと既製品な感じがします。
 で、まだ青い箱のWikiは整備されていないようなので、こちらのページの記事の実装写真の通りにはんだ付けしていきます。(今回一番わかりにくいセラコンは0.1uFと1uFでピッチを変えてあるので、回路図すら見ていません・・・。)
 ACS712の上あたりのL字ヘッダはコネクタをスペーサ兼仮止め冶具として使用しておけば物理的な問題はありません。
re_DSC01236.jpg
  TB6643KQ(大きい8本足のIC)の裏側はビスが長くケースに干渉しましたので、取り付け後ビスの飛び出し部分をプラニッパで切ってしまいました。
<前>
re_DSC01237.jpg
<後>
re_DSC01238.jpg
 タクトスイッチが一つ一つ違う方向に延びると嫌なので、一応、向きはそろえておきました。(裏を見ると刻印がある)
re_DSC01239.jpg
 なんかYaasan様のページだと電源スイッチが一般的なものと逆のような気がしたので、Onを上にしておきました。
re_DSC01240.jpg
 液晶の細ピンヘッダのはんだ付け時は一応、両側のねじ止めしてみました。(最終は対角にねじ止めしています)
re_DSC01242.jpg
 なんとなく電源スイッチの裏側がむき出しが嫌だったので、収縮チューブをかぶせておきました。たぶんΦ5~6だと思います。
re_DSC01243.jpg
 組み立て時は先に電源スイッチ線をつなげてから、液晶を固定するのが良いです。逆順(液晶を固定してから電源スイッチのコードを配線する)をすると、組み立ての難易度が超高くなります。
re_DSC01244.jpg
 で、めでたく組みあがりました。
re_DSC01245.jpg
 なんとなく動作させた動画をアップします。気が向いたので、MovieMakerで字幕付けたりしています。

 CV値の書き込みに加え、電車も動かせるので、便利です。
 なお、欲を言うと、ファンクションはUp,Downスイッチで選んでEnterでOn,OffよりもD101のように数字キーをプッシュでOn/Offの切り替えのほうがいいなあと思いました。

S88 Mascon VerUp(1.06) [ジョイスティック]

 さて、来週のKatoホビセンフェスティバルの案内が出ました。私もクモハ40のDCCデコーダ部分で一部絡んでいます。S88Masconも展示する予定です。(DCCつながりということで)

本題ですが、S88 Masconの
・F13までの対応
・現状のノッチの表示(特にワンハンドルマスコンはどこの段かわかりづらい)
をしました。
液晶が8列×2行なので、前進/後進表示が悲しいことになりました・・・。
re_DSC01234.jpg

ノッチの表示は、
EB:非常ブレーキ
B8~B1:ブレーキ
N:ニュートラル
P1~P5:加速
です。

以下はまだです。
・EEPROMでのパラメータ保存
・DCC/MMシールドなどへの対応
ソフトはこちら(K6)です。

S88 Mascon基板頒布のご案内(電車でGoコントローラをDSjoyにつなげる) [ジョイスティック]

 S88 Mascon基板頒布のご案内です。
 現在、スケッチのほうはかなり発展途上ですが、頒布いたします(コネクタとセットで1300円)。と言っても試作版の4枚しかありませんので、希望する方がそれ以上おられる場合は基板を中国に注文しようと思います。対になるDCCコントローラDS Oneについては電気屋の毎日様から頒布されていると思います。
 基板注文先のElecrowの今年の春節はこの予定のようですので、注文する場合は今週末までに頼もうかと思っております。
 Wikiに説明を書いております。
 一応、1月22日(日)に、ホビーセンターカトーのイベントにDCC工作連合の出し物として展示する予定ですので、その際にどのようなものか触っていいただければと思います。
 よろしくお願いいたします。

Re:DCC電子工作連合のロゴ案を勝手に作ってみた [その他]

 電気屋の毎日様がロゴを作ったとのことで、こちらも遊びでMBEで作ってみました。
DCC_Logo.png
 電気屋の毎日様の各パーツをマネしつつ、Googleの画像検索で見つかる電車のイラストをマネしつつ、作ってみました。
 だからこのロゴってば、どっかで見たよなあという既視感がプンプンします。

DSJoy(電車でGoコントローラをS88規格につなげる)一応完成? [ジョイスティック]

 あけましておめでとうございます。
 ことしもよろしくお願いいたします。

 さて、年末は甲鉄城カバネリの総集編前編を見に行きました。装甲した蒸気機関車がゾンビを轢き殺すお話です。というと、いろいろな人に怒られそうですが・・・。わたし的にはとても面白かったです。
 で、年始は例年同様に箱根駅伝の往路を見に行きました。東海大ののぼり旗を持つと粗品がもらえるということで、OBでもないのに旗もって応援して「東海大ゴーフレット」というおいしいお菓子をいただきました。今年は暖かくて応援しやすかったです。強いイメージのある山梨学院大が下位にいるのが少々かわいそうではありましたが。
 さて、本題ですが、Yaasan様のBlogにあるように、DSJoy(という名前になった?)のS88側のコントローラをデバッグしています。「電車でGoコントローラをS88につなげる」です。で、本体側のソフトをYaasan様に制作していただきつつ、マスコン側のソフトも大体できました。(10~11月に制作していたのはとりあえずスロットルだけ動くデモ版のようなもの。)
 で、今回はファンクション部分も加えたので、2列車単線折り返し運転で、子供二人に遊ばせてみました。
 レイアウトは以下です。手前と奥に折り返しがあり、真ん中にすれ違い駅があります。線路はKatoのHO線路なので、最初から左側通行になるようにポイントを設定しておけば、全く切り替えずにすれ違い運転できます。フィーダーも一か所でOKです。KATOの線路はDCCとの親和性が高いです。(知ってるって)
re_DSC01227.jpg
 コントローラの繋ぎは以下で、写真右がDSOne、中と左が電車でGoマスコンです。S88でつなぎます。
re_DSC01228.jpg
 実際にどもが遊んでいる写真が以下ですが、やっぱり加速5と非常停止だけで操ろうとして、事故ばかり起こしていました・・・。車止めに衝突すること複数回・・・。プラレールより高価なんだけど・・・。
re_DSC01230.jpg
 で以下が動画です。 まだ練習不足でうまくないのですが、2時間ぐらいああでもないこうでもないと二人で夢中に遊んでおりました。終わった後感想を聞いたら疲れたと言っていたので、結構神経を使っていたかもですが・・・。
 
 スケッチですが、
DSJoy側のスケッチDSOneに入れる。Yaasan様作)
S88マスコン側のスケッチ(Mascon基板側に入れる)
です。
 現在、DCC/MMシールドやDSMainR5用のスケッチはありません。たぶん、上記ソースの改造で行けるかなあとも思いますが。
 Wikiを整備してから希望する方がおられましたら頒布いたします。少々お待ちください。
残項目としては、
・ブレーキ音、ブレーキの空気抜けの音、ノッチオフ音を連動させたい。
・3つ以上のマスコンの確認
・列車の反応が遅いことがあるので、S88の周期を短くする実験(現在250ms周期、これを200~100msにするか?)


C11蒸気音再び [ds-DCCデコーダ]

 昔Yaasan様のサウンドオプションと私のアンプ386基板を組み合わせて作った蒸気音ですが、嬉々として鉄道模型市で見せびらかそうと思って持っていきましたが、周りの音が大きくて、全然聞こえなくて悲しい思いをしました。
 で、最近、なごでんの日記様からブラックキューブスピーカーを頒布いただいたので、多分これで音が大きくなるに違いないと思いながら以前の秋月電子のスピーカーからなごでんの日記様のスピーカーに変えました。
 まずは以前のオハ47の状態です。
re_DSC01218.jpg
 で、ブラックキューブスピーカーを隣に置きつつ、トイレと端の席は撤去することに決めます。
re_DSC01219.jpg
 で、適当にホットナイフで撤去しました。
re_DSC01220.jpg
 で、載せましたが、ブラックキューブスピーカー、思ったよりも大きく屋根と床に引っかかってボディーに入りません。
 re_DSC01221.jpg
 ということで、屋根下のボディーをホットナイフで削り落としました。
re_DSC01222.jpg
 めでたく入りました。(一部ボディーが膨らんでいて微妙ですが。
 で、動画です。音も大きくなったし、良くなりました。でも。うるさいところ行くとやっぱり聞こえないんだろうなあ・・・。


鉄道博物館(大宮)に、また行った。 [その他]

 有休をつなげて今日から正月休みにしたので、子供と一緒に鉄道博物館に行きました。一番上の子供には拒否られたので家に置いていきましたが・・・。
 で、てっぱくのジオラマがお休みの代わりかどうかは知らないですがトミックスのジオラマや製品が展示されていました。
 なんとなく買おうかなあと思っていたN-DU204-CL、展示されていたN-DU202を見ていてマスコン部分が思ったよりも小さかったので、なんとなく躊躇し始めました。
re_DSC01194.jpg
 ジオラマは割とすいていましたので(鉄道博物館自体が空いていましたが)それっぽい写真を撮っておきました。
re_DSC01201.jpg
 あとはお目当ての初めて買ってもらったベーシックセットについていた185系の踊り子号があったので思わず写真を撮りました。顔の形がかっこいいです。本物はよく東海道線で見かけますが、本物の顔はもう少しブサイクです。少し前にKATOの185系(リバイバル色)を買いましたが本物に忠実にブサイクな顔に仕上げていたので、違和感を持っていましたが、まあ、最初に持っていたTomixの方がちょっと嘘だったんだよなあと納得しました。
re_DSC01203.jpg
 あとは、ホビーセンターKATOで特売で買った形式6000のコンテナが展示されていました。最近のコンテナよりもちょっと小さいです。
re_DSC01206.jpg
 予約しているクモハ40(HO)の本物も展示されてました。
re_DSC01210.jpg
 吊りかけ音が楽しめるシートが中にあります。
re_DSC01214.jpg
 よくわかりませんが、あすなろう鉄道や江ノ電の吊りかけ電車のほうがいい音していると思いました。(振動はよくわかりませんが)
 あとはミスターモーターマンが売店に売っていて、運転を試すことができました。電車をストップさせてからワンテンポ遅れて電車が止まるのと、スピードが最高速/停止みたいな感じなので、おもちゃだなとおもいました。子供がサンタさんにもらったぼくが運転!マスコン北海道新幹線はやぶさのほうが運転のレスポンスなど良いかなと思いました。(いろんな音鳴るし)

Katoターンテーブルの制御 その2 [ds-DCCデコーダ]

 さて、その2ですが、ArduinoUnoで動きましたのでひとまず終了です。
前回で、トミックスと同じで行けそうということが分かったので、今回はトミックスの時のブレッドボードをそのまま使用します。(壊さないでよかった)
 re_DSC01192.jpg
 で、ターンテーブルにじかに繋ごうと思ったら、コネクタ部分が2.54mmピッチよりも間隔が微妙に小さいため、細めのピンヘッダを駆使して、接続です。
re_DSC01193.jpg
 で、トミックスとの違いは、
・位置決めセンサのOnOffが逆
・ロックモーターのF/Rが逆(私が考えていたのと逆というだけ)
・Katoの駆動は3.3V(Tomixは点滅LEDありのため多分5V)
 細かなWaitの違いはありますが、大まかな制御は全く一緒です。
1.ロックモーターを外す
2.回転させる
3.センサが位置決めポイントまで回転させ続ける
4.センサが位置決めポイントに来たら回転中止
4、ロックモーターでターンテーブルをロック
 ということで、備忘用の回路図は以下。
Arduino_TurnTable_K1.PNG
 DCCFestの時にへのへのもへじ様からお聞きしましたが、線路電源が問題になるとのこと。
 リレーで反転させようかなあと思っています。
 スケッチはこちら
 一応動画は以下。(本当に芸もなく動いているだけです)

Katoターンテーブルの制御 その1 [ds-DCCデコーダ]

 さて、昨日まで出張だったのですが、結構早い時間に帰れたので、ついでにまたあすなろう鉄道に乗って帰りました。猫屋線がナローでデコーダを入れると、重心がかなり上に来るせいで、列車が左右にふらつきながら走るのですが、本物もっかなりふらつきながら走っていて、(原因が同じかどうかはよくわかりませんが)面白いと思いました。
 で、今日は、子供のインフルエンザ予防接種や予約したケーキを取りに行ったりとかしていたら、一日終わりました。
 そして、Katoのターンテーブル20-283のDCC制御のための実験を開始です。
 とか言って、今回はターンテーブルを取り出して、普通に動かしただけです。
re_DSC01191.jpg
 技術的な話は、へのへのもへじ工作室様のKATOターンテーブルをhack?する記事を見ながら、配線の各信号を見ました。(実際に確認しているわけではないです。)そして、多分トミックスの配線と機能的なところで一緒なことが分かりました。風邪の噂で、Katoのモーターの駆動電圧は3.3Vと聞いているので、3.3V駆動でやってみようと思いますが、そうするとスケッチもトミックスのものが流用できる可能性が高そうです。
 駆動用のArduinoUnoの予備がなさそうなので、中国の互換品を買うかAitendoに行くか思案中です。
 忘れてはいけないのが、ターンテーブル180度回転で線路の極性が変わるからそれに合わせての対策です。まあ、Arduinoで極性を変更できるようにしておこうと思います。

猫屋線をDCC化+ディーゼル音 [ds-DCCデコーダ]

 (最初に宣伝を)
 DCC電子工作連合が1218ホビセンフェスティバルに参加します。詳しくは、電気屋の毎日様の記事でご確認ください。(私は他に用があり出られません)

 さて、今日はせっかくなのでスターウォーズのローグワンを見に行きました。昨年のフォースの覚醒?はかなり残念でしたので期待していなかったのですが、とても面白かったです。ただし、3D用に作っているためか、奥行きを出そうとして、制作者が見せたい中心部分以外の手前と奥がピンボケになるため、かなり映画として見づらかったです(私が見たのは2Dの吹き替えです)。SFって、背景の細かいところが楽しいので、みんな人物なんか見ないで、背景見ていると思うのですが、そんな背景がすぐにピンボケになる。私の見方が変なのですかねえ?
 今年の後半は、わたし的に、ゴジラ、君の名は、聲の形、この世界の片隅に、ローグワンと当たり映画が多いです。
 で、家に帰ってから、まず、あやのすけ様のところで見てほしくなって買ってしまったOLED2種(これこれ)を試しました。amazonのレビューに書いてあった通り、描画が遅いです。I2C版を買ったのですが、SPIだともう少し速いのでしょうか?。発色はとてもきれいです。
re_DSC01188.jpg
 そして、猫屋線をDCC化しました。
 まあ、鉄コレ動力から線路の線とモーターの線を引っ張り出して、Yaasan様から評価用にいただいたDSDecR5とアンプ386基板となごでん様のキューブスピーカーをつないで、少し前に作ったディーゼル音スケッチ(不評)をいれただけですが。
re_DSC01189.jpg
 容積を増やすために、中の窓パーツは天井部分をくりぬいています。
re_DSC01190.jpg
 途中、アンプ386基板での電源供給+12VとGNDを逆挿ししてしまい、電解コンデンサが破裂して、猫屋線から爆発音と煙が出ましたが、(そして、アンプ386基板が一枚逝ってしまいましたが、)予備を使って、どうにか作りました。(予備基板はカットオフ周波数が700Hzとちょっと低い)
 動画は以下です。

 本物のノッチオフ時はアイドリングではなくエンジンブレーキみたいなモード(無音?)かもです。
 DSDecR5はモータードライバにサンケンのを使用していたと思いますが、今までのロームのに比べ癖があります。
 サンケンのではCV2:120、CV5:162で、ロームだとおそらく鉄コレはCV2:30,VC5:80程度となると思います。速度の上がり方が線形でなくて、速度が40%以上では変わらないなど、特性が使いづらいような気がします。

前の10件 | -